温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月12日

おじいさんといっしょ③


 ♪歩こう 歩こう じいさんは元気
   歩くの 大好き どんどん行こう♪

 今週も恒例、『おじいさんといっしょ』 の時間がやって来ました!
 毎週金曜日は、オフクロがデイサービスへ行く日であります。
 よって、僕が朝からオヤジのお守に、実家へ行ってきました。


 「おはよう! じいさん、元気か?」
 と声をかければ、
 「ああ、元気だ」
 と、相変わらず所在無い返事が返ってきます。

 でもね、こんなボケ老人でも、わずかに学習能力が残っていたんですよ。
 「そうか、今日はジュンが来る日か・・・」
 ですって!

 ビックリ仰天であります。
 先週までは、「お前は誰だ?」 とか 「なんでジュンがいるんだ?」 なーんて、ボケまくっていたのですから。
 やっぱり、気候が良くなると、脳も活性化されるのでしょうかね。

 こいつぁ、今日1日、やりやすそうですぞ!


 「じいさん、何して遊ぶか?」
 と訊けば、
 「な~んでも、いい・・・」 
 と、そっけない返事。

 「今日は天気もいいし、散歩へ行くか?」
 と誘うと、
 「行こう、行こう!」
 と、うれしそうに立ち上がりました。

 結局、いつものパターンで、オヤジの大好きな “さんぽ遊び” になってしまいました。


 それにしても今日は、風のない、穏やかな、絶好の散歩日和(びより)でした。
 杖を突く、オヤジの歩調も軽やかであります。

 近くの寺院の桜の木の下。

 すっかり葉桜になってしまった巨樹を見上げながら・・・
 「オレが生まれたのは、昭和33年。もう、その時は、ここに住んでいたんだよな」
 「ああ、そうだ」
 「アニキは、昭和26年生まれ。その時は、どこに居たの?」
 「太田(市) だよ。お産は琴平町(現・前橋市住吉町) だったけどな」

 琴平町というのは、オフクロの実家です。
 僕は病院で産まれましたが、アニキはお産婆さんが取り上げました。

 昭和20年代、オヤジは太田市の進駐軍で、通訳の仕事をしていました。


 「ふ~ん、じゃあ、この町に越してきたのは、アニキが生まれた後で、オレが生まれる前ということだね」
 「ああ、そうだな」
 「だったら、当然、この桜の木は、ここにあった」
 そういうと、オヤジは目を細めて、うれしそうに見上げました。

 「そりゃそうさ。毎年、桜を見せに、お前たちを連れて散歩に来た。お前たちの子供たちだって、みーんな連れてきたよ」


 いつもは、大通りを歩いて、県庁まで行くのですが、今日はオヤジの機嫌も調子もいいので、前橋公園まで足をのばすことにしました。
 「さちの池」 をグルリと回り、臨江閣の庭園をめぐり、帰りはバスに乗って帰ってきました。


 さすがに散歩好きのオヤジも、疲れたようで、午後はコタツで熟睡していましたよ。

 僕は、10~20代の頃に、ほとんどオヤジと口を聞いた記憶がありません。
 あの頃に、もっともっと 話をしておけば良かったなぁ・・・などと、今になって後悔しています。
 そんな懺悔(ざんげ) の気持ちもあってか、今になって、たくさんオヤジと話がしたくてたまりません。

 夕方、アニキが帰ってきたので、バトンタッチ!
 「じいさん、また来るよ」
 寝顔に声をかけて、実家をあとにしました。


 さーて、これで今日のお役目は終了。
 これからは、自分のための時間です。
 大好きな 『お酒といっしょ』 の時間です。

 と、いうことで、ちょっと夜の街へ出かけてきますね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 意地悪な神様 (2018-08-13 13:40)
 介護日和 (2018-07-30 18:20)
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
おじいさんといっしょ③
    コメント(0)