温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月19日

湯宿温泉 「ゆじゅく金田屋」③


 2年前の2月より、僕は朝日新聞の群馬版に隔週で 『湯守の女房』 という連載を書いています。
 これは、温泉旅館に嫁いだ女性(女将) を取材して、その波乱万丈な人生や孤軍奮闘する日常を紹介する記事です。
 現在(2月13日掲載)までに、37軒の宿、42人の女将さんと若女将を紹介しました。
 ※(過去に掲載された記事は、当ブログ内の「お気に入り」から閲覧することができます)

 昨年の2月からは、『湯守の女房』の連載1周年を記念して、番外編 『おやじの湯』 の連載を隔月にてスタートしました。
 これは、読んで字のごとく、“おやじ” こと宿の主人= “湯守” を取材した記事です。
 でも、ただ話を聞いて記事を書くのでは、『湯守の女房』 の女将さんがご主人に替わっただけて芸がありません。
 そこで考えたのが、「湯浴み対談」であります。

 男同士、裸になって温泉に入り、湯の中で対談をするという前代未聞の企画です。
 日本広しといえども、たぶん、こんな記事を連載しているのは、朝日新聞だけじゃないでしょうかね!
 筆者と湯守の、ガチンコ温泉談義であります。
 こちらも先月までに、6人の “おやじ” たちを素っ裸にして、その入浴シーンを新聞紙面に紹介しました。


 群馬県内の温泉地には、まだまだ、たくさん名物 “おやじ” が隠れていますぞ!
 明治元年創業の湯宿温泉 「金田屋」 の5代目主人、岡田洋一さんも、その1人。

 僕は3年前に初めてお会いしたときから、その風貌と人柄に魅せられてしまったのです。
 さらに、酒を飲んで語り合ったら、これまたウマが合ってしまい、ますます惹(ひ)かれてしまいました。

 何より興味を抱いたのは、その破天荒で波乱万丈な人生です。

 老舗旅館の長男に生まれながら、放浪癖があり、世界中を飛び回っていました。
 アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア・・・・
 訪ねた国は、約20カ国!
 それも1人でてはなく、奥さん(現・女将) も一緒です。

 2人で世界を旅しながら放浪して、結局、実家である旅館に戻ってきたのは39歳だったといいます。


 もう、話が面白くて、グイグイと引き込まれてしまいましたよ。
 取材であることを忘れてしまったくらい、僕には興味深いアウトローな人生話でした。

 「世界中を旅して、一番感じたことは何ですか?」
 と、最後に僕が質問すれば、
 「地球は丸いってことだね。確かに体で感じたよ」
 とは、お見それしました!

 今でも宿には、ご主人と同じ価値観を持った、同じ匂いのする、自然を愛する人たちが集まって来るそうです。


 「湯宿温泉はね、還暦温泉っていうんだ」
 「還暦ですか?」
 「ああ、この湯は60年前に三峰山に降った雨が、今日、湧き出て来たんだよ」

 湯の中で、主人が僕に教えてくれました。

 「じぁあ、この湯は、僕が生まれる6年も前に降った雨なんですね」
 「そういうこと。不思議だよね、温泉ってさ」
 そう言って笑った、ご主人の笑顔に、またしても魅せられてしまいました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
慌ただしい寒さと、生活で(笑)やっとパソコンに触り、ブログ読んで癒されましたーーー

地球は丸い、温泉は不思議
ぼーっと妄想タイム、、、地球の丸さの上で生きてますね
Posted by ぴー at 2013年02月20日 12:00
ぴーさんへ

そーですね。
丸い地球に湧く、不思議な温泉。
ときどき、人間の無力さを感じます。
だからこそ、温泉を愛してやまないのでしょうね。
Posted by 小暮 at 2013年02月21日 01:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯宿温泉 「ゆじゅく金田屋」③
    コメント(2)