温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月22日

上牧温泉 「辰巳館」⑥


 献残焼(けんざんやき)。

 その昔、高貴な人に献上した物のおすそ分けを焼いて食べたことから名が付いたという、上越地方の郷土料理です。
 川魚や地鶏、旬の野菜などを炭火で焼きながら食べます。

 辰巳館の名物なんですね。


 一昨年の秋のことです。
 こうやって炭火を囲んで、志を語り合ったのは……

 その日の午後、みなかみ町観光協会の会議室で、僕とディレクターと出版元の部長と協会の役員たちが顔を会わせ、侃々諤々(かんかんがくがく) と意見を交わしていたのであります。

 協会と出版元とのお見合いは成立したのですが、大きな問題が残りました。
 それは、みなかみ町には18の温泉地があり、75軒もの宿泊施設があるということです(※みなかみ町観光協会加入旅館)。
 到底、1冊の本には納まりきれません。


 「だったら、上下2巻で出版しましょう!」
 と、突然、沈黙を破った出版部長の発言に、一同、あ然!

 正直、僕は、そんな前代未聞の案が通るとは思いませんでしたよ。
 だって、もしGOサインが出たとしても、当然、1年では旅館を回りきれませんって。

 「来年の秋に上巻、翌年の春に下巻でいかがでしょう?」

 ま、ま、まさかーーーーッ!
 実際に取材をして原稿を書く著者の身にもなってよ~~!
 と、あせっていたら、意に計らんや、満場の拍手が鳴り響いていたのであります。


 そして、その晩。
 関係者が辰巳館に集まり、1年半後の完成を目指して、赤々と燃える炭火の前で献残焼を食べながら、長丁場となる戦への決意を固め合ったのでした。


 「ありがとうございます。もう少しですね。過ぎてしまえば、あっという間ですが、1年半前のあの日は、この日が来るとは信じられませんでした」
 と、4代目主人の深津卓也さん。
 深津さんは、観光協会の役員でもあります。

 上下あわせて、75軒の取材。
 そして昨晩は、74軒目の取材で上牧温泉の 「辰巳館」 を訪れました。
 本当は、昨日が75軒目で、祝杯を上げる予定だったのですが、1軒だけ取材日の番狂わせがあり、来週へ延期になってしまったのです。

 それでも、もう頂上は見えたも同じです。

 「カンパ~イ!」
 「ご苦労さまでした」
 「次は、出版記念パーティーですね」

 チロチロと炎を揺らしながら燃える炭火に当たりながら、山の幸を肴に、竹筒に入った日本酒をチビリチビリとやりだしたのでした。


 あと、1軒・・・

 もうすぐ、長い旅が終わります。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
朝なので珈琲で祝杯( ^^) _旦~~

九州的には、『まだまだいくばい!』ってかんじですね。
Posted by ぴー at 2013年02月23日 09:37
ぴーさんへ

コーヒーでの祝杯、ありがとうございます。
でも、最後まで気は抜けません。
終わり良ければ、すべて良し!
きっちりと、いい仕事をしまっせ!
Posted by 小暮 at 2013年02月23日 15:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上牧温泉 「辰巳館」⑥
    コメント(2)