温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年03月11日

あの日あの時、大胡温泉


 2011年3月11日 午後2時46分

 あの日、あの時を忘れません。

 そして生涯、忘れることのないように、

 あの日、あの時に居た場所で、

 今年も黙とうを捧げました。



 2年前の今日、僕は赤城山南麓にある大胡温泉の一軒宿 「旅館 三山センター」 に居ました。
 ※(震災当日の模様は、当ブログ2011年3月12日「大胡温泉ふたたび」、2012年3月11日「あれから1年、大胡温泉へ」参照)


 別に、自分でそう決めたわけではないのですが、昨年同様に、やはり地震発生の時刻が近づくと、居ても立ってもいられなくて、車を北へ走らせました。

 大胡温泉 「旅館 三山センター」 に着くと、駐車場には客の車は1台もなく、ひっそりと静まり返っていました。
 良く見れば、玄関には 「定休日」 の札が・・・

 <あちゃ~、そうだった!月曜休みだったよ。すっかり忘れていた>
 と、駐車場内でUターンをしたときです。
 偶然にも、庭仕事をしていた女将の息子さんが僕に気づきました。

 「小暮さ~ん、中にいますから、寄ってってください」

 息子さんとは、2年前の震災当日、一緒に旅館から外へ避難して、車の中でカーテレビを観た仲です。
 あれ以来、訪ねるたびに、美味しい料理を僕に作ってくれるのであります。


 「来るんじゃないかと思っていたんですよ。でも、あいにく今年は定休日に当たっちゃったから……。どうかなぁ、来るかなぁって息子とも話していたんですよ」
 と、女将さん。
 「昨日もね、去年、小暮さんと一緒に黙とうしたお客さんが来て、『明日、定休日だけど、小暮さん来るんじゃないの?』 って言ってたのよ」

 ありがたいですね。
 こうやって、定休日なのに、予告もなしに突然やってきた僕を、あたたかく迎え入れてくださって。
 そのお客さんだって、今日が定休日じゃなかったら、きっと今日来たでしょうね。


 女将さんとお茶を飲みながら、2年前のあの日あの時の話を今年もしました。

 僕らは、こうやって、あの日も今も、何不自由なく生活をしています。
 被災地の現状をテレビで観るにつけ、胸を締め付けられる思いになります。

 本来ならば、何か手を差しのべなくてはならないのでしょうが、現実問題、気持ちはあっても無力な自分を抱え込んだまま、ただいたずらに2年もの月日が流れてしまいました。

 できることと言えば、こうして震災当日に居た場所を訪れて、あの日の記憶を消さないこと。
 そして、黙とうを捧げ、一刻も速い東北の “復興” と “復幸” を祈ることぐらいです。


 午後2時46分

 僕は女将さんたちと、1分間の黙とうを捧げました。


 来年も、5年後も、10年後、20年後も ・・・
 ここに大胡温泉がある限り、自分の中で震災の恐怖を風化させないために、僕はここへ来ようと思います。



 PS.
 僕が大胡温泉に居ることをブログで知って、わざわざ黙とうを捧げに来てくださった読者のHさん。ありがとうございます。
 Hさんは2年前の今日、やはり大胡温泉に来ていた方です。
 あの日、Hさんが帰り、僕が訪ねた直後に、地震が発生しました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
私も今日は黙祷しました。昨年はどうだったかしら?
たまたま車を降りた途端にサイレン。そうだ!この時間、2年前はグループホーム勤務で夜勤のため、仮眠していた時間。
絶対に忘れない、あの日のこと。
しかし去年の今日はパート勤務していたけれど何も感じなかった。
やはり私はアホなのですね。
Posted by 草津っ娘? at 2013年03月12日 00:09
草津っ娘?さんへ

お久しぶりです。
お元気でしたか?
草津っ娘?さんは、いろいろな仕事をしていらっしゃるんですね。
ぜひ、またイベントに足を運んでください。
Posted by 小暮 at 2013年03月12日 18:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
あの日あの時、大胡温泉
    コメント(2)