温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月17日

猿ヶ京温泉 「温泉民宿 気楽や」


 昨日から今日にかけて、僕は 『みなかみ18湯』(上毛新聞社) の下巻に掲載された全41軒の宿を回ってきました。
 恒例の “お礼参り” であります。

 取材のお礼方々、ついでに本も購入していただこうと・・・
 いや、その逆かな?

 一緒に回ってくれたのは、みなかみ町観光協会の施井真希子さんです!

 あれ? 匿名じゃなく、フルネームで公開しちゃって、いいのかって!
 いいんじゃないでしょうかね。
 だって彼女は、いまや有名人ですから!

 今日(4月17日付) の上毛新聞5面にも、大きく出ていましたねぇ~。
 丸々1ページ、「論点 オピニオン1000」 “論議沸騰「おんせん県」” というテーマで特集が組まれていました。

 顔写真だって、ドデカ~イ!
 10cm×10cm ですぜ~!
 温泉ソムリエとして、群馬の温泉について熱く語っておられるのです。


 で、昨夜は、猿ヶ京温泉の民宿 『気楽や』 にお世話になりました。
 ※(『みなかみ18湯』上巻、P84掲載)

 「食事の前に、『いこいの湯』へ行っておいでよ。おとうさんが行ってるからさ」
 と、いつ会っても気さくな女将の田村とみ子さん。
 『気楽や』 という屋号に、偽りなし!

 『いこいの湯』 は、民宿の隣にある共同湯です。

 さっそく旅装を解いて、浴衣に丹前を羽織って、共同湯へ。
 入口の戸を開ければ、
 「もう、夕飯は食ったんかい?」
 と、番台には 『気楽や』 のご主人が・・・

 ご主人は、『いこいの湯』 の地主さんなのです。
 地域の人たちと一緒に、この昔ながらの共同湯を守っているのであります。

 「いえ、今、着いたものですから。とりあえず飯の前に、ひとっ風呂浴びに」
 と、言ったものの、ここの湯は熱いのなんのって、以前に来たときも、だいぶ難儀をしました。

 源泉の温度、約60度。
 加水なし。

 今回も、他に客がいなかったので、水道を出しっぱなしにしながら、やっとこさっとこ肩まで沈んできました(温泉ライターなのに、情けない…)。


 夕げの膳には、大好物のフキノトウの天ぷらをはじめ、地の物を使った女将さん手作りの料理が並びます。
 「ビールかい? 日本酒かい? 焼酎もあるよ!」
 と言われれば、
 「とりあえずビールで、その後は日本酒を冷で・・・」
 ということになります(いつものパターン)。

 「遠慮しないで、ジャンジャン飲んでちょうだいねぇ~」


 ああ、これが旅館やホテルにない、民宿の良さなんだよね。
 お客ではなく、家族の一員のように接してくれるのが、うれしい!
 これで1泊2食 5,500円~だもの。
 温泉好きは、やってくる。

 「小暮さんの本を見たって、もう何組も泊まりに来たよ。ありがたいね」
 な~んて、言ってくれたけど、ありがたいのは僕のほうですよ。

 女将さん、いつも、ありがとう!
 また、来るよ。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

この記事へのコメント
こんにちは、小暮師匠

施井真希子さんは、頭脳明晰で更に美人ときているので、益々有名人になって行くでしょうね。

小暮師匠と一緒にどんどん群馬県の温泉知識人が有名になってもらいたいものです。

先程、街の本屋に寄ったらありましたよ「下巻」が!

また、よく読んでから推薦文を書きたいと思います(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2013年04月18日 11:47
ヒロ坊さんへ

あれま、もう売ってましたか!
今日、僕は大手書店を覗いてみましたが、まだ上巻までしか並んでいませんでした。
今週末あたりから、すべての書店で見ることができそうですね。
書店への推薦文、よろしくお願いします。
Posted by 小暮 at 2013年04月18日 18:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猿ヶ京温泉 「温泉民宿 気楽や」
    コメント(2)