温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月04日

尻焼温泉 「関晴館」③


 「関晴館」 と聞いて、尻焼温泉を思い浮かべた人は、通ですね。
 花敷温泉では?と思った方、なかなかのマニアです。
 どちらが正解か?と言えば、どちらも正解ですが、現在は尻焼温泉にしか 「関晴館」 はありません。

 平成21年に花敷温泉の 「関晴館」 が廃業。
 翌22年の六合(くに)村と中之条町の合併を機に、尻焼温泉の 「関晴館別館」 が 「関晴館」 を名乗っています。
 ※(関晴館の歴史については、当ブログ2010年5月13日「尻焼温泉 関晴館・旧別館」と2011年8月24日「尻焼温泉 関晴館②」を参照ください )


 僕が最初に尻焼温泉の関晴館を訪れたのは3年前に出版した拙著 『ぐんまの小さな温泉』(上毛新聞社) の取材でした。
 その時は4代目若主人の関安典さんに、お話を聞きました。

 2度目は、その翌年。
 NHK文化センターの温泉講座で、お訪ねしました。
 季節が夏だったので、宿の風呂以外にも、水着を持参した受講生らは、名物の野天川風呂に入りました。

 そして今日は、3代目女将の関ますみさんに会いに行ってきました。
 昭和元年に、現在の場所に祖父が別館を建てたいきさつ。
 長野原町生まれの女将が、故・3代目主人と出会い、旅館に嫁ぐまでのいきさつ。
 花敷温泉の本館の廃業、そして別館からの改名・・・

 温泉旅館とは、訪ねれば訪ねるほど、話を聞けば聞くほど、
 まさに “宿の数だけ物語がある” ものです。


 今回訪ねて、何よりもうれしかったのが、ロビーで僕の著書を2冊も売ってくださっていたことです。
 だって、前述の 『群馬の小さな温泉』 に加え、ここの宿が掲載されていない 『ぐんまの源泉一軒宿』 までもが売られていたんですよ。
 これって、女将さんと若主人の懐の大きさが見えてうれしいじゃないですか!
 自分のうちだけを宣伝するんじゃなくて、群馬の温泉宿全体をPRしてくれているのですから。
 頭が下がります。


 さてさて、取材が終われば温泉です。
 それも、自慢のかけ流し風呂。
 何が自慢かって、その豊富な湯量ですよ。
 毎分294リットル!
 しかも、源泉の温度は54.6度という、真冬でもアツアツの高温泉です。

 この時季、大きな露天風呂を加温も循環もせずに、かけ流しにできる温泉宿は、なかなかありませんよ。
 それも、半端ない量の湯が、ザバザバとオーバーフローされながら、そのまま長笹沢川へと流れ落ちて行きます。

 実は今回、初めて女風呂に入りました。
 ていうか、現在は時間によって内風呂も露天風呂も男女が入替制になっていますが、以前は別々だったのです。
 女風呂ほうが風呂は小さいのですが、露天風呂の位置が男風呂と違うんです。
 急な階段を下りた川床に造られているんです。

 これは、もう露天ではなく、完全なる野天なのであります(そのため河川の増水時には冠水します)。

 一度、入ってみたかったんですよ!


 いやいや、手を伸ばせば届きそうな距離に川面があるではないですか。
 ちょっぴり、怖かったりもしますが、これこそが野天風呂の醍醐味です。

 関晴館へは行ったことがあるけど、まだ未体験という男性のみなさん!
 ぜひ、今度はこちらの風呂も体験してみてくださいね。

 病み付きになること、間違いありません。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
尻焼き温泉は川の温泉のイメージが強いですね♪

尻焼温泉で地元の人しか知らない野湯を御存じですか?
Posted by うえちゃん at 2013年02月04日 23:08
尻焼き温泉は川の温泉のイメージが強いですね♪

尻焼温泉で地元の人しか知らない野湯を御存じですか?
Posted by うえちゃん at 2013年02月04日 23:09
うえちゃんへ

場所は知っていますが、入ったことはありません。
Posted by 小暮 at 2013年02月05日 10:48
野天風呂 とても勇気が要りましたが、体験出来てとってもよかったです。入浴して素適なたのしい思い出が出来ました。講座ならではの体験でした。ありがとうございました。いつも実現は出来ないのですが「温泉ひとり旅」に憧れておりますが、野天風呂に入るなどというのは、やっぱり講座ならではのたのしさですね。今年もたのしみに致しております。よろしく。
Posted by しをちゃん at 2013年02月06日 15:36
しをちゃんへ

4月開講の新講座に向けて、現在、センターと綿密な打ち合わせをしています。
今年度も、魅力あふれる温泉をラインナップしました。
今春、また元気にお会いしましょう!
Posted by 小暮 at 2013年02月07日 01:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
尻焼温泉 「関晴館」③
    コメント(5)