温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月06日

湯宿温泉 「旅館 みやま荘」


 湯宿(ゆじゅく)温泉の全宿制覇!


 開湯1200年の歴史を持つ湯宿温泉には、現在、6軒の温泉宿があります。
 21代目を名乗る老舗旅館の 「湯本館」 をはじめ、「太陽館」 「大滝屋」 「常盤屋」 「金田屋」 。
 そして、最後に残った 「みやま荘」。
 湯宿温泉で、一番新しい旅館です。

 最後の1軒。
 これで、湯宿温泉の全宿の全湯を制覇することになります。
 ついに、その日が来ました。

 昨日は昼から、みなかみ町の旧新治村地区に入り込み、取材を続け、夜は 「旅館 みやま荘」 に泊めていただきました。


 一番新しい宿といっても、昭和42(1967)年の創業です。
 現主人の籾山隆志さんの祖父の実弟が、旅館を始めました。

 “みやま荘”

 どこにでもありそうな、ありふれた旅館名ですよね。
 でも、この名前には、実に楽しい言葉遊びが隠されているんです。

 「初代の名前が、籾山荘七っていうんです」
 正直な話、そう言われただけでは、分かりませんでした。

 「これが、創業時の看板です」
 と、主人が玄関ロビーに掲げられた古い横書きの看板を指差しました。
 「旅館名の頭に “も”、最後に “七” の字を付けて読んでみてください」

 も ・ み ・ や ・ ま ・ 荘 ・ 七

 なーるほど!
 創業者の名前の頭と最後の字を取っただけなんですねぇ~!

 これは、面白いネーミングです。


 初代創業者は、定年まで学校の校長先生をしていました。
 退職後に、地元の湯宿温泉で温泉宿をやるのが夢だったといいます。
 きっと、若い頃からこの言葉遊びに気づいていて、旅館を始めたら絶対に付けようと考えていたに違いありません。
 素敵な話じゃありませんか!


 旅館は平成17年に全面改装をしているため、外観も館内もとってもキレイです。
 その時に建てた浴室棟は、贅沢(ぜいたく) な総ヒバ造り。
 木の香りに包まれた湯小屋風風呂は、完全かけ流し。

 そして、そして、何よりも ビ、ビ、ビックリしたのは、宿泊料金です。
 なんと、1泊2食が5,850円~!
 それも、食事は部屋食に、二度ビックリ!


 いやいや、群馬の温泉は奥が深いのであります。
 知っているようで知らない温泉旅館が、まだまだありますぞぉ~!

 やっぱり、1軒の温泉宿に行っただけで、その温泉地を知ったつもりになってはいけませんね。
 すべての宿、すべての湯に触れて、初めて、その温泉地が見えてくるものなのかもしれません。

 これだもの、温泉ライターをやめられませんね。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
小暮淳様、今晩は。

湯宿温泉 みやま荘さん、小生お気に入りのお宿のひとつです。

いや、小生よりも、最近めっきり足腰が弱くなってしまった、小生の両親(二人とも所謂後期高齢者)が、なのですけど。

こういった規模の宿泊施設には珍しく、エレベーターで地階の湯殿まで移動が出来る点が、何よりお年寄りには有り難いことなようデス。

小生にとりましては、3人分のお代を支払っても、薄給のおサイフにとても優しいトコロが、なのでして(笑)

2万円でお釣りがくるんですから・・・
Posted by 埼玉の孤狼 at 2013年02月07日 22:58
埼玉の孤狼さんへ

そうですか、それは素晴らしい!
よく見つけましたね。そして、なんて親孝行なんでしょう!
主人いわく、「お年寄りにやさしい旅館にしたかったのでリニューアルしました」。
エレベータしかり、廊下や階段の手すりにも、やさしさを感じますね。
Posted by 小暮 at 2013年02月08日 17:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯宿温泉 「旅館 みやま荘」
    コメント(2)