温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月31日

榛名湖温泉 「ゆうすげ元湯」「レークサイドゆうすげ」②


 これだから温泉は面白い!
 飽きることが、ありません。


 “現場百遍”
 これが僕の取材における鉄則であります。
 1回より2回、2回より3回・・・
 訪ねれば訪ねるだけ、新しい発見があるものです。

 今日、またしても、目からウロコの新発見に、心をときめかして参りました。


 榛名山腹の榛名湖。
 県内でも数少ない、天然湖のほとりに湧く温泉が榛名湖温泉です。
 現在、2軒の宿泊施設があります。
 「ゆうすげ元湯」 と 「レークサイドゆうすげ」。
 現在は、どちらも同一会社が経営しています。
 が……、それは平成になってからの話。

 でも、この温泉。
 昭和40年代から源泉がありながら、諸般の事情により、なかなか世に出なかった波乱万丈の幻温泉だったのです。
 ※(温泉の誕生秘話については、当ブログ2010年5月22日「榛名湖温泉 ゆうすげ元湯 レークサイドゆうすげ」を参照ください)


 今日の榛名山は、雲ひとつない、どピーカンの青空が冴え渡っていました。
 路肩に積雪はあるものの、湖畔を周遊する道路は通常走行が可。
 湖面は全面凍結していて、それはそれは、美しい風景でありました。

 「どうも、ご無沙汰しています」
 と 「ゆうすげ元湯」 で出迎えてくださった中島美春社長と小野浩司支配人。
 小野さんとは、2年半ぶりの再会です。
 中島さんは、その後、僕の本の出版記念パーティーでお会いしていますが、それでも約2年ぶりです。

 あいさつもそこそこに、通りを渡って、湖畔に建つ 「レークサイドゆうすげ」 へ。
 お約束の入浴シーンの撮影を、先に済ませることにしました。

 ここは内風呂しかありませんが、県内屈指のレイクビュースポットです。
 湖側が全面ガラス窓で、入浴中の目線が湖面の高さにあるのです。
 昔、“お魚になった私” なんていうテレビCMがありましたけど、気分はまさにワカサギです!(意味がよく分からないって?)

 で、僕のお気に入りは、眺望だけではありません。
 これぞ、“正しいかけ流し風呂” の模範のような浴槽こそ、イチ押し!であります。

 浴槽の形は、やや左ドッグレッグに曲がっていますが、源泉の注ぐ 「湯口」 が奥、オーバーフローする 「湯尻」 が手前と、理想的な造りをしています。
 そして、手前がぬるく、奥が熱い。
 完璧であります。
 これなら、あつ湯好きでも、ぬる湯好きでも、どちらの人でも入れます。

 う~~~ん!極楽極楽・・・

 仕事とはいえ、朝から極上の湯をいただいてしまって、申し訳ありましぇ~ん!
 と、白銀の榛名湖を眺めつつ、至福の時間を満喫していました。
 ところが・・・

 んっ?
 あれ?
 何かが違う。

 なんだ?

 あっ、色がない!

 そうです。僕が拙著 『群馬の小さな温泉』(上毛新聞社) の中で、<カーキ色の湯が湧く湖畔の湯治場>と形容した、白いタオルが生成り色に染まるほどの濃厚な褐色の湯が、なぜか今日は透明なのですよ。

 さては、源泉が涸れたか、湧出量が極端に減少したため加水したか?
 と、謎を解き明かそうと、あれやこれやと詮索していたのであります。

 ところが!
 浴室から出るやいなや、「レークサイドゆうすげ」 の富澤浩一支配人が僕を待ち構えていて、
 「突然、震災以降、湯の色が消えたんですよ。ところが成分は、まったく変わっていません。不思議なんです」
 と、開口一番。

 おっと、それは、たまげた。
 それより、僕に報告してくれた、その正直さに胸を打たれました。
 いつぞやの、温泉に色をつけたという偽装問題を起こした某温泉地とは、大違いである。

 温泉だもの、日によって、色も温度も異なるのが自然というものです。
 これで、いいのです。
 あるがままが、天然温泉の “あかし” であります。


 と、と、ところがーーーーっ!
 湯上がりに、「ゆうすげ元湯」 にもどって、中島社長と小野支配人とコーヒーを飲みながら雑談をしていたときです。

 「そーなんですよ。レークサイドは色が消えたんですが、逆に湯元のほうは色が付いたんです。以前と、逆転してしまいました」

 な、な、なんですとーーーっ!

 2軒は同じ源泉から引湯しています。
 もし、地震の影響で地下の湯脈に異変が起きたのだとすれば、両方とも色が消えるはず。
 なのに以前は、ろ過していたために色がなかった 「ゆうすげ元湯」 の湯に、なぜ突然、色が付き出したのだろうか?

 「我々も、理由がわかりません。本当に温泉って、不思議ですね」
 と、中島社長。


 と、いうことですから、みなさん!
 榛名湖温泉に行ったら、両方の湯に入ってみましょうね。
 (宿泊客は、どちらの浴室も利用できます)
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
榛名湖温泉 「ゆうすげ元湯」「レークサイドゆうすげ」②
    コメント(0)