温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月30日

清く 貧しく 美しく


 「貧乏ですかーーっ?」
 「貧乏ならば何でもできる!」

 会うと、そう言って、いつも2人は笑い合います。


 Mさんとは、本当に長い付き合いです。
 今年で、ちょうど30年になります。
 僕が東京から帰ってきたばかりで、地元のライブハウスあたりでタラタラ歌っていた頃に出会いました。

 Mさんも、まだその頃はバンドでドラムなんか叩いていて、ちょっと陰のある寡黙な人だったけど、穏和でやさしい頼れる兄貴的存在でした。
 そうです、Mさんのほうが僕より年上です。

 まったく性格も嗜好も違う2人なのにね。
 なぜか、長い人生を遊んでもらっています。

 ただ、2人には、1つだけ共通点があるんですよ。
 それは、“人に頭を下げられない”んです。
 かっこよく言えば、唯我独尊の一匹狼!
 でも本当は、組織の中で 「耐える」 「忍ぶ」 ことができない、ただの “わがまま” な男なんですけどね。

 だからMさんも僕同様に、勤めたことはあっても、すぐに会社を辞めてしまい、結局は自分1人で仕事をしています。
 「子どもたちにはさ、お父さんは社長なんだぞっ!って言ってるんだけどさ。従業員はいないしね。バカにされているよ」
 なーんて言っていた時代もありましたが、どーしてどーして、大したものですよ。
 自宅の敷地内に工房を持つ、一国一城の主(あるじ)であります。
 2人のお子さんだって、立派に育て上げました。

 ただね、一国一城の主といっても、所詮は、僕と同じ個人事業主です。
 “一人力” でこなせる仕事の量にも、稼げる金にも限度というものがあります。

 やはり、ついてまとうのは “貧乏” の二文字です。


 「ジュンちゃんさ、俺は最近、つくづくサラリーマンは偉いって思うんだよ。だって、イヤな上司やイヤ仕事にも頭を下げて、ストレスためて、何十年って生きてるんだからさ。俺には、できねぇ~な~」
 結局、僕らはそれができなかったから、今の人生を仕方なくやってるんじゃないですか!

 でもね、僕も最近は、そう思います。
 この世で一番偉いのは、サラリーマンじゃないかってね。
 だから、僕らなんかより何十倍も給料をもらっていても、文句なんてありませんよ。
 あんたたちは、偉いんだから!
 よっ、企業戦士!


 でも、公務員はいけません。
 市民、県民、国民の血税をもらって生きているんですから。
 ちゃーんと、市のため、県のため、国のために勤め上げてくださいよ。

 「しっかしさ、どーなっているんだろうね。今の教師はさ・・・」
 と、今日も今日とて渋茶をすすりながら、僕とMさんは時事(ジジイ)放談に花を咲かせます。

 テーマは、例の地方公務員の “駆け込み退職” であります。

 3月末で定年退職を迎える地方公務員の一般職と警察官、教員のうち、退職手当の引き下げを前に退職したか、退職を希望した人が、8県で460人を上回ったという、あのニュースです。
 なかでも埼玉県では、教員が123人もいたというじゃあーりませんか!(本当にたまげた!)

 えっ? 税金もらっていて、最後まで勤め上げないんですか?
 担任もっている先生だっているよね?
 「あっ、あの人。可愛い教え子たちより、150万円に目がくらんだ人だぁ~~!」 なんて死ぬまで後ろ指をさされますよ!

 えっ、それでも150万円のほうがいい?


 「でもさ、それでも退職金が2,500万円以上もらえるんだぜ。俺たち、なーんもないもんね。あー、そう思うと、ムカムカしてきた~!」
 と、オヤジ2人は酒も飲まずに、渋茶で大興奮であります。


 先生、あなたは、ただの公務員じゃないでしょ?
 先生とは、教え子がいて、先生なんですよ。
 聖職に就いている者としてのプライドはないのですか?

 たぶん、生き方の “美学” なんて、持っていないんでしょうな。
 あーあ、とりあえず群馬県は、1人も退職者がいなくてよかった・・・。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 御用だ!! 「小暮」 (2018-01-15 13:45)
 フラッシュバック (2018-01-12 12:15)
 年賀御礼 ~見知らぬあなたへ~ (2018-01-08 18:58)
 人生に楽園があるとすれば (2018-01-06 12:04)
 天命元年 (2018-01-04 13:41)
 1+1が9になる日 (2018-01-02 13:37)

この記事へのコメント
全く同感!
同じようなことを先日友人と話してました。
「150万円もらえなくても、2000万円もらえればいいじゃん」と。

それともこれは、フリーのひがみでしょうか??
Posted by ゆう at 2013年01月31日 07:10
小暮 様へ

自分が選んだ人生は、厳しく険しくても、大変だとは思わないものです。
たとえ貧しくても、喰って行ければ、それで良いのでは…。

地方公務員の早期退職に関しては、この制度自体が問題のようですが、埼玉県の一部の教職員の方々の、志の無さには言葉を失いました。
群馬県は月の設定が早かったようで、埼玉県のような問題が起こらなかったという噂も、ちやほや聞きますが。

金に魂を売った地方公務員の方々には、誠に残念でなりません。
Posted by 毘 at 2013年01月31日 16:50
ゆうさんへ

僕らには、一発逆転満塁場外ホームランがあるではありませんか!
おのれを信じましょう!


毘さんへ

お久しぶりです。
確かに群馬県をはじめ栃木、東京などは、月の設定が早かったため、“駆け込み” をすると早期退職とみなされるようですね。
埼玉県だけがなぜ?という疑問も残りますが、それにしても情けない話です。
Posted by 小暮 at 2013年01月31日 17:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
清く 貧しく 美しく
    コメント(3)