温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月13日

「上毛かるた」 は不思議がいっぱい


 午前6時。
 外は、まだ真っ暗。
 夜型の僕にとって、こんなに早い起床は、滅多にないことです。

 何も好き好んで早起きをしたわけではありません。
 今日は、上毛かるた大会の地区予選日だったのです。
 そして、僕は、なぜか前橋市K地区の子ども会育成連合会本部役員なのであります。
 (なんでも、半永久役員なんだそうです。無理やり任命されました)

 で、その準備のために、朝早くから某小学校の冷え込んだ体育館を開けて、ジェットヒーターに灯油を入れて、子どもたちが集まる時間までに会場を暖めておいたのです(エライ!)
 もちろん、競技が始まれば、審判もやりましたよ。
 仕方ないですね。これは地区の恒例行事ですから。

 昨年、この会場で見つけたのが、“下仁田ネギ”の謎でした。
 上毛かるたの「ね」の札、『ねぎとこんにゃく下仁田名産』 に描かれているネギは、なぜ、下仁田ネギではなく普通の長ネギなのだろう? という疑問。
 これは、たびたび、このブログでも取材の経過を書きましたから読者はご存知だと思いますが、調べた結果、上毛かるたが発行された昭和22年当時は、まだ品種改良前の下仁田ネギだったということでした。

 まあ、そんな去年のいきさつもありますので、今日も、ついつい審判をしながら絵札に釘付けになってしまったのです。
 そしたら、あります、あります!
 不思議な絵札が!


 たとえば・・・

 ①[り」 の 『理想の電化に電源群馬』
   この札に描かれているダム、なんで工事中なんですか? クレーン車が2機も描かれていますよ。

 ②「え」 の 『縁起だるまの少林山』
   だるまの絵の上に描かれている折れ線グラフのような図形って、いったいなんなのよ?

 ③「て」 の 『天下の義人茂左衛門』
   他の人物札は、すべて肖像画なのに、なんで茂左衛門さんだけ、寺の絵なの?

 ④「き」 の 『桐生は日本の機どころ』
   機(はた) を織っている乙姫様のような格好をした女性は誰?


 などなど、またしても 「上毛かるた」 の不思議がいっぱい見つかっちゃったのであります。
 だもの、今夜は眠れそうにありませんって。
 でも、寝ないわけにもいきません。
 ああ、どーしよう?
 もう、これは解決するしかないのです。

 と、いうことで、かるた大会から帰った僕は、我が家の資料部屋へ飛び込み、資料を調べまくりましたとさ。
 その結果、だいたいの謎は解けました。


 ①「り」 の札に描かれているダムは、昭和43年に完成した下久保ダムなんだそうです。あえて、工事風景を描いたのも、力強く前進する日本の姿を描きたかったからなんですって。ですから、この絵は昭和43年の改訂版で描かれたもの。昭和22年の初版の札には、水力発電所が描かれていました。

 ②「え」 の札の折れ線グラフのような図形、これは北斗七星でした。でも、星の数が6つしかありません。これには理由があって、“県民一人ひとりが七つ目の輝く星になるように” という願いが込められているんだそうですよ(へぇ~!)。

 ③「て」 の札に描かれているお寺は、茂左衛門が祀られている茂左衛門地蔵尊千日堂というお堂でした。なにせ江戸時代のことですから、本人の顔がわかる資料が残されていなかったのでしょうね。それで仕方なく、お堂の絵を描いた……。

 ④「き」 の札に描かれている、乙姫様のような衣装を着た女性は、桐生市の織姫神社に祀られている白滝姫という方でした。この地に機織りを伝え教えたといわれています。


 「ふ~ん、なるほど」 と、とりあえず納得しました。
 これで今夜は、眠れそうです。

 たかが、かるた大会。されど、かるた大会。
 なんだか心身ともに、とっても疲れた1日でした。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
改めて上毛カルタを見てみました。(^^ゞ

1.[は」花山公園 つつじの名所、「の」 登る榛名の キャンプ村
   ボートに乗っている男女の位置が不思議。初デートではずかしくて顔が見られないのか?漕ぎ手は進行方向の側に座ると思うのだが。

2.「み」 水上、谷川 スキーと登山
   ストックの上下が不思議。ロッジの前などにスキーを立てておくとき、ストックは持ち手の部分を上にして刺しますよね?

3.「と」 利根は 坂東一の川
  ここは中州だったのか!この札は群馬大橋から下流の利根橋と鉄橋を眺めていると思われます。20年ほど前の高水で駐車場の車が大量に流されたことがありましたが、元々の自然の流れはそこにあったんですね。
Posted by カズ at 2013年01月14日 10:48
カズさんへ

ほほう、その突っ込み方は面白い!
もっとたくさん見つけて、『「上毛かるた」の不思議』 とかいう本を出しましょうかねぇ~。
ほかにも見つけたら、教えてくださいな。
Posted by 小暮 at 2013年01月14日 18:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「上毛かるた」 は不思議がいっぱい
    コメント(2)