温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月09日

死んでもおかしくない


 いつ頃からなんでしょうか。
 朝、新聞を広げると「おくやみ」欄から目を通すようになったのは・・・

 別に、知っている人の名前が載っていないかチェックしているわけではないんです。
 ただ、妙に最近は、死んだ人の年齢が気になって仕方がないんですよ。

 毎日、1人か2人は、50代の人がいます。
 死因は何だろう?と気になります。
 時々、20代や30代の人の名前を見つけると、「まだ若いのに」と胸が締め付けられます。
 喪主を見て、“父” とあると、我が子とダブって、さらに胸が苦しくなります。

 圧倒的に多い年齢は、70歳以上です。
 今の70歳は若いですから、老衰ということはありません。
 何らかの病気で亡くなったことと思われます。

 「80代なら仕方ないかな~」とも思いますが、自分の両親のことを考えると、まだまだ長生きしてほしいと思ってしまいます。

 100歳以上の人の名前は、滅多に見ませんね。
 たまーに見かけますが、これは大往生でしょう。
 90代が多い日は、「ああ、日本って長寿国だよなぁ~」と、なんだかホッとします。


 で、我が家のボケ老人こと、88歳になったオヤジの話です。

 先日、実家に行ったら、こたつの中にオフクロがポツンと1人でいました。
 「あれ、オヤジは?」
 「散歩に行ったよ」

 オヤジは頭はボケていますが、足は鍛えているので健脚であります。
 だから1人で、何キロでも歩いて散歩へ出かけて行きます。
 また、ボケる前の記憶はシッカリしていますから、道は知っていて迷子になったことがありません。
 時刻表だって読めますから、疲れたら、ちゃんとバスに乗って帰ってきます。

 「オヤジは元気だよね。オフクロと逆だったら良かったのに」
 と僕が言うと、
 「お父さんね、100歳まで生きるんだって。困っちゃうよね」
 とオフクロが、ため息をつきました。

 「いいんじゃん、元気で長生きしてくれるぶんにはかまわないだろう」
 と言えば、
 「それが困るんだよ。私のほうが先に逝っちゃったら、困るのはお前たちだよ。何が何でも、私のほうが長生きしたいんだけど、自信がないよ……」
 と、さらにしょげてしまいました。

 確かに、我が家にとっては切実な問題です。
 できるものならオフクロの願いをかなえて、1日でも長く生きさせて、オヤジを見送って安心させてあげたいものです。

 「いつ死んだって、おかしくない歳なんだよ」
 と、ポツリ。
 「おくやみ欄だって、年上より年下のほうが多くなってきたし、同級生は年々いなくなってしまうんだから……」
 と、さみしそうな顔をするのです。


 死んでもおかしくない歳なんて、あるのでしょうか?
 家族や友人や知人がいるかぎり、死んでもおかしくない年齢なんて、あるわけがありません。
 それでも、生きとし生けるものが必ずや迎えなければならないものが “死” です。

 「そんなこと言わないでさ、オヤジと一緒に100歳まで生きてよ」
 と言えば、
 「そりゃ、無理な相談だよ。私は自信がないね。だから困ってるんだよ」
 そう言って、最後は笑ってくれました。


 もう2時間もオヤジは帰ってきません。
 どこまで行ったのだか、元気過ぎるのも、困ったものです。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
死んでもおかしくない
    コメント(0)