温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年03月14日

サヨナラの代わりに


 3月は、移動の季節です。
 昨夜は、送別会に出席してきました。


 出会いは、2010年の12月。
 僕が、人生の師と仰ぐ木彫家で絵本作家の野村たかあきさんから、「ジュンちゃんに会わせたい人がいるから」 と飲み屋に呼び出されました。
 そして、会ったのが朝日新聞の I 記者でした。

 そうです、のちの “2代目海パンカメラマン” であります。


 「何か、群馬の女性をテーマにした温泉の記事を書いてほしい」
 との要望があり、誕生したのが 『湯守の女房』 であります。
 ネーミングは、当時、大流行していたNHKドラマの 『ゲゲゲの女房』 にあやかったことは言うまでもありません。

 翌年、20011年の2月より、隔週の連載が始まりました。
 さらに1年後の2012年2月からは、番外編として 『おやじの湯』 がスタート。

 現在、『湯守の女房』 が38回。 『おやじの湯』 が7回。
 通算で、45回の連載を続けてきました。

 が!

 次回、3月27日の 『湯守の女房』 の掲載をもって、最終回を迎えることになりました。

 本当に長い間、読んでいただき、読者の方々には大変感謝しております。


 連載が打ち切られる理由としては、僕の担当者である I 氏が、今月いっぱいで移動になってしまうからです。
 担当者が替われば? と思われる人もいるかもしれませんが、いえいえ、I 氏だからこそ続けて来られた連載記事なのであります。
 ここは、いさぎよく、スパッと最終回を迎えることにしました。



 午後6時30分。
 前橋駅南口の居酒屋に、3人が集合しました。

 3人とは、当然、I 氏と僕と、2年4ヶ月前に2人を引き合わせた野村たかあきさんであります。


 「カンパ~イ!」
 「お疲れ様でした」
 「2年間、ありがとうございました」

 ちょうど、昨日は 『おやじの湯』 の掲載日でした。
 残るは、あと1回。
 でも、その1回もすでに取材を済ませて、原稿も新聞社へ送ってあります。


 「そーだよな、オレが2人を引き合わせたんだから、感謝しろよ!」
 野村さんが口火を切って、連載までの思い出話が始まりました。

 ちなみに、『湯守の女房』 と 『おやじの湯』 の題字およびイラストは、野村さんの作であります。


 飲むほどに、酔うほどに、別れがつらくなってくる。

 出会いがあれば、必ずいつか別れがやってくるのが世の常だ。

 でも分かっていても、やっぱり、別れはつらい。


 今までにも、同じような別れを何度も繰り返してきました。
 手がけた雑誌の数だけ、スタッフとも別れてきました。
 連載の数だけ、担当者たちと別れてきました。

 だから、別れは必ずしも “サヨナラ” ではないことも、知っています。
 すべては、次なる人生へのステップのため ・・・


 I さん、2年間、本当にありがとうございました。
 新任地へ行っても、いい仕事をしてくださいね。

 そして、いつかまた、一緒に仕事をしましょう!

 だからサヨナラの代わりに、贈る言葉は、



 「じゃあ、またね」
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 秘密のH (2018-12-06 11:30)
 三人会 (2018-11-30 19:18)
 ちょっと、ひと休み (2018-10-19 11:27)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)

この記事へのコメント
このところ、出かけるとお会いできてうれしゅうございます。

なぜか、すーっと師匠さまが視界にいらっしゃいます(笑)

ワタシも♨に感謝です。沢山の普通では出会えなかった人に会えました!
Posted by ぴー at 2013年03月15日 11:23
ぴーさんへ

そういえば、確かに最近は、ぴーさんとお会いしますね。
不思議な縁ですね。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 at 2013年03月15日 17:16
なんと!!私たちも大変お世話になったIさんが。。。 ショックです。
是非よろしくお伝えくださいませ。 
Posted by しいこ みなかみ at 2013年03月18日 15:40
しいこ みなかみ さんへ

そうでしたね。
彼は、みなかみ町のことも取材して記事を書いていました。
今度は仕事ではなく、家族を連れて 「みなかみ18湯」 へ遊びに来ることでしょう!
Posted by 小暮 at 2013年03月18日 17:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サヨナラの代わりに
    コメント(4)