温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月16日

未来をヨロシク!


 衆院選、投票に行かれましたか?

 今回の選挙から、我が家に届いた投票所入場券が1枚増えました。
 はい、長男が今年20歳を過ぎて、投票権を得たのであります。

 “ハタチ” っていう響き、いいですよね。
 僕だって、ありましたよ。
 もう、34年も前のことですけれど。
 でも、住民票を移さずに東京で学生をしていた頃なので、たぶん選挙へは行かなかったんじゃないかな・・・

 いや、厳粛な父から 「投票に帰って来い!」 と言われた記憶もありますから、帰省して地元の投票所へ行ったのかもしれませんね。
 なにせ、古い記憶なもので、それが20歳だったのか、それ以降のことなのか判然としないのです。


 「おい、今年からお前にも選挙の投票券が来ているけど、行くんだろ?」
 数日前の晩、リビングでスマホをいじっている息子に言いました。
 「あ、ああ」
 と、つれない返事です。

 20代の若者の投票率の低さが危ぶまれている現在の日本です。
 ここは、大人として、親として、国民の義務をしっかりと教えてやらねばなりません。

 「興味があるなしに関わらず、とにかく20歳になって最初の選挙なのだから行きなさい!」
 と、ビシッと言ってやりました。
 「分かった。ただ行けばいいの? 何も持って行かなくていいの?」
 と、やっと少しは興味を持ってくれたようです。
 「バカ、手ぶらでいったら誰だか分からないだろう。この入場券を持って行くんだよ。最初だから、なんなら父さんが一緒に行ってやろうか?」
 と言うと、照れもせず、
 「ああ」
 と、そっけない返事だけが返ってきました。


 そして、迎えた今日。
 昼からバイトだというのに、11時近くになっても息子は寝ています。
 このままでは、結局 「バイトに間に合わないから行かない」ってなことになりかねません。
 大人として、親として、何がなんでも彼を投票所へ行かせねばならないのです。
 仕方なく、滅多に入ったことのない息子の部屋に入り、
 「おい、選挙へ行くぞ! 起きろ!」
 と叩き起こしてやったのであります。

 投票所の会場となっている小学校へ向かう車中では、投票の仕方について、簡単にレクチャーをしました。
 小選挙区と比例代表があること。
 そして今回は、最高裁判所裁判官の国民審査があること。
 小選挙区は、候補者の名前。
 比例代表は、政党の名前。
 国民審査は、辞めさせたい人の名前に×を記すことを説明しました。

 「分かったか?」
 と問えば、
 「ああ」
 と、相変わらずの無反応であります。
 それでも会場では、僕のあとを金魚のフンのように付いて回って、僕の真似をしながら無事に彼は、人生初の選挙を終えました。

 “選挙へ行ったところで、何も変わらない” という若い人の声を聞きます。
 確かに、今の日本の政治家たちを見ていると、誰がなったところで大差はないようにも思われます。

 でも今日の明日、今年の来年には変化がなくても、10年後、20年後、30年後には、今日の1票が世の中を変えているかもしれません。
 そして、その頃、日本の世の中を動かしているのが、今の若者たちです。

 投票所で記入している息子の背中を見たとき、「頼んだぞ!」 と期待しないではいられませんでした。

 未来をヨロシク!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)

この記事へのコメント
今晩わ~♪

今夜はテレビでも選挙速報ですね(苦笑)

日本の未来や政治はどうなるのでしょうか~┐('~`;)┌

今日はMTB仲間と足利の山々を激走して来ました♪

スカイツリーも良く見えましたよ

仲間の人に温泉好きな人が居ます!

山から下りて自転車屋さんで、お茶のを飲んで雑談をしていた時でした


きりづみ館が閉館したんだって!

我々も訪れた霧積温泉きりづみ館
閉館の事実にショックを受けました

明治の建物でモダンな造りの六角形風呂場が素敵で好きでした!

客足が減ったが原因かと…

温泉は日本人の文化の象徴と言える!
日本の文化の日本人が潰している(怒)

そう思えてならない今日この頃です

 
Posted by うえちゃん at 2012年12月16日 21:50
昨日の一票が、数年後…吉とでるか凶とでるか

でも、いくつかいい結果がでてきたのも見逃せないことだなと
勝手にひとりで、ニコニコ(^v^)

未来をヨロシク!と申し上げます。
Posted by ぴー at 2012年12月17日 16:23
うえちゃんへ

霧積温泉「きりづみ館」、湯の平温泉「松泉閣」、花敷温泉「関晴館」・・・
この数年で姿を消した温泉宿は、まだまだあります。
“入って残そう、群馬の温泉”
何年も前から僕は、講演会やセミナーで、そう呼びかけています。
湯治文化の見直しが、急務であります。


ぴーさんへ

自民がダメだから民主、民主がダメだから自民。
なんだか国民は、シーソーゲームをしているようであります。
ダメな物を基準に選択する政治からは、そろそろ脱却したいものです。
ノーではなく、イエスが言える未来へ!
Posted by 小暮 at 2012年12月17日 17:34
湯の平温泉 松泉閣

5月に行って来ました♪

休業との事ですが…
閉館なのですか!?
Posted by うえちゃん at 2012年12月17日 20:28
埼玉の北の外れ、小選挙区には気になる立候補者もいないし棄権しようかな。なんて考えていましたが、先日youtubeで高校生が「選挙権の私達のために選挙に行って下さい」と訴える動画をみて、考えを変えました。
前橋の祝い事から帰ってそのままの衣装で投票所へ。

今年21歳と24歳になった娘達もそれぞれの居住地でちゃんと投票した
ようです。嫁も当日朝には投票したので、我が家の投票率は100%と
いうことになりました。
それぞれ誰に投票したかは家族内でも訊かないことが我が家の不文律。

さてさてどうなる日本。

『未来をヨロシク!』のサブジェクトは良いですね。
Posted by at 2012年12月18日 18:47
先さんへ

そんなに大きな娘さんがいらしたのですね。
我が家も誰に投票したかは、他言しません。
個々の幸せへの価値観は異なりますものね。
Posted by 小暮 at 2012年12月19日 09:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
未来をヨロシク!
    コメント(6)