温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月11日

えっ、あの子が!?


 僕の父は若い頃、中学校の英語教師をしていた時期がありました。
 (校長とケンカをして、すぐに辞めてしまったんですけどね)
 ですから、恩師としてクラス会や同窓会に呼ばれることが多々ありました。

 帰ってくると必ず、しみじみと言うのです。
 「クラスで一番の美人だった子が、必ずしも将来も美人とは限らんぞ。女は環境で変わるんだな」

 その意味が、この歳になって、やっと分かるようになりました。


 5年前、そして先月と、中学校のクラス会がありました。
 前回欠席で、今回初めて出席した人とは、なんと39年ぶりの再会となりました。

 まあ、50代半ばにさしかかっているわけですから、男も女も、いいオジサンとオバサンになっているわけです。
 でもね、1人か2人、同級生とは思えないほど、若々しい人もいるんですよ。

 「あれ、その頭は染めてるの?」
 「いや、地毛のままだよ。小暮は?」
 はい、僕は染めています。

 でも、一様にして男も女も、あの頃(中学生ですから当たり前ですが)よりは、ふっくらとしているし、シワもそれなりにあるし、頭髪も薄くなっているか、白髪まじりになっているわけです。
 ほとんどの人は、想定内の老け具合なのであります。

 問題は外見ではなく、その後の人生の変化が実に興味深いのであります。

 あの頃の肩書きは全員、中学生でした。
 ですから、そり後の人生は、未知数だったわけです。
 ところが、不思議なもので、男子に限って言えば、みーんな 「なるほど」 と納得してしまう職業に就いていたのです。
 「えっ、お前がか?」
 と、驚く人生を歩んでいる人は、1人もいませんでした。
 みんな、“らしい” のであります。

 クラス1の秀才で、博士と呼ばれていたヤツは、大学教授になっていました。
 マンガが好きで同好会を作っていたヤツは、コミック雑誌の編集者になっています。
 「オレは医者になる」 と言って、有言実行して医者になったヤツもいます。

 教師になったヤツ、自営業のヤツ、セールスマン、銀行員、公務員・・・
 それなりに、「なるほどね」「お前らしいや」 と納得してしまいます。
 みんな、あの頃のイメージどおりなのですよ。
 “三つ子の魂 百まで” とは、よく言ったものです。

 ところが、女子は違います。
 まったくと言っていいほど、予測不能の人生を歩んでいました。

 オヤジの言葉どおり、クラス1の美人が普通のオバサンになっていたり、その反対にクラスの中では目立たなかった子が、あたかもスターのような振る舞いをしていたりしました。
 やっぱり、女性の人生は、環境に左右されるものなのでしょうか。

 酒が入ってくると、男たちは、自分の仕事や趣味の話で盛り上がり出します。
 一方、女性人は家庭や家族の話が中心で、ご主人や子供の自慢話へと発展していきます。
 この違いが、男と女の人生に、大きな違いを生じさせるのかもしれませんね。

 “男の人生は自分で作り、女の人生は環境が作る” と言ったら言い過ぎでしょうか・・・

 「えっ、あの子が!?」
 と思ってしまった人は、すべて女性だったということです。


 でもね、最後には、こんな会話がされましたよ。
 「今日、出席した人たちは、今が幸せだから来れたのよ。不幸な人は、クラス会には出られないもの」

 これには一同、納得してしまいました。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
えっ、あの子が!?
    コメント(0)