温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年11月22日

湯ノ小屋温泉 「ペンション トップス」


 温泉宿と聞くと、たいがいの人は旅館やホテルを思い浮かべます。
 でもスキー場などに隣接する温泉地によっては、ペンションやロッジでも温泉を引いている宿は少なくありません。


 群馬県最北端の温泉地、湯ノ小屋温泉。
 一般的に 「湯ノ小屋温泉」 というと、奈良俣ダムから流れる楢俣川に注ぐ木ノ根沢に点在する数軒の旅館を指しますが、実は藤原スキー場へ続く道筋にある民宿やペンション、ロッジへも源泉が引かれているため、こちらのエリアも現在は湯ノ小屋温泉といいます(「奥利根温泉」と呼ばれたこともあったそうです)。

 昨日から僕は、このエリアに入り込み、温泉を引いているペンションやロッジを取材して回りました。
 そして昨晩は、ご厚意により、スキー場の奥の高台に建つ 「ペンション トップス」 に泊めていただきました。


 数日前に30センチもの雪が降ったとかで、所々にうず高く残雪がありました。
 下の駐車場に車を置いて、坂道を歩きます。
 宿の周りは、白樺と唐松の林。
 金色に色づいた唐松の松葉が、冷たい北風に吹かれて、ハラハラと舞い落ちてきます。
 坂道は、ゴールドのカーペットを敷きつめたように、キラキラと西日を受けて光り輝いていました。

 「寒かったでしょう。お茶を入れますから、さあ、こちらで暖まってください」
 と玄関で迎えてくれたのは、オーナーの渡辺保子さんです。
 かなりの高齢とお見受けしましたが、とっても上品でかくしゃくとしています。

 「スタッフは何人ですか?」
 と聞けば、
 「私だけですよ。6年前に主人を亡くしたものですから・・・」
 「えっ、お一人でやられているんですか!」
 「忙しいときは、人を頼みますけど、ふだんは一人ですよ。まあ、昔ほど忙しくはありませんけどね」
 と言って、微笑んだ顔が、なんとも親戚のおばちゃんと会話しているようで、心がなごんでいきます。

 お歳を聞いて、ビックリ!
 えっ、マジですか~~!と、何度も何度も聞き返してしまいました。

 来年が傘寿(80歳の祝い) だなんて、信じられません。
 でも、信じられないのは、外見の若々しさだけでは、なったのです。


 夕食の料理はすべて、ママ(僕は、彼女のことをそう呼ぶことにきめました) の手作りです。
 グラタンやローストビーフ、ロールキャベツなど、手の込んだ洋食がテーブルに並びました。

 「美味しいですね」
 とローストビーフをほお張った僕が言うと、
 「常連さんは、みんな私の料理を楽しみにやって来るのよ。オープンから30年以上も通い続けている人もいるわ」
 と嬉しそうに話します。

 ママは、生まれも育ちも東京・浅草。
 結婚後は、都内でご主人とインテリア関係の会社を経営していました。

 昭和56(1981) 2月のこと。
 ご主人が突然、会社をたたんでしまいました。
 「新聞記事で、ここの温泉付き分譲地の広告を見たのよ。ここでペンションをやるって。言い出したら聞かない人だったからね」

 なんと、その年の12月には、ペンションをオープンしてしまったといいます。


 ビールを1本飲み終えると、ママが 「一緒に飲もう!」 って、芋焼酎のボトルを抱えて隣に座りました。
 「だったら小暮さんとママのツーショット写真を本に載せましょう!」
 とカメラマンにおだてられて、気を良くした2人は奥のテーブルへ移動。

 「いいですね~、完全にスナックのママと客ですよ(笑)」
 でも、ママも僕もまんざらじゃありません。

 ああ、ママがあと30歳若かったら……
 いえいえ、そんなことはありませんよ。
 今のままで十分、恋の相手に不足はありませんって。


 1杯が2杯、2杯が3杯、4杯・・・

 気が付いたら、ボトルが1本空いていました。
 「今度は、日本酒にしましょうか?」

 いえいえ、もう結構。ベロンベロンです。
 それにしてもママは、酒が強い!強すぎる!

 「いつも、こうやって飲んでいるんですか?」
 と訊けば、
 「ええ、お酒が飲めるお客さんとはね。朝までだって付き合いますよ」
 だってさ。

 こりゃ、ダメだ~。
 僕とは、レベルも年季もケタ違いだ。

 ほうほうの体で、部屋に戻って、蒲団にもぐり込んだのであります。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
やっぱり水上地区は奥が深い!

品が良くてお酒のいける ママ はカッコいい!
ペンションは泊まったことがないんですが、なんかいいな~と感じちゃいました。ずっと元気でいて欲しいですママに。
Posted by ぴー at 2012年11月23日 09:33
メールお久しぶり!! ママさん なんて羨ましい!! 私よりお一つお年上なのに・・・羨ましい!! このところメールも打つ余裕のないほど疲れております。それも、お医者様通いで。きっと温泉が身体にいいのでしょうね。でも、温泉に出かけること自体が大変になちゃいそうで・・・温泉の効用を期待して出かけましょう・・・いざ。
Posted by しをちゃん at 2012年11月23日 10:32
ぴーさんへ

最近は、ペンションでもロッジでも、温泉を引いている宿が多いですから、穴場かもしれませんよ。
何より、オーナーとの距離感がいいですね。
客を客と思ってない、親近感が大好きです。
ぜひ、一度、ご体験を!


しをちゃんへ

お久しぶりです。
お元気ですか?
来週は、また温泉講座ですね。
お会いできるのを楽しみにしています。
Posted by 小暮 at 2012年11月24日 01:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯ノ小屋温泉 「ペンション トップス」
    コメント(3)