温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年03月16日

『みなかみ18湯 〔下〕』 発行日決定!


 温泉ファンのみなさ~ん!
 お待たせしました。

 群馬の温泉シリーズ第5弾 『みなかみ18湯』 下巻の発行日が決まりました。

 来月、4月24日(大安)。

 その日に向けて、現在、制作が進んでおります。


 と、いうことで、今日は朝から制作スタッフが集まり、校正チェックをしてきました。

 校正チェックとは?


 僕が書いた原稿をデザイナーの元へ送ると、後日、「ゲラ」 といって印刷された状態のプリントが出てきます。
 このプリントは、著者だけではなく、取材した各旅館や関連機関、および編集者の元へも送られます。

 表記間違いや誤字、脱字などをチェックします。
 これを 「校正」 といいます。

 この校正紙が、ふたたびデザイナーの元へ返ってきます。


 今日は、この戻ってきた校正紙を、1枚のゲラに書き移す作業を行ってきました。
 ただ書き移すだけならば、デザイナー1人で、できる作業ですが、その 「校正」 が正しいか? 必要か? をチェックするために、著者およびディレクターが立ち会います。

 これが 「校正チェック」 であります。


 僕の温泉シリーズは、ガイド本でもありますが、エッセー本でもあります。
 ですから、ガイド部分の表記は、関連機関によってチェックをしていただきます。
 住所、電話番号、施設名、地名、地図などです。

 これらは、校正紙の赤字を優先に訂正しますが、エッセー部分に関しての表記は、著者がすべて最終確認をします。

 「湯船」 と 「湯舟」、「子供」 と 「子ども」 の表記のように、書き手には、その人なりのこだわりがあります。
 動植物などの表記も、新聞などではカタカナに統一されてしまいますが、書籍の場合は著者の意見を優先してくれます。

 <例>
 生きているときは 「ウナギ」 でも、食べるときは 「うなぎ」 のほうが、おいしそうです。


 さて、いよいよ来週、最終チェックを行い、「送り出し」 を迎えます。
 「送り出し」 とは、読んで字のごとく、印刷所へデータを届けることです。

 その後、「色校正」 → 「印刷」 → 「製本」 → 「納品」 の過程をたどります。


 そして、書店に並ぶのが、4月24日前後となります。

 あと、40日!

 楽しみに、お待ちください。
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)
 今日の日経新聞② (2018-09-08 11:22)
 『民話と伝説の舞台』 好評発売中! (2018-09-05 12:11)

この記事へのコメント
後、40日楽しみに待っています。

こちらも今、校正をしているところです。

こちらは、本では無く、売り出しのチラシ。

中央通りのチラシなので、各店の商品が間違いないか、値段が間違いないか、名前や電話番号、その他いろいろ。

苦労も有るけど、出来上がりのチラシを見るとすべての苦労も忘れてしまいます(ウソ、やっぱり思い出す)
Posted by ヒロ坊 at 2013年03月16日 22:08
ヒロ坊さんへ

本にせよ、チラシにせよ、編集という作業は苦労も多いけれど、とっても楽しいですよね。
なんだかんだ、もう25年もこの業界にいます。
たぶん、編集の神様にみそめられてしまったんでしょうね。
このまま、突っ走るしかありませんね。
Posted by 小暮 at 2013年03月17日 10:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『みなかみ18湯 〔下〕』 発行日決定!
    コメント(2)