温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月03日

マロ君、現る。


 6年前の、ちょうど今頃でした。
 年番の仕事で、地区の公民館にいたときです。
 ※(年番については、一昨日のブログ「我は神の子なり」を参照ください)

 1本のメールがケータイに入りました。
 送り主は、家内です。

 <犬がいるよ>

 犬? なんのことだ?
 意味が分かりません。
 どこにいるんだ?
 まったく、意味不明です。

 何かの間違えかもしれないし、別に急ぎの用件でもなさそうだ。
 そう思って、返信もせずに放っておきました。


 その晩、家に帰って、驚いたのなんのって、僕は腰を抜かしそうになりました。
 家の中に、犬がいたのです。

 「だから犬がいるよって、メールしたでしょう!」
 と言われても、納得がいきません。
 だって、僕は根っからの犬嫌いなんですから!


 長女のときも、長男のときも、「犬を飼いたい」 と言われ、「ダメだ!」 と一蹴に伏してきました。
 7年前、次女がみたび 「犬を飼いたい」 と言い出したときも、「お父さんが犬嫌いだからね」と家内がなだめていましたから、まさか、こんな事態が起きるとは夢にも思っていませんでした。

 どうも、今度ばかりは、僕1人を敵に回して、家族全員で強行突破に出たようです。
 でも、僕の犬嫌いは筋金入りですからね。
 小学校1年生のときに、友人の家の犬に噛まれて以来の “犬アレルギー” です。
 どんなに小さな犬でも、可愛いと思えません。
 いえいえ、大きさではなく、オバQと同じで(古い!) とにかく怖いのです。

 「どうしたんだ、この犬は?」
 僕の犬嫌いは家族全員知っていますから、よそからもらってくるわけがありません。
 「当たったのよ」
 と、涼しい顔で答える家内。
 「当たっただぁ~~?」

 なんでも次女にせがまれてペットショップへ行ったら、1等から3等までは本物の犬が当たる福引をやっていたんだそうです。
 「私が当てたんだよ、2等!」
 と、うれしそうにはしゃぐ次女。
 「おいおい、オレが犬嫌いと知って、福引をやったのかよ?」
 と家内を攻めると、
 「だって、当たるとは思わなかったのよ。当たっちゃったものはしょうがないじゃない。可愛いわよ、チワワ」

 チワワだ?
 犬嫌いでもチワワぐらいは知っているが、テレビのCMに出てくる目がクリクリっとした愛くるしい顔のチワワとは、似ても似つかないブサイクな顔をしている。
 目は小さいし、鼻は白いし、しかも、その鼻に鼻クソみたいなシミがある。
 髪の毛が、やたらに長いのも気に食わん。

 「チワワじゃねーだろ、これ?」
 「ちゃーんと血統書付よ。チワワのロングコートっていうんですって」

 「ダメだ! すぐに返してきなさい!」
 と、僕はゲージのなかにいる茶色の毛むくじゃらの生き物を指さして言いました。
 「なんで~、可愛いじゃない。お父さんだって、毎日いれば可愛くなるよ」
 と、必死に説得を始める次女。

 その日は、そのまま2階の仕事部屋に閉じこもってしまいました。
 翌朝、階下へ降りて行くと、誰もいません。
 でも、犬はいます。

 家族はみんな、仕事と学校へ行ってしまい、僕と毛むくじゃらだけの生活が始まりました。
 これが、愛犬マロ君との出合いです。
 茶色の毛だからマロンのマロ。
 また、平安時代の公家のように目の上に白い斑紋があるので、麻呂のマロ。
 結局、僕が名付け親になってしまいました。


 犬って、犬嫌いの人がわかるみたいで、最初は全然僕になつかなかったのですよ。
 でも、必然的に1日の中で一緒にいる時間が一番多いのが僕だということもあり、気が付いたら一番僕になついていました。
 エサをくれて、散歩へ連れて行ってやり、一緒に昼寝をしてやけば、どんな犬だってなつきますよね。

 で、6年経って、犬嫌いは治ったのかって?
 とんでもない。依然、犬は大嫌いです。
 僕は猫派人間です。

 えっ、マロ君ですか?
 あいつは犬ではありません。
 犬の格好をした我が家の次男ということで、僕の脳は処理しています。
 あしからず。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
我が家には猫のシロ♂が居ます
今年の夏で四歳になります

夏に母が寺から貰って来た子猫でした当初派真っ白な猫でした!最近は黄ばんだのか茶トラ柄になっています(^^;


僕も猫派かもしれません♪犬も好きですけれど(笑)前の家の犬のハヤト♂と仲良しです

次男のマロ君と散歩を御一緒したいですね♪
Posted by うえちゃん at 2013年02月04日 13:03
うえちゃんへ

僕も昔、子どもの頃に、トラ猫を飼っていました。
名前は 「サニー」。息子という意味です。
死んだときの悲しみを作文にしたら、市内のコンクールで賞をいただきました。
Posted by 小暮 at 2013年02月04日 20:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マロ君、現る。
    コメント(2)