温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年03月21日

山が泣いている


 ヒマにまかせて、仕事場の整理をはじめました。
 そしたら、机の一番下の引き出しの奥から、3種類の日記が出てきました。

 日記といっても、ただの日記ではありません。
 “子育て日記” です。


 僕には、3人の子どもがいます。
 すでに嫁いで1児の母になっている長女。
 大学生の長男。
 そして、僕が40歳を過ぎてから突然生まれた、まだ中学生の次女です。

 僕は職業にライターを選ぶくらいマメな性格ですから、3人の成長過程の観察日記をつけていたんですね。


 次女が生まれたときは、完全にフリーで仕事をしていたので、家内が勤めに出て、僕が家事と育児を担当していました。
 そんな彼女の育児日記のタイトルは、『またまた天使が舞い降りた』。
 3人目ですから、“またまた” だったんですね。

 第1ページ目には、こんなことが書かれています。

 <我輩は、まだ9.5mmである。名前はまだない。小暮家の第3子として、この世に生を受けたばかりである。>

 なんと、家内の妊娠が分かった、その日から日記をつけだしているんですね。
 自分で言うのもなんですが、かなりマメな男であります。
 妊娠中のこと、出産に立ち会った日のこと、その後の子育てを綴っています。


 息子のことを綴った日記のタイトルは、『山歩記』。
 我が家の子どもたちは、満3歳になると、僕が強制的に山登りに連れて行きました。
 中でも息子とは、男同士ということもあり、中学生になるまで山と限らず海や島へ、父と子の “男旅” へ出かけました。
 そんな、2人で登った山が、当時の写真とともに綴られています。


 長女のことを記したノートは、実は日記ではありません。
 タイトルは、『○○○語録』。
 ※(○○○は、長女の名前です)

 彼女が言った言葉たちが綴られています。


 たとえば ・・・

 ●家内との会話
  「口はしゃべるためにあるでしょ、足は歩くためにあるでしょ。カラダはなんのためにあるんだろう……。あっ、分かった! お風呂で洗うためにあるんだよね」

 ●長男が生まれてからのある日
  娘 「もう、赤ちゃん生まれないよね」
  家内 「どうして?」
  娘 「だって、寝るところないもん」

 当時は、まだアパート暮らしだったんですね。
 6畳1間に、4人で寝ていました。


 子どもって、天才じゃないのかなって思います。
 この発想、大人になってしまったら、出てきませんもの。


 長女が言った言葉で、僕が大好きな言葉があります。
 これは、家族で山登りへ出かけた帰り道でのことでした。
 山肌をブルドーザーが削っている光景を見た娘は・・・

 「あっ、お山が痛い痛いって、泣いているよ」


 僕は、その時、きっと娘を抱きしめたことでしょうね。

 大人が言葉で教えなくても、物心ついたときから山を歩いていることで、自然を愛する心がはぐくまれていたんですね。
 だから大人には、ただの工事現場にしか映らなかった光景も、彼女には自然からの悲鳴が聞こえてきたのです。


 そんな、“天使のつぶやき” がいっぱい詰まった語録ノートを、長女が孫を連れて遊びに来たら、見せてあげようと思います。

 今度は、娘が “天使のつぶやき” を聞き取る番ですものね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
山が泣いている
    コメント(0)