温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月27日

漢字一文字


 365日、休肝日を持たない呑兵衛のわりに、僕は旅館飲みや家飲みが多いので、行きつけの飲み屋が少ないんです。
 今年、利用した店は、たった3軒(宴会は除く)。

 このブログでも、たびたび登場する酒処 『H』。
 そして、出版社の人たちと、打ち合わせや打ち上げに使う海鮮酒場の 『T』。
 でも、年間で一番飲んでいるのは、我が家から一番近い 『R』 という店です。

 実は 『R』 は、食堂なんです。
 だから昼間は、サラリーマンやOLさんたちで、いっぱいです。
 でも、酒も飲めるんです。

 僕は6年くらい前から、夜だけ通っています。
 ここ数年は、仲間のたまり場として、毎月例会と称して集まっては、食ったり飲んだりしています。
 一昨日も、気の置けない仲間が、顔を合わせました。

 僕の本のディレクションをしてくれているK氏とカメラマンのS君と、そして僕。
 別に用なんてないんですけどね。
 ただ、年内に顔を合わせておかないと、なんだか今年が終わらないような気がして・・・
 ま、仲間なんて、そんなもんです。


 「カンパーイ!」
 「今年も1年間、お世話になりました」
 「ありがとうございました。来年もよろしく!」
 と、いつもの店で、いつものメンバーが、いつもの酒を飲み出しました。

 「どんな1年だった?」
 と、誰ともなしに、反省会が始まりました。

 あーだ、こーだ、と良かったこと悪かったことを口々に話し出したのですが、突然、僕は、毎年年末になるとニュースで取り上げる 「今年の漢字」 が脳裏に浮かんだのであります。
 日本漢字能力検定協会が選定して、清水寺の住職が大きな和紙に墨で書く、アレです。
 確か、今年の漢字は 「金」 でした。

 「どうよ、漢字一文字で表してみない?」
 と僕が言うと、トップを切ってK氏が答えました。

 「そうね、加えるの “加” かな」

 ほほう、加減乗除の加ですね。
 足し算の多かった年ということです。
 実際、K氏の今年は、次から次へと新しい仕事が入ってきた忙しい年でした。

 「う~ん、今年は良いことと悪いことが交互にやってきた振り幅の大きい年だったよな」
 と、S君。
 確かに、仕事は充実していて、端から見ていると良いことばかりに見えましたが、その裏で愛犬が亡くなったりと精神的につらいことも多かったようです。
 「だから、振り子の “振” かな」
 とは、お見事!

 「で、ジュンちゃんは、どうなのよ?」
 と問われて、はたと悩んでしまいました。

 ひと言で言えば、とても平穏な1年だったのであります。
 短気な僕にしては珍しく、腹を立てたり、怒った記憶がありませんでした。
 心穏やかに過ごせた年だったと思います。

 「だから穏やかの “穏” かなぁ・・・」
 というと、S君が、
 「だったら温泉の “温” が、いいんじゃねーの?」
 と、明快な漢字を見つけてくれました。

 確かに、温和の “温”、温厚の “温”。
 そして何より、今年は過去最高の116温泉をめぐった記念すべき年でもあります。

 と、いうことで、僕の今年の漢字一文字は “温” に決定しました。


 さて、一夜明けて・・・我が家にて。
 カミサンに、「今年の漢字一文字は、なんだい?」
 と問えば、

 「 “く” だよ “く” 」
 と、眉間にシワを寄せながら答えた。

 「 “く”って、なんだよ」
 「 “く” は、苦しいの “苦” に決まっているじゃない!」
 と、取り付く島もない。

 「かーさん、ふざけないで。真面目に答えてよ」
 と言い返せば、
 「大真面目だよ。“苦” じゃなければ、“ひん” だね」
 と、これまた難解な答えを返してきた。

 「 “ひん” って、何さ?」
 「貧しいの “貧” に決まっているじゃない! あーうるさい、台所まで来てくだらないこと聞かないでよ。邪魔邪魔、あっちへ行って」
 と、けんもほろろに追い出されてしまいました。


 ちっくしょーーーーっ ! ! ! !
 来年は絶対に、楽しいの “楽”、富裕の “裕” って言わせてやるからな!
 見てろよ!
 (って、自信はありませんけどね)

 みなさんの今年は、どんな漢字一文字でしたか?
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)

この記事へのコメント
お久しぶりです。我が家は「忙」ですね。
足つぼ屋からレストランホール係、夜はカラオケスナックバーのおばちゃん。
間に宿の清掃。
年老いた主人が投資詐欺から代引き詐欺まで騙された1年でした。
Posted by 草津っ娘? at 2012年12月27日 22:13
今年の漢字は「決」

勿論、苦、貧、忙…も候補でしたが、今年は決心した年ということです。
30日までノンストップ営業中!
Posted by ぴー at 2012年12月28日 08:58
草津っ娘?さんへ

お久しぶりです。お元気でしたか?
「忙」という字は、“心を亡くす”と書きます。
忙しさは、ほどほどが良いですよ。
良いお年をお迎えください。


ぴーさんへ

「決」とは、力強い漢字ですね。
決めたら、実行あるのみです!
来年が楽しみですね。
期待しています。
Posted by 小暮 at 2012年12月28日 13:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
漢字一文字
    コメント(3)