温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月10日

好きなことと上手なこと


 “好きこそ物の上手なれ” などと言います。

 好きでやることには、熱も入るし、勉強や工夫もするので、自ずと上手になるという意味です。
 そもそも、好きであることが、そのことについての天分があるということです。

 僕の周りを見ても、料理が好きな人は料理が上手いし、ギターが好きな人はギターが上手です。
 上手になりたかったら、まずは、そのモノを好きになることが最低限不可欠のようであります。

 スポーツにしても、音楽にしても、芸術にしても、イヤイヤながらやっていて上手な人はいませんものね。

 <好き=上手>は、確かに成立するようですが、その好きなモノが仕事になっている人となると、極端に稀少な人となってきます。
 <好き=上手=仕事>は、誰もが描く理想! あこがれであります。

 と、いうことは、必ずしも<上手=仕事>にはならないということです。
 好きなモノは上手になるけど、上手なモノが仕事になるとは限らない。
 ここに、アマチュアとプロの大きな壁があるわけですね。


 では、逆は、また真なのでしょうか?

 “上手こそ物の好きなれ”

 う~ん、必ずしもそうじゃないような気がしますね。
 「仕事で仕方なくやっていて、技術はあるけれど、好きじゃない」 なんて人は、いそうです。
 要は、食べていくために上手になった人たちです。

 でも、なかには、「最初は仕事で覚えて上手になったんだけど、だんだん面白くなって好きになっちゃった」 てなこともありますよね。
 <仕事=上手=好き>のパターンです。
 この人は、好きなモノを仕事にしたんではなく、仕事が好きなモノになったんですね。


 で、僕は、自分はいったいどのパターンなんだろうか?と、ここ数日間考えていました。
 だって、人から 「いいですね、小暮さんは、好きなことを仕事にして」 とか 「小暮さんは、趣味が仕事なんだか、仕事が趣味なんだか分かりませんね」 なーんて言われることが多いんですよ。
 そのたびに 「えっ、そうだろうか?」 と、自問自答してしまうのです。

 だって、好きなことを仕事にしたつもりも、趣味を仕事にしたつもりもありませんもの。
 ただ、ライターという仕事も、温泉というテーマも “興味” がありました。
 興味があるから仕事にして、好きになって、多少他人よりも上手になったというわけです。

 <仕事=好き=上手>のパターンをたどりました。

 ですから、よく趣味と間違われるのは、興味があるものをテーマに選んで仕事にしてしまうので、楽しそうに遊んでいると勘違いされやすいのかもしれません。


 先日も、家内と金のことで口論になりまして、キレた家内が、
 「本当に、仕事しているの?」
 と先制口撃を仕掛けてきました。
 「見れば分かるだろう!こんなにも飛び回っているじゃないか!」
 と言い返せば、
 「お酒飲んでいるだけじゃない」
 と、ズバッと急所を突いてきました。

 だから言ってやりましたよ。
 「それが仕事なんだ!」
 ってね。

 そしたら、なんて言ったと思いますか?
 「その仕事、私が換わりましょうか?」
 ですって。

 てやんでぇ~、換われるものなら換わってみろってんだい!
 と言い返してやろうと思ったのですが、止めました。
 だって、本当に換わられてしまったら、僕は明日から失業ですからね。


 ところで、みなさんは、仕事が好きですか?
    

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)

この記事へのコメント
小暮 様
初めてコメント入れさせて頂きます。Car整美フォルムの久保田と申します。
私は、仕事好きですがなかなか儲かりません。上手ではないという事だと認識しています。。。。

先日2月2日のブログ “ざけんなよ!” よかったです。私には兄がおりますが、多分兄の世代と同じかなと思います。兄の影響で私は井上陽水が好きです。 小暮様のFM群馬でのお話、ちょっと聞いていてなんか聞いた事あるお名前だなと思っていたら、ぐんブロでめちゃくちゃ有名な人だと知りました。

ブログ内の“ちょっとインドまで”もとても興味深いお話です。それと全国放送おめでとうございます。

長々とすいません。今後もご活躍を楽しみにしています。
Posted by Car整美のフォルム at 2013年02月10日 22:22
向いてる(腕を上げる才能) 
が、あるかないかで仕事が好きと (強く) 思える気がします。
見極めたいところです、自分のこと

家事、夫の世話、姑の見守り、家業は、論外、義務感の他になにもなし(笑)
Posted by ぴー at 2013年02月11日 10:58
Car整美のフォルムさんへ

はじめまして!
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ラジオも聴いていただいたとのこと、うれしい限りです。
これからも、よろしくお願いいたします。


ぴーさんへ

僕は自分の子どもたちに、「夢中になれるモノを見つけろ!」 と言い続けています。
夢中になれるモノを見つけた人が、人生の勝者だと思うのですよ(決して、世の中の勝者ではない)。
Posted by 小暮 at 2013年02月11日 11:40
こんばんわ(^-^ゞ

難しかしいテーマですね(汗)
好きな事=得意な事の方程式は成立しないと感じます!

自分は料理が好きで冷蔵庫の残り物で作る料理は得意です♪

冬期は週末はスキーで満喫していますが…依然としてれべるUPはしていません!

スキーの場合は自己満足の領域で強者に達したい今日この頃です(笑)

昨日は仲間と嬬恋にスノーシュー登山でしたよ♪

帰りに嬬恋温泉 つまごい館で入浴♪小じんまり温泉宿が仲間にも好評でした♪

最後に好きな仕事に就いている人は少数です、好きな仕事で働いている人が羨ましいですね
Posted by うえちゃん at 2013年02月11日 21:09
うえちゃんへ

嬬恋温泉の「つまごい館」は、群馬で唯一、無人の終着駅にある一軒宿。
先日、女将さんと久しぶりに電話でお話をしました。
元気そうで、なにより。
今年は、もう一度、じっくりと県内の一軒宿をめぐってみようと思っています。
Posted by 小暮 at 2013年02月12日 11:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
好きなことと上手なこと
    コメント(5)