温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月13日

上牧温泉 「常生館」


 一度、泊まってみたかったんですよ。
 自家源泉を保有している湯治宿だと聞いていましたから。


 昨日は、雪の舞う中、昼過ぎから上牧温泉で取材活動を続けていました。
 そして夜は、ご厚意により、「常生館」 に泊めていただきました。

 「常生館」 は、上牧温泉にある5つの温泉宿の中でも、ポツンと離れて利根川の右岸に建つ旅館です。
 その昔(といっても平成になるまで) は、川角(かわかど)温泉と呼ばれていた一軒宿でした。


 「ごめんください」
 玄関をくぐると、
 「さあさ、どうぞ、どうぞ。若いもんは出払っていますが、戻るまで部屋でゆっくり休んでいてください」
 と、大女将の石倉まささんが、かくしゃくとした応対で出迎えてくれました。
 お歳を訊けば、なんと、今年卒寿(90歳の祝い) を迎えたといいます。
 驚くほど元気な姿に、感動すら覚えました。

 宿の創業は、昭和30(1955)年。
 まささんと亡きご主人が、農業のかたわらに宿を始めました。

 源泉は、すでに昭和の初期に、先代の常司さんが掘り当てていて、泉温が約30度と低いために、「石倉のぬる湯」 とも「常司のぬる湯」 とも呼ばれて、近在の人々からは親しまれていたといいます。
 宿名の 「常生館」 は、“常司さんが生み出した湯” との意味だそうです。

 何はともあれ、宿に着いたら旅装を解いて、その、昔から湯治客が長逗留しながら病気を治したという 「常司のぬる湯」 を思いっきり堪能することにしました。

 さすが、湯治宿です。
 館内の廊下にはすべて竹の手すりが備え付けられています。
 また、浴室まで下る階段には、斜行機(イス式リフト) まで設置されていました。

 お目当ての浴室は、見事としか言いようがありません。
 3階くらいの高さがある吹き抜け天井を支えている大きな杉の丸太梁(はり)。
 浴槽は、ヒバ材。
 その重厚なたたずまいは、浴室というよりは湯屋。
 いや、湯屋というよりは湯殿と呼ぶにふさわしい風格があります。

 特筆すべきは、浴槽内が湯口側3分の1と湯尻側3分の2の値で、仕切られているということ。
 これにより、湯口側は “あつ湯”、湯尻側は “ぬる湯” に分かれています。
 交互に入ることにより、神経痛やリウマチなどの効能が、より得られるとのことですが、僕はそれだけではなく、湯が冷めないための先人の知恵を感じました。


 湯上がりは、浴衣に丹前を着て、食堂へ。
 大女将と女将の増江さんが作った素朴な田舎料理をつつきながら、宿の歴史や湯治客の話を聞きました。

 食後には、出かけていた主人の和雄さんが帰ってきました。
 「熱燗でも、やるかい?」
 と言われれば、断るわけがありません。
 そして主人が持ってきたのは、熱々のコップ酒です。

 いーですねぇ~、この飾らないところがいいんですよ。
 一般の旅館やホテルとは違います。
 それだけで、人情を感じるじゃありませんか!

 スポーツ好きの主人の話は、野球やサッカー、ホッケーにまでおよびます。
 昔から部活の合宿で、学生たちが泊まりに来るのだといいます。
 あの、松坂大輔投手も横浜高校時代に何回か宿泊したとのこと。
 食堂の壁に、松坂投手の写真や送られた手袋、高校時代の寄せ書きが飾られていました。

 1杯が2杯、2杯が・・・
 コップ酒に、身も心もポカポカと温まっていきます。

 窓の外は、シンシンと雪が降り続いています。

 楽しい楽しい、湯治宿の夜でした。
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
お疲れさまです(^-^ゞ

湯治宿にピーン♪熱燗にピーン♪

確かに湯治宿には不思議な暖かさがありますね♪

我々が秘湯を守る会の宿に泊まる時も、ぬくもりを肌で感じます!

上牧地区は雪でしたか・・・・。

湯治宿と雪景色と熱燗とですね(笑)

最後にリクエスト曲♪


猫の「雪」を聴きながらお別れしやしょう(/_;)/~~

See you next week !
Posted by うえちゃん at 2012年12月14日 09:53
うえちゃんへ

そーですね。
温泉宿は、熱燗が似合いますよね。
だから僕は、「大好きな温泉に入れて、大好きな酒が飲める仕事ってないかなぁ~?」
って考えていたら、今の職業になってしまいました(笑)。

ちなみに一昨晩、僕の中で流れていた曲は、かぐや姫の 「雪が降る日に」 でしたよ。
Posted by 小暮 at 2012年12月14日 17:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上牧温泉 「常生館」
    コメント(2)