温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年11月19日

爪を切る


 昨日と今日、叔父の通夜式ならびに告別式が、しめやかに執り行われました


 親族の葬儀に列席することは、今までにもたびたびありましたが、通夜からとか、告別式のみということが多かったものですから、「納棺の儀」 というものをちゃんと見たことがありませんでした。
 小さい頃から大変世話になった叔父であり、また実姉であるオフクロが高齢であるということもあり、今回初めて湯灌(ゆかん)と納棺に立ち会いました。

 映画 『おくりびと』 なんかを観て、なんとなくは分かっていたんですけどね・・・
 でも、聞くと見るとでは大違いです。


 2人の納棺師は、ともに若い女性でした。

 叔父の体に1枚の布をかけると、慣れた手つきで全身を洗い出しました。
 手、足、胴、そして顔や髪の毛までも洗剤で洗います。
 ヒゲを剃り、濡れた髪の毛は、ちゃんとドライヤーで乾かしていました。

 この後、湯灌ベッドから蒲団に移された叔父に着物が着せられたのですが、そこで、思わぬ光景を目の当たりにしました。

 髪の毛をセットし、化粧がほどこされ・・・
 そこまでは、なんとなく想像の範疇(はんちゅう) でしたが、その次に納棺師がしたことは!


 爪を切り出しました。

 足の指10本、手の指10本、その1本1本を丁寧に切り出したのです。
 これには、息を呑みました。

 日本人とは、なんと死者を敬(うやま)う民族なのでしょうか!
 死者に対してここまでする国は、日本以外にはないのではないでしょうか。
 あらためて、日本人の持つ文化の奥深さを知った思いがしました。

 
 ここまでは、プロの仕事です。
 ここから親族が呼ばれ、みんなで旅立ちの支度(したく) を手伝います。
 足袋を履かせ、脚絆(きゃはん) と手甲を着け、三途の川を渡れるようにと六文銭が描かれた紙を持たせます。

 そして、叔父の体は棺の中に納められ 、「納棺の儀」 は終了しました。
 長期間の闘病生活で、かなりやつれてはいましたが、若い頃と変わりない鼻筋の通ったキレイな顔をしていました。


 ここまで、してもらえるのなら、死ぬのも怖くないかな・・・
 なんて、一瞬でも思えた体験でありました。

 でも僕は、湯灌は湯灌でも、温泉の湯がいいですね。
 ですから、葬儀自体を温泉地で行ってほしいものです。

 実は、そんな話をジャーナリストの木部克彦さんにしたことがありました。
 そしたら、さっそく著書 『続・群馬の逆襲』(言視舎) の中で書かれてしまいました。

 <「(前略) 酒エ飲んだくれて、湯船で息絶えたら、『温泉葬』 にしておくんなさい。遺影はもちろん、湯につかっている写真だいねえ……」>
 とは、僕が彼に言ったセリフであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 御用だ!! 「小暮」 (2018-01-15 13:45)
 フラッシュバック (2018-01-12 12:15)
 年賀御礼 ~見知らぬあなたへ~ (2018-01-08 18:58)
 人生に楽園があるとすれば (2018-01-06 12:04)
 天命元年 (2018-01-04 13:41)
 1+1が9になる日 (2018-01-02 13:37)

この記事へのコメント
お久しぶりです!
私も家族が亡くなって、黄泉の国への旅支度をしたことがあります。
悲しいけど、感謝の気持ちで見送りました。
後になって、叔父が納棺師が「若かったな…」と。

みなかみ本の下巻。楽しみにしてます。
寒さを乗り切り、仕事がんばって
春になったら、温泉にいこう、と友人と約束しました。
Posted by 繭りん at 2012年11月20日 13:13
繭りんさんへ

お久しぶりです。
お元気でしたか?
本当に納棺師が若いので、ビックリしました。
大変なお仕事ですよね。
感心しながら一挙手一投足を拝見していました。

現在、下巻の取材はちょうど半分を折り返したところです。
これから雪のシーズンを迎えるので、覚悟して臨みます!
Posted by 小暮 at 2012年11月20日 21:10
札幌は平地にも雪が降りました。
初雪です。しばらくすると根雪になり
運転が苦痛になります。
前橋は雪が積もるのでしょうか?
取材・・雪道も走るでしょうから
充分に気を付けてください。
Posted by 小暮茂 at 2012年11月20日 23:07
小暮茂さんへ

ご無沙汰しています。
札幌は、もう初雪ですか!
前橋は、ほとんど雪は降りませんね。
降っても、翌日には消えてなくなってしまいます。
ただ、僕が取材をしている温泉地は、豪雪の地があります。
カメラマンさんの冬装備車で行くので、ご安心くだされ。
Posted by 小暮 at 2012年11月21日 10:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
爪を切る
    コメント(4)