温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月01日

猿ヶ京温泉 「料理旅館 樋口」②


 今日から師走です。
 そして、忘年会シーズンの到来!

 と、いうことで今年の第1回目を飾る、記念すべき忘年会に出席してきました。
 出版関係者との忘年会ということで、やっぱり会場は温泉旅館です。
 それも、今年取材でお世話になった温泉地ということになりました。

 で、今回、お世話になったのは、美人女将と卓越した料理が、つとに有名な猿ヶ京温泉の 『樋口』 で行われました。


 「先日、小暮さんの読者という若い女性が泊まりに来られましたよ。うちのことはブログで知ったとかで、ありがとうございます」
 と、ウワサの女将が登場。
 相変わらず、お美しい!

 「えっ、若い女性ですか? 僕の読者に若い人なんているんですかね?」
 「ええ、20代の女性2名でした」

 へーっ、そんなこともあるんですね。
 でも、うれしいじゃ、あーりませんか!
 若い人が、温泉を好きになってくれているんですから。

 しかも、
 「確か、車は県外ナンバーでしたよ」
 とは、喜びもひとしおであります。
 群馬の温泉、バンザーイ!


 すっかり気を良くして、まずはササッとひと風呂浴びて、僕の特等席へ!
 拙著 『みなかみ18湯〔上〕』(上毛新聞社刊) をお読みの人は、ご存知かと思いますが、樋口名物 “湯上がり生ビール” であります。

 えっ? なに?
 湯上がりに生ビールなんて、ちっとも珍しくないって?

 でも、これが、ただの湯上がり生ビールではないんですよ!
 赤谷湖を一望する高台ロビーから夕焼けを見ながら飲む生ビールなんです。

 9年前に初めて来たときから、病みつきになってしまいました。


 「読者のなかには、小暮さんが飲んだ同じソファーでビールを飲みたいと言われる方もいますよ」

 へーっ、それは、凄いや!
 みんな、ここに “湯上がり生ビール” を飲みにいらっしゃ~い!
 とにかく、絶景!
 とにかく、美味!


 「カンパーイ!」
 「1年間、お疲れさまでした」
 「来年も引き続き、よろしくお願いいたしまーす」
 と、口々にねぎらいの言葉をかけ合い、宴の始まりです。

 乾杯ビールから地酒の冷酒へ。
 1本、2本、3、4、5、6・・・・

 「もっと、たのみますか?」
 と内線電話に手をかけようとしたときです。
 スーッと、扉が開いて、ご主人が登場しました。
 手にしたお盆には、冷酒のビンがズラ~リ 並んでいるでは、あ~りませんか!

 「今日は、ジャンジャンやってください。私も仕事を片付けて、後でご一緒させていただきます。いつもの店に、予約を入れてありますから」
 とだけ言い残して、部屋から出て行きました。

 “いつもの店” とは、「のんびり屋」 という居酒屋のことです。
 以前、取材に訪れたときに、ご主人に、大衆演劇の劇団員たちが公演中に集まるという店へ連れて行ってもらったことがありました。
 その後、本の取材でも訪ねて、ママと一緒の写真を撮りました。
 (※ママとの晩酌シーンは、『みなかみ18湯〔上〕』 P93を参照)


 午後9時過ぎ、いつもの店にて、ご主人と合流。
 ママも一緒に、2次会が始まりました。

 ウィスキーのボトルを1本空けて、店の外へ・・・
 師走の猿ヶ京は、キーンと冷え込んでいます。

 「ラーメンでも食べて帰りますか?」
 ご主人のひと言で、宿の前を通り過ぎてしまいました。


 忘年会シーズン、到来です。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猿ヶ京温泉 「料理旅館 樋口」②
    コメント(0)