温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月15日

湯檜曽温泉 「なかや旅館」


 温泉旅館は、進化しています。


 昨日は午後から湯檜曽(ゆびそ)温泉にて、取材活動。
 そして夜は、女将さんのご厚意により 「なかや旅館」 に泊めていただきました。

 宿を訪ねるのは初めてですが、3代目女将の阿部直美さんにお会いするのは2回目です。
 以前、イベントで、ご一緒しました。

 「今度、取材に伺います。よろしくお願いします」
 と、あいさつすると、
 「はい、お話は聞いております。こちらこそ、よろしくお願いいたします」
 と、満面の笑みをたたえながら、僕を見つめてくださったのであります。

 えっ、見つめたんじゃなくて、見ただけだって?
 う~ん、そうかも知れませんが、僕には見つめながら微笑んだように思えたんですよ。
 そのくらい、笑顔が素敵な女将さんです。

 僕も、これだけ各地の温泉旅館を回っていますから、美人の女将さんには、ずいぶんとお会いしています。
 それはそれは、目が覚めるような美人女将もいましたよ。
 でもね、笑顔が美しい人となると、そうはいません。
 数えるほどです。

 で、「なかや旅館」の女将さんは、その笑顔がバツグンに可愛い人です。
 きっと、常連の中には、女将さんの笑顔に惹(ひ)かれて通ってくる客も多いんでしょうね。

 えっ、僕ですか?
 はい、初めてお会いしたときから、大ファンになってしまいました。


 しかし宿とは、聞くと、見るとは大違いですぞ!
 「なかや旅館」 のイメージは、小ジャレてて、若い人に人気があって、「天空の湯」 と呼ばれる星空に手が届きそうな露天風呂がある宿・・・。
 実際、旅館もキレイで、センスはいいし、若いお客さんも多いいし、高い所に絶景の露店風呂はありました。
 でもね、それだけじゃないんです。

 驚きました!

 徹底した “赤ちゃん大歓迎の宿” なんですよ。

 僕も以前に、「赤ちゃんプラン」 を打ち出している旅館をいくつか取材したことがありました。
 でも、そのほとんどが “赤ちゃんも泊まれる宿” 程度だったんですね。
 なかには、プランを作ったものの、集客が思わしくなくて、止めてしまった宿もあります。

 ところが、ここには・・・

 キッズルームがあります。
 ベビー用品を無料貸し出ししています。
 料理に赤ちゃんメニューがあります。
 そのほか、部屋にはベビーソープ、湯船の温度計、赤ちゃん用綿棒、つめ切りなどなど……

 僕が驚いたのは、トイレに赤ちゃん用トイレまであったことです。

 そして、極めつけは、ベビー専用の浴槽が館内に4ヵ所もあることです。
 もちろん、露店風呂にもあります。

 「私が子育てをしていて、一番ストレスがたまるその世代のママたちが、気兼ねなく行ける温泉旅館が少ないことに気づいたからです」 と、女将が15年前に考えたプランなんですって。

 いゃ~、取材中も、本当に赤ちゃんを連れた若い夫婦が、何組もやってきましたよ。
 なかり、都会のヤングママ層には広まっているようです(駐車場の車は県外ナンバーがほとんどでした)。


 現在、温泉旅館はどこでも、顧客の高齢化が深刻な問題となっています。
 「うちはリピーター率80%だよ」 と言っている宿も、実は先代からの常連客で70歳以上の人たちがほとんどです。
 間違いなく、あと何年かすれば、このリピーター率は下降線をたどります。

 次世代、次々世代の顧客確保が必至であります。

 そんな現状の中で、ここ 「なかや旅館」 は、確実に “未来の顧客” をつかんでいると言えそうです。


 たぶん、女将さんの笑顔に、赤ちゃんもママも、安らぎを覚えるのかもしれませんね。
 いや、一番癒やされているのは、パパたちかな?
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)

この記事へのコメント
NHK聞きましたよ。人前?でお話をするのが慣れていらっしゃるんですねー。
流暢に話されていて、驚きました。
最近、PODCASTやスマホのソフトで地方のラジオを楽しんでいます。
FM群馬の番組も面白かったです。
Posted by 小暮茂 at 2013年02月15日 20:30
小暮茂さんへ

本当に聴いてくださったんですね。
ありがとうございます。
まあ、長年ライブ活動はやっていますし、セミナーや講演会、ラジオ番組のパーソナリティなんかもやってましたので、なんとかソツなくこなしています。
Posted by 小暮 at 2013年02月16日 01:53
昨日は、ご苦労様でした

ミニコンサートの曲は、オリジナルソング以外、全て歌えました(笑)

やっぱり、同年代なんですね~

おやじバンドばんざ~い!
Posted by ヒロ坊 at 2013年02月17日 19:26
ヒロ坊さんへ

やっと、ヒロ坊さんとお酒が飲めましたね。
ご夫婦での参加、ありがとうございます。
これからも末永く、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 at 2013年02月18日 00:35
小暮師匠

本当に、呑むまでに長い時間がかかりました。

これからは、家内公認で前橋でも飲めますね(笑)

こちらこそ、末長くよろしくお願いいたします。
Posted by ヒロ坊 at 2013年02月18日 17:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯檜曽温泉 「なかや旅館」
    コメント(5)