温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月22日

いい歳をして吐かないで!


 昨日の取材の帰り道。
 同行のA新聞の I 記者が、
 「今晩、何か予定がありますか?」
 と訊いてきた。

 あると言えばあるが、どうにかしろと言われれば、どうにかなる程度の予定である。

 「どうですか、Hで飲みませんか? N先生も来られますよ」

 Nさんは、僕の人生の恩人であります。
 Nさんがいなかったら、今頃僕は、もっと真っ当な生活をしていたに違いありません。
 僕をフリーの道に引きずり込み、フリーで生きることの快楽を教えてくれた作家先生であります。

 過日、Nさんの誕生日パーティーがあり、誘われていたのですが、あいにく仕事で出席できませんでした。
 後日、不義理を悔やんで、ついでのときに自宅へ顔を出したのですが、今度はNさんが出張で不在。
 奥様としか会えませんでした。

 毎年、新年には年始のあいさつに行っていますが、このままでは年内は会えずじまいだと、半分あきらめていたところだったのです。
 “渡りに舟” とは、このことです。
 今年の不義理を、酒で埋めつくすチャンスの到来!とばかりに、出席するすることにしました。


 夕刻、あわてて原稿を1本仕上げて、防寒着に身を包み、家を出ようとしたときです。
 リビングにいた山の神に呼び止められました。
 「あら、どちらへ?」
 「おお、ちょっと出かけてくるわ。急きょ、忘年会が入ってな」
 と言葉を交わして、玄関へ向かおうとしたときです。

 「いい歳をして夜中に吐かないでよね! トイレが臭いったらありゃしない」

 えっ?
 かーちゃん、知ってたの?
 確か、先週。
 飲み放題につられて、元を取る勢いで意地汚く酒を飲んで午前様となり、家に着くなりトイレに駆け込み、便器を抱えてうなっていた日のことを言っているのであります。

 「バッカじゃないの! その歳になって吐くまで飲みますかね!」
 と、追い討ちをかけるように、家を出る僕の背中に容赦ない罵声が突き刺さってきました。
 だから僕も、言い返してやりましたよ。

 「亭主も子供も、バカのほうが可愛いっていうだろう」
 すると、
 「バーーーーカ!」
 と、山の神のやさしいお見送りの言葉が返ってきたのであります。


 さてさて、我らがたまり場、酒処「H」は、今夜も熱気に包まれています。
 ママが、僕とNさんが来ることを常連にメール配信してくれたようで、満員御礼状態であります。
 「カンパーイ!」
 のかけ声とともに、今年何回目かの忘年会が始まりました。
 と、同時に爆笑の渦、渦、渦・・・

 オヤジたちは、ダジャレやギャグ、下ネタのオンパレードで、早くもテンションアゲアゲであります。
 気が付けば、カウンターの上には、ビールとウィスキーと日本酒が並んでいます。
 「H」名物、チャンポン飲みの始まり始まり~~!

 とにかく、常連は酒豪ぞろいなんです。
 「小暮さんなんか、今来たばかりじゃん。オレなんか5時から飲んでるかんね」
 なーんて、どこが偉いのか分かりません。
 ただの呑兵衛を自慢する輩がいるくらいです。

 負けるもんか!
 遅れを取り戻さなくてはなりません。
 ビールを飲み干し、ウィスキーの水割りとロックを飲み干し、日本酒をグラスで1杯、2杯、3杯・・・・

 うーーん、だんだん訳が分からなくなってきましたよ。
 でも、突然、天災のように忘れていた言葉が、天から聞こえてきたのであります。

 「いい歳をして吐かないで!」

 途端、ピタッとグラスを持つ手が、止まってしまいました。
 ヤバイぞ、この間と同じパターンにはまっている。
 このままで行くと、今夜のオイラの枕は、またしても便器になりそうだ。

 時計を見ると、午前0時。
 お勘定を済ませて、席を立ったその時です。

 「ジュンちゃん、もう1軒、付き合ってくんないかなぁ?」
 と悪魔のようにささやく、Nさんの声。

 Nさんは、僕の人生の師匠であります。
 師匠といえば、親も同然。
 いや、神様であります。
 神様の声は、絶対服従が鉄則であります。

 「はい、よろこんで~!」


 家にたどり着いたのは、午前2時でありました。
 おかげさまで、山の神の言葉が酔い止めの呪文のように効いて、あの後は、すっかり酔いがさめてしまったのです。
 よって、昨晩は吐かずに済みましたとさ。

 ああ、今年はあと何回忘年会があるんだろうか・・・
 その都度、山の神に罵声を浴びせられるのかと思うと、憂うつでなりません。
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)

この記事へのコメント
 カルチャーフェスタ2012のブースでは、一回講座分くらいの時間、お話をさせていただき、大変ありがとう御座いました。
お昼に伺ってしまい、申し訳ございませんでした。温泉と同じで、脚を運んでみて、知り得る情報や出会いもありますね。
小暮さんの著書で予習し、宿の歴史や、湯の歴史などを学んで温泉地に出向く方が、格段に楽しいですね。もっと、湯湯湯の国群馬県をメジャーにしたいです。今後も、相方と著書の温泉地制覇すべく頑張って行こうと思います。                マッチ
Posted by マッチ at 2012年12月23日 03:41
小暮師匠、お久しぶりです。
今日のお題は、我が家にもぴったりなのでコメントします(笑)

 「亭主も子供も、バカのほうが可愛いっていうだろう」
 すると、
 「バーーーーカ!」
 と、山の神のやさしいお見送りの言葉が返ってきたのであります。

我家の場合、

「亭主も子供も、バカのほうが可愛いっていうだろう」
 すると、
「本当のバカなら可愛いけど、バカじゃないのにバカなことするから、本当に頭に来るのよね。私もどこかの忘年会でも行って飲んで酔っ払って帰ってきたいわ~」
と、山の神にきついお言葉を言われてお見送りされるのでした(涙)

それでもめげずに、出かける小生は本当にバカですね(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2012年12月23日 12:03
マッチさんへ

昨日は、お休みのところ、前橋の会場まで足を運んでくださり、ありがとうございました。
本来なら、イスに座って、お茶を飲みながら、じっくりとお話すべきなのでしょうが、会場のブース前だったため、長時間の立ち話をさせてしまい、申し訳ありませんでした。
とっても楽しい、ひと時でしたよ。
ぜひ、またイベント等に相方さまと、おでかけください。


ヒロ坊さんへ

それはヒロ坊さんの奥さんが、酒を飲む楽しみを知っているからですよ。
うちのは酒が飲めませんから、どんなに楽しいことをしているか分からないのであります。
そこにつけ込んで、「これも仕事なんだよ」と言って毎回、逃亡します。
Posted by 小暮 at 2012年12月23日 20:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
いい歳をして吐かないで!
    コメント(3)