温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年03月27日

最終回 そして 新連載


 本日、3月27日付の朝日新聞群馬版にて、2年間にわたり連載をしてきた 「湯守の女房」 が、最終回を迎えました。

 「湯守の女房」39回、番外編「おやじの湯」7回。
 計46回の連載でした。

 毎回、楽しみに読んでくださった読者のみなさん、本当にありがとうございました。
 また、取材にご協力してくださった温泉宿のご主人、女将さん、ありがとうございました。

 そして、そして、何よりも、毎回、取材に同行して写真を撮ってくださった担当記者の I さん。
 大変お世話になりました。
 あなたなしでは、この連載はここまで続きませんでした。
 心よりお礼を申し上げます。

 4月からの新任地での、ますますのご活躍を期待しています。


 さて、本日の朝日新聞をご覧になった方は、もうご存知かと思いますが、今回の最終回には、次回からの予告編が記載されていました。
 そーです!
 な、な、なんと、来月の3日からは新たに僕の週刊連載コラムがスタートするのです。


 タイトルは、ズバリ! 『小暮淳の温泉考座』。


 毎週水曜日の同じ誌面にて、登場です!

 これは、とっても画期的な連載で、ふだんは講演や講座、セミナーなどで話している “温泉うんちく話” を新聞紙上で披露してしまおうというものです。
 温泉の法律的な基礎知識から入浴マナー。
 温泉の歴史から文化。
 はたまた取材中に拾った面白裏話などなど、温泉ファンはもちろんのこと、そうでない人も読んでいるうちに “温泉通” になってしまうというコラムです。


 ちなみに、来週4月3日(水) は、「なぜ、僕は温泉ライターになったのか?」。
 10日(水) は、「日本一の “おんせん県” はどこ?」。
 17日(水) は、「日帰り温泉が消えるって本当?」。
 24日(水) は、「温泉分析書の読み方」。

 と、いった内容で、5月以降も連載が続きます。


 ぜひ、この機会に、みなさんも温泉通になってくださいね。
 知ることによって、ますます温泉が好きになること、間違いありませんよ!
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)
 おかげさまで8周年 (2018-02-07 11:27)
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
最終回 そして 新連載
    コメント(0)