温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月26日

髪結いの亭主


 今日、髪を切られました。

 髪を “切った” のではなく、“切られた” のです。
 僕の場合・・・
 もう、こんな生活が27年間も続いています。

 なんのことかと言えば、「かーちゃん床屋」です。
 冬のこの時季は、風のない午前中の日だまりを見つけて、庭先でチョッキン、チョッキンされます。
 僕だけではなく、3人の子どもたちは、床屋や美容院というものを知らずに育ちました。

 「はい、髪の毛切るよ~!」
 と声がかかけば、誰ひとり逆らうことなく、順番を待って、かーちゃんの指示に従います。

 何を隠そう、僕のかーちゃん(家内) は、元美容師なんです。


 えっ、それじゃあ、髪結いの亭主じゃねぇかって?
 し、し、失敬なっ!

 「髪結いの亭主」 とは・・・
 <(髪結いは女性でも腕しだいで男性と同等に収入が得られることから) 女房を働かせて自分は仕事をせずに遊んで暮らしている夫。また、女房に養われて生きているふがいない男性>『成語林』より

 のことですぞっ!
 誰が、“仕事をせずに遊んで暮らしている夫” ですか!
 誰が、“女房に養われて生きているふがいない男性” ですか!

 えっ、僕のこと?

 ・・・そーいえば、27年前。
 結婚したときは、確かに僕は無職でした。
 だから結婚の条件として、僕が炊事と育児をする “主夫” を買って出たんです。

 えっ、家内ですか?
 美容師でした。

 あっ、やっぱり、合っていましたね。
 “美容師の夫で、女房に養われている男性” でした。
 こういうのを、名実共に 「髪結いの亭主」 って言うんでしょうか。

 でもね、“遊んで暮らしていた” わけでも、ましてや “ふがいない男性” ではありませんでしたよ。
 それなりに、お互いが納得して、結婚して、暮らしていたわけですからね。
 そーじゃなければ、27年間も続かないし、子どもを3人も産んで育ててはいませんよ。


 で、僕は結婚してから1度も床屋へ行ったことがないのか、っていうと、それがあるんです。
 かーちゃんと大ゲンカをして、髪を切ってもらえなかったことが、2回ほどありました。
 でもね、プロでも他人だと、なんだかシックリいかないんですよね。
 「前髪は、このくらい」 とか 「横は、耳が隠れるくらい」 とか、いちいち説明しても、自分の思いどおりの髪型にはならない。
 かーちゃんなら、何も言わなくても、いつもの髪型にしてくれるのにね。

 だから大ゲンカの後は、床屋へ行きたくないばっかりに、いつも僕から謝ってしまうわけです。


 先日、大学生の長男が、突然、髪の毛が短くなって帰って来ました。
 かーちゃんに 「お前が切ったのか?」 と訊くと、「自分で床屋に行って来たんじゃないの」 と少し淋しそうです。
 さすがに息子も、かーちゃん床屋は、恥ずかしい年頃になったようであります。
 親離れをしたということですな。

 えっ?
 ということは、僕はいまだに女房離れができていないということですか!

 ま、それはそれで、いいんじゃないでしょうかね。
 だって、筋金入りの 「髪結いの亭主」 なんですから……。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
髪は長い友達と書きます!こんなCMがありましたね(笑)

僕は中学から通っている馴染みの床屋が在りますよ

世間話や飲み屋の情報話等々を床屋さんで話題にするのも楽しいもんですよ♪

今日は草津温泉の西の河原湯から始まり草津共同浴場を三湯巡りました

帰りがけに長野原の共同浴場にも入浴して来ました!

一日で5湯を制覇ですね(^^;
Posted by うえちゃん at 2013年01月27日 23:13
お会いできて嬉しゅうございました♡

資料は晴れて山が越えて、ゆったり読んでみたいと思います!

髪結いか、マッサージやの女房に憧れて数十年…
結局…現実は、電気…
無駄に使わないスイッチの やたら 多いい家に住んでおります(笑)
Posted by ぴー at 2013年01月28日 08:52
うえちゃんへ

草津の湯を1日で3湯も入れるとは、よっぽど肌が丈夫なのですね。
うらやましい。
肌の弱い僕は、そもそも温泉ライターには向いていないのかもしれませんね。


ぴーさんへ

先日は、グリーンドームでの突然の再会!にビックリしました。
しかも、繭りんさんやマッチさんも居て、なんだかオフ会のようでしたね。
Posted by 小暮 at 2013年01月28日 13:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
髪結いの亭主
    コメント(3)