温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月08日

先輩は神も同然


 2011年の2月にスタートした朝日新聞群馬版に連載中の 『湯守の女房』 が、先月11月28日の掲載で35回を迎えました。
 また今年の2月から隔月で連載が始まった湯守の女房番外編 『おやじの湯』 が、現在5回ですから合わせて計40回となりました。

 ということで、「では、忘年会を兼ねて、通算40回連載のお祝いをしましょう」 と担当の I 記者に言われて、昨晩は、なじみの酒処「H」 にて、祝杯を上げることになりました。


 「H」 のカウンターに腰掛けると、サーバーで生ビールを注ぎながらママが、
 「 I さんは取材で遅れるそうよ。それまで、ゆっくり、やっててね」
 と言って、グラスとお通しを出してくれました。

 「そうそう、これからジュンちゃんの大ファンっていう人が、来るわよ」
 そう言われて、勝手に僕は、ファン=女性だと信じ込んでいたのです。
 ところが・・・

 店の扉が開いて、寒風とともに入ってきたのは、まぎれもなくオッサンです。
 それも歳の頃は、僕と似たか寄ったかの50代半ばの男性。

 「小暮さん、お会いしたかったです。僕は小暮さんの後輩なんです」
 と名乗った。
 聞けば、僕の出身中学校の1学年下だという。

 後輩だ?
 我が母校では、“後輩は奴隷と同様” “先輩は神も同然” であります。
 「おー、そうか、そうか、良く来たな~」
 と、ついつい態度が大きくなる僕でありました。

 ところが・・・
 「小暮さんのブログは毎日読んでいます。テレビも見てます」
 と。
 それも話を聞けば、まー良く、僕のことを知っていらっしゃる。
 ブログ内検索をして、バックナンバーの隅々まで読んでいると言うではありませんか!

 と、いうことはです。
 彼は、僕の熱烈な読者様ということです。
 ライターにとって読者様は、神様であります。

 ん?
 彼は、いったい僕にとっては、奴隷なのでしょうか?それとも神様なのでしょうか?

 まー、硬いことは抜きにして、飲めや歌えの大騒ぎが始まりました。
 そして、ついに、ある重大な事実に2人はたどり着いたのであります。

 それは今から39年前の中学3年生の時の話です。
 僕には、1級下の学年に、恋焦がれている女の子がいました。
 卒業まで、とうとう声をかける事もできず、ただただ放課後の校庭を走る姿を目で追っているだけの、それはそれは淡い恋のお話しです。

 「確か、○○××美ちゃんていったよな~」
 と冷酒をグビッと飲み干した時です。

 「えっ、××美は、僕のクラスですよ。それも、この間クラス会があって、会ったばかりですから。彼女、今でも可愛いですよ。その時撮った写真を持っていますよ」
 と言うではあーりませんか!

 な、な、なんですとーーー!
 今でも可愛い、だって!
 う~~~、見てみた~い!

 「おい、先輩といえば?」
 「はい、神も同然です」
 「そーだよな。何でも言うことを聞くよな!」
 「もちろんです。先輩!」


 そして、一夜明けた今朝のこと。
 寝ぼけマナコでパソコンを立ち上げると、一通のメールが届いていました。
 昨晩の後輩君からです。

 <約束の写真を送ります>

 添付写真を開いてみると・・・


 うわぁ~、いました!
 僕の中学時代のあこがれのマドンナ嬢、○○××美さんです。
 あの頃は、まだあどけない少女でしたが、今はいいところの奥様なのでしょうか。
 完全なる美魔女姿であります。

 もう、僕の頭の中では、村下孝蔵の 『初恋』 が流れっぱなしであります。
 しばらくは、この甘酸っぱい余韻に浸っていようと思います。

 S君、ありがとう!
 キミは奴隷なんかじゃないよ。
 僕の夢をかなえる神様です。
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ちょっと、ひと休み (2018-10-19 11:27)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
先輩は神も同然
    コメント(0)