温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月15日

ショッカーの 「イー!」


 好きな俳優さんの1人に、唐沢寿明さんがいます。
 彼が先日、テレビのバラエティー番組に出演していました。

 「若い頃は食えない時代があって、ずいぶん苦労したんですってね」
 と司会者に言われて、こんなエピソードを話していました。

 「ええ、仮面ライダーのショッカー役をやっていましたから」

 ただしくは、ショッカーの戦闘員ですね。
 全身黒タイツで、股間モッコリの、あの恥ずかし~い格好です。
 あの恥ずかしさは、あの役をやったことのある人しか、分かりませんって!


 えっ、どうして僕がそんなことを言うのかって?
 ・・・ええ、・・・まあ、・・・その、昔に・・・

 唐沢さんは、テレビや映画など映像用のショッカー戦闘員だったんでしょうね。
 でも僕は、もっと二流の、ステージ用のショッカー戦闘員でした。

 思い起こせば、もう30年以上も昔のこと。
 20代の前半に、僕は子供向け劇団に在籍していたことがあるんです。

 ウルトラマンや仮面ライダーなどのヒーロー物からデパートやスーパーなどの宣伝に借り出される動物のきぐるみまで、幅広く何でも引き受ける劇団でした。

 新宿に稽古場がありましてね。
 そこで殺陣(たて) の稽古をしたり、格闘シーンの練習をしました。

 一番出番が多いのは、ウルトラマンシリーズでした。
 ただし、ヒーローは背が高くて、バック転ができないとなれないので、ほとんどが体育大学の学生でした。

 僕ですか?
 ハイ、怪獣専門です。
 怪獣のきぐるみって、臭くて、暑くて、そりぁ~大変な重労働なんですよ。
 ※(どのくらい過酷な仕事かは、当ブログの2010年8月20日「ゆるキャラの夏」参照)


 で、仮面ライダーのショッカー戦闘員の話でしたね。

 デパートの屋上ステージで、何度か恥ずかしい格好をしました。
 会場の後ろに潜んでいて、いきなり 「イー!」 と奇声をあげながら観客の中へ飛び込んで行くんです。

 仮面ライダーの場合、ヒーロー役は1人。怪人役も1人。
 あとの劇団員は、みーんなショッカー戦闘員なんです。
 これが恥ずかしいのなんのって、体型丸出しですからね。

 ブリーフ1枚で、薄い黒タイツで、全身を覆います。
 乳首だって、股間だって、形状がハッキリ浮き出てしまうんですもの。
 親や彼女には、絶対に見せられない格好であります。


 あの頃の写真が、今でもあります。
 仲の良かった団員が、楽屋で撮ってくれたんでしょうな。
 サメの頭をしたジョーズ怪人と一緒に、全身黒づくめでガイコツ柄のタイツを着た僕が写っています。
 これって、本当に若き日の僕なんでしょうか?

 ええ、確かに僕です。
 にやけている目尻と、股間のモッコリ加減が間違いありませんって(笑)

 
 でも、僕は2~3年で劇団を辞めてしまいました。
 理由は・・・
 お恥ずかしい話、ステージ上で、ウルトラマンタロウの回し蹴りが鳩尾(みぞおち) に入ってしまい、動けなくなってしまったんです。
 それを最後に、劇団を去りました。
 (ちなみに、そのとき入っていた怪獣はゼットンです)

 唐沢さんは、そんな試練も乗り越えて、今では立派な俳優さんです。
 僕なんかと比べるのも失礼ですが、同じショッカー戦闘員でも、その後の人生は差をつけられてしまいましたね。


 イーーーーー!(くやしい)
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)

この記事へのコメント
残業から帰宅して晩酌に小暮さんのブログを肴に一杯しています(笑)

小暮さんの観た番組は「Aスタジオ」ですね!

唐沢氏もデパートの屋上で仮面ライダーショーのバイトもしていましたよ!

その他も飲食店で働いたり色々と経験して今の役者になったのです

NHKで放送 鶴瓶の家族に乾杯!

唐沢氏がゲストで佐野の唐沢山に行ったのです!佐野ラーメンを満喫していましたね!

最近の若手俳優は苦労も無くドラマの主演が決まるのが多いですが唐沢氏は下積み時代が今の役者に磨きをかけていると感じます
Posted by うえちゃん at 2013年04月15日 23:05
うえちゃんへ

ブログを肴に一杯だなんて、うれしいですね。
いつもありがとうございます。
僕が見た番組は、堺正章のチューボーでした。
Posted by 小暮 at 2013年04月17日 13:39
全身タイツは恥ずかしい?
Posted by 純代 at 2014年12月05日 17:58
純代さんへ

はい、恥ずかしかった記憶があります。
若かったですからね。
特に、股間の形状がハッキリ見えるので……
今では、いい思い出です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年12月06日 13:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ショッカーの 「イー!」
    コメント(4)