温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月12日

飲み過ぎはやめま賞


 これも何かの縁でしょうか。
 奇しくも昨年の湯納めと、今年の湯始めが同じ温泉宿でした。

 猿ヶ京温泉 「猿ヶ京ホテル」

 でも取材ではありません。
 打ち合わせ等の仕事でもありません。

 そーです! 新年会でありまーす!


 「小暮さ~ん、昨年は本当にお世話になりました。今日は仕事じゃないんですから、ゆっくり温泉に入って、のんびりくつろいでくださいね」
 と3代目女将の持谷美奈子さん。
 昨年は、秋に出版した 『みなかみ18湯〔上〕』 の取材や出版記念パーティーのほかに、朝日新聞に連載中の 『湯守の女房』 にも登場していただき、こちらこそ大変お世話になりました。

 「はい、今日は仕事じゃありません。ただの呑兵衛の宴会客ですから~~」
 と、ご挨拶をしたのち部屋で、まずビールを1杯。
 そして風呂に入って、湯上がりに2杯。

 そうこうしているうちに、仲間が集まってまいりました。


 何の新年会なのかといえば、僕が所属しているクリエイティブ集団 「プロジェクトK」(略して、プロK) であります。
 現在、メンバーは20名ですが、昨日はうち12名が出席しました。

 折りしも昨日は、僕が出演したFMぐんま「G☆FORCE」のオンエアー日だったのです。
 放送時間も15時05分~と、猿ヶ京温泉へ車で向かう時間帯とドンピシャリ!
 
 と、いうこともあり、会う人会う人、「今、小暮さんのラジオを聴きながら来ましたよ!」。
 それだけではなく、僕のケータイには 「聴きました」電話とメールが、次々に着信しました。
 さすが、県内最大の聴取率を誇るエフエム群馬!
 みなさん、聴いておられます。


 宴会では、プロK代表の桑原氏のあいさつのあと、乾杯は、昨年プロKホームページを作成したウェブデザイナーの草ヶ谷氏の音頭となりました。

 ここまでは毎年、変わりありません。
 この後は、ただ、ひたすら飲み続けるだけです。
 ところが・・・

 「では、酔っ払う前に、表彰式に移りたいと思います」
 と、泣く子も黙るプロK女子会の面々が、会場の前方へ集まった。
 この女子の面々、女子とは名ばかりで、コワ~イおばさま方なのであります(うそ、優しい妙齢のご婦人たちです)。

 ひと言で言えば、プロK内の風紀委員であります。
 すぐに脱線、暴走する男子たちを、ランランと目を光らせて見張っているのであります。


 「名前を呼ばれた人は、前へ出てきてください」
 なんて、恐ろしい!
 賞状と言ったって、絶対にホメ殺しはないのです。
 ・・・と、心配は、すぐ的中!

 「食べ過ぎはやめま賞」 だの 「もっと目立ちま賞」 だの 「見た目より面白いで賞」 だの、その人の欠点をズバズバと突いてきます。
 建築家のY君なんて、「下ネタの暴走はやめま賞」 ですからね。
 当たっているだけに、反論もできません。
 っていうか案の定、昨晩も、コワイ風紀委員の女性人たち相手に、果敢にも下ネタ全開で迫りまくっておりました。
 (Y君、偉いぞ!)


 えっ、僕ですか?
 ええ、まあ、僕も賞状はいただきましたよ。
 もう、その通りの賞であります。

 「飲み過ぎはやめま賞」

 「だって、小暮さんのブログ読んでいれば、お酒飲んでいる話ばっかりじゃないですか!」
 と評定委員の I 女史に言われて、全員納得。

 でも、これは勲章ですぞ!
 そして、健康である証拠です。
 これからも体力が続く限り、飲んで飲んで飲み続けますよ。

 プロKメンバーのみなさん、今年もよろしくお願いいたします。
 フリーでなければできない、“いい仕事” をしましょうね!


 ●プロジェクトKHPでは、メンバーの作品や仕事内容を紹介しています。
   http://pro-k.jp/portfolio/index.html


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)

この記事へのコメント
受賞おめでとうございます(で、よかったですか?)

私の友人のお姉さんが、師匠様と同級生だとわかりました。
彼の実家は、紅雲町なので、小・中の時のかな?
メールのやりとりの中だったので、こんな程度の情報です。
近いようで、なんか遠い話でした(笑)
Posted by ぴー at 2013年01月13日 11:03
ぴーさんへ

はい、彼のお姉さんから連絡をいただきました。
彼は、イタリアに住んでいるんですね。
世界は、狭いですな。
Posted by 小暮 at 2013年01月13日 20:08
はい、なかなか会えない、大事な友人です。

年頭のあいさつや、お互い変わり者なので、情報交換しているわけです。
Posted by ぴー at 2013年01月14日 10:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
飲み過ぎはやめま賞
    コメント(3)