温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月29日

絶滅危惧温泉の未来


 僕が、ライフワークとして温泉の取材をするようになって、10数年になります。
 きっかけは、タウン誌や情報誌の編集をしていて、僕をはじめ、あまりにも群馬県民が県内の温泉のことを知らないことに気づいたからです。

 草津、伊香保、水上、四万・・・くらいは誰でも知っています。
 万座、磯部、老神、猿ヶ京・・・このあたりから、だんだん怪しくなってきます。

 他県の人なら、充分です。
 僕だって、他の県の温泉名を10も20も言えませんからね。
 でも、群馬に生まれ育って、しかも群馬のネタで食っている雑誌の仕事をしていて、10と名前を言えないというのは、なんとも情けない。

 「よっしゃ、一度全部調べてやれー! 」

 ということで、調べてみたら、これが驚いた!
 県の登録には、100以上の温泉地(宿泊施設のある温泉) があるではありませんか!
 ※(日帰り温泉も同じ数ほどあります)

 で、さらに調べて行くと、実に全体の8割が10軒に満たない小さな温泉地であること。
 さらにさらに、その8割 (なんと全体の半分以上) が、たった1軒で温泉地の看板を守っている “源泉一軒宿” だったのであります。

 「だったら、これ、全部まわって、本にしてやろーじゃないのォォォ~!」

 と、根性入れて書いた本が、4年前に出版した 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) だったのであります。


 現在群馬県内には、約50軒の源泉一軒宿があります。
 正確には、50軒以上あります。
 なぜ、“約” を付けるのかというと、年々その数は、減少の一途をたどっているからです。

 すでに昨年1年間だけでも、数軒の廃業報告を受けています。


 僕は、自分のセミナーや講演で、よく、こんな話をします。
 「草津温泉や伊香保温泉のように、何百軒、何十軒と宿のある温泉地は、1軒の宿が廃業したからといって、温泉地はなくなりません。でも、たった一軒で、源泉と宿と温泉地名を守っている “源泉一軒宿” は、その宿が廃業してしまうと、温泉地自体が地図から消えてなくなってしまうんです」 と・・・。

 いわゆる、絶滅危惧温泉(レッドデータ) です。


 実は、僕が一軒宿の温泉を取材するにあたり、一番知りたかったことが、これなんです。
 名前も知られていない、宣伝もしていない、ガイドブックや旅行雑誌にも載らない小さな宿って、どうやって客を集めて、どやって商っているんだろうか? という疑問です。

 そして、その答えにこそ、僕が人生を棒に振ってまで(?) のめり込んだ秘密があったのです!

 それは、温泉地本来の “湯治場” の姿が残されていたからです。


 僕は、前出著書の 「あとがき」 で、次のように記しています。
 <戦後、日本の温泉地はどこも急速に変化していった。高度経済成長の波に乗り、大型バスで団体客が温泉地へとなだれ込み、湯量に見合わない大浴場と露天風呂をこぞって造り、宴会客中心の旅館やホテルが増えつづけた。そして、いつしか温泉地は 「湯治場」 から 「観光地」 へと変貌してしまった。(中略) しかし高度経済成長期、バブル時代と大温泉地が集客に酔狂している間も、一軒宿の温泉地は、かたくなに湯を守りつづけていたのである。>

 そんな一軒宿を、景気や世相に左右されることなく支えてきたのが、“湯治客” でした。
 今の言葉で言えば、リピーターです。

 現在でも、一軒宿や小さな温泉地には、このリピーター率が80%以上という宿がたくさんあります。

 昔と比べたら、インターネットもありますから、雑誌やガイドブックに載っていなくても一見の客が来るようになりました。
 それでも、全体の数からしたら微々たるものです。

 そして、そのリピーター(湯治客) のほとんどは、高齢者ということになります。


 「今はなんとかリピーターで持っていますけど、あと10年もしたら分かりませんね」
 最近は、そんな切実な声ばかり、聞こえてきます。
 「ネットのお客さんもありがたいけど、なかなかリピーターにはなりません」
 とも・・・。

 湯治は、文化なんですね。
 文化は、文明のように急速には進化しません。
 ゆっくり、ゆっくりと、人が時間と手間をかけて、受け継ぎ、守り継いでいくものなのです。

 ぜひ、我々が、この先人たちが守り継いできた文化を、未来へと引き継げるよう、受け継いで行きたいものです。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
お疲れ様です(^-^ゞ

小暮さん!群馬県民だけの話では無いですよ!日本人が温泉から認知不足に、なっている症候が感じる今日この頃です!

先日の土曜にMTB仲間とスノーシューで赤城山に登りました。

類は友を呼ぶでは、ありませんがMTB仲間の人は温泉好きばかりです♪

極寒の赤城山から下山し、あいのやまの湯で暖まりました!

仲間の人で前橋の60代の人とは毎回に温泉ネタで盛り上がっています

前橋の人はガラメキを探しに二回も山に入り発見が出来なかったので僕に案内をしてくれと今から話していますよ(笑)

日本人の文化である温泉!湯治湯から始まった小さな宿も僕は今後も無くなって欲しくありません!

今の世の中は日本人より外国人の方の方が温泉好きが増えています

温泉大国の我が日本の温泉文化の先行きが不安でなりません。
Posted by うえちゃん at 2013年01月29日 18:50
うえちゃんへ

「入って残そう 群馬の秘湯」
もとい、「日本の温泉」 ですな。
疲弊した現代の日本を救うのは、温泉の持つ治癒力です。
急ぎ過ぎた文明に、NO!
先人が築いた文化に、GO!
Posted by 小暮 at 2013年01月30日 01:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
絶滅危惧温泉の未来
    コメント(2)