温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月09日

どこかで 誰かが③


 「歳をとるとさ、夜中の2時、3時に目が覚めちまうんだよ。そんな時は、寝床の中でラジオを聴いているんだけどね・・・」

 昨日の公民館での酒宴のことです。
 僕の前の席にいた最長老のOさんが、誰にでもなく話し出しました。


 「そしたらさ、ビックリしたねえ~! 小暮さんが出ているんだよ!」

 エ~!とか、ヘ~!とか、座にいた人たちは一様に驚いていましたが、一番驚いたのは名前を呼ばれた僕本人です。

 「えっ、ラジオは、どこを聴いていたんですか?」
 「俺は、いつだってNHK専門さ! でも、驚いたね。小暮さんって人は、町内では、そこそこの有名人だとは聞いていたけどさ、全国区だとは知らなかったよ。お見それしました(笑)」
 と、最後は笑いをとってくれました。

 それにしても、深夜に僕がラジオに出ていた?
 ・・・・・
 真相は分かりませんが、たぶん、2月に放送された 『亀淵昭信のにっぽん全国ラジオめぐり』 が再放送されていたのかもしれませんね。

 まあ、いずれにせよ、どこで誰が、自分のことを見たり聞いたりしているか、分からないということです。


 すると、今度は、T さんという年配の方が、
 「なんだい、Oさんは、小暮さんのことを良く知らねーなぁ! 俺なんか、小暮さんの本は全部買って持っているからねぇ~」
 と、言い出した。

 「えーーーっ、本当ですか~~????」
 と、またもや、当の本人がビックリ仰天であります。

 「全部ですか?」
 と問えば、
 「ああ、温泉の本全部と里山の本も持っているよ」
 とは、重ねてビックリ!

 と、いうことは、読者様ではないですか!
 読者様は、神様ですぜ!
 その神様が、こんな身近な町内にいたとは、ありがたいやら、申し訳ないやら、恐縮してしまいます。


 世の中って、狭いんだか、広いんだか分かりません。
 町内の人たちに、自分の職業について話したことなんて、ないのにね。
 なぜか、こうやって、みなさん僕のことを知ってくださっている。

 どこかで、誰かが、ちゃ~んと見ててくれるんですね。
 やっぱり、世の中って、捨てたもんじゃありませんって!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どこかで 誰かが③
    コメント(0)