温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月20日

キミに会いたい


 “男には忘れられない女がいるものだ・・・”

 そんなコピーが流れるCMだったと思う。
 ナレーションは、俳優の故・大滝秀治さん。

 あの頃、僕は若かったから、まだ言葉の意味なんて分からなかった。


 K君から 「週末、飲みませんか?」 という電話をもらった日から、探し続けていたいたモノがあります。 
 それは、26年前のアルバム。

 僕が結婚して、2年目の春。
 妻と2人で、岐阜県に暮らす友人を訪ねたことがありました。
 その時に撮った写真に、確か写っていたはずなのです。

 彼女が・・・


 今年の1月、僕は26年ぶりにK君と再会しました。
 転勤で群馬に赴任してきたのが、再会のきっかけでした。

 その時、K君の思いを知らされました。
 「興信所を使って、現在の彼女の居場所を知ろうと考えたこともありました。会って、どうしたいっていうんじゃないんです。僕だって家族がいます。彼女だって、きっとそうでしょう。ただ、会って、あやまりたいんですよ。意味もなく、“ごめん”って……」

 彼女とは、26年前に僕と妻を、彼と一緒に出迎えてくれた女性です。
 当時のK君の恋人です。


 僕とK君は、その日を最後に、26年間会っていませんでした。
 当然、再会の時には、
 「で、あの時の彼女が今の奥さんなの?」
 と、いう会話になります。

 だって、僕の妻は、あの時のままですからね。 

 「いや、あの後、分かれちゃって。家内とは、4年後に結婚したんですよ」

 そんな話から始まり、K君の “忘れられない女” の話を肴に、夜更けまで酒を酌み交わしたのでありました。


 待てよ、確か、あの時、4人で、写真を撮ったよな・・・
 と、我が家の納戸の中をかき回して、見つけ出した若き日のアルバム。

 わ~~~っ! 若い!
 僕も妻も若い!
 僕、28歳。妻、24歳であります。

 現在では、デヴィ夫人のような存在感で我が家の主と化している家内とは、似ても似つかないほどにカワイイ~!
 そうそう、この娘に僕は惚れたのであります。
 どーして、こんなになっちゃうの?
 サギだ!サギ!(お互いさまですが…)

 で、ありました、ありました!
 ちゃんとK君と当時の彼女が一緒に写っている写真が・・・
 K君は若いと思えますが、彼女は、あのときのままです。

 当然ですよね。
 僕は彼女とは、26年前のその日に会っただけなんですから。


 飲み屋のカウンターでK君に、
 「泣くなよ」
 と言って、アルバムからはがしてきた1枚の色あせた写真を手渡しました。

 まるで青春ドラマの1シーンのように、男女4人の若者が映っています。


 K君は、写真を見つめて、黙っています。

 やがて、「ここ実家の前だ・・・」

 また、しばらくして、「誰が撮ったんだろうね?」


 26年も前のことです。
 記憶になんてありません。
 向かいの塀の上にカメラを置いて、タイマーで撮ったのかもしれません。

 「どう?」 と僕。
 「ああ・・・、彼女だ・・・」 とK君はつぶやき、グラスの酒を口に運びました。


 ♪キミに会いたい キミに会いたい♪

 まるで示し合わせたかのように、客が歌う斉藤和義の 『やさしくなりたい』 が、大音響で流れてきました。

 ♪キミに会いたい キミに会いたい♪


 男って、バカですねぇ~~~。
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)

この記事へのコメント
あの時、君は若かった~♪
誰かの歌詞にありましたね

男はロマンを追いかけるのでしょう

女の方が現実的といえますからね(笑)

今日は温泉友の会で長野の高峰温泉に宿泊しています!標高2000mの雲上の湯も雪で視界が悪いですね(^^;

アサマ2000も雪が溶けています

高峰温泉の前に高崎観音温泉の錦山荘に入浴して来ました!

大正時代からのモダンな感じの宿ですね♪高崎とは思えない一軒温泉ですね!
Posted by うえちゃん at 2013年04月20日 17:58
あの時、君は若かった~♪
誰かの歌詞にありましたね

男はロマンを追いかけるのでしょう

女の方が現実的といえますからね(笑)

今日は温泉友の会で長野の高峰温泉に宿泊しています!標高2000mの雲上の湯も雪で視界が悪いですね(^^;

アサマ2000も雪が溶けています

高峰温泉の前に高崎観音温泉の錦山荘に入浴して来ました!

大正時代からのモダンな感じの宿ですね♪高崎とは思えない一軒温泉ですね!
Posted by うえちゃん at 2013年04月20日 17:58
うえちゃんへ

錦山荘は、昭和2年の創業。
でも、開湯はさらに古く、大正時代には 「清水(きよみず)鉱泉」 と呼ばれる浴場がありました。
創業当時の面影に触れるには、やはり宿泊しないとね。
本館2階の「桐」「竹」「桜」「楓」という間には、名前どおりの銘木を贅沢に使った内装の美しい客間が残されていますよ。
Posted by 小暮 at 2013年04月21日 02:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
キミに会いたい
    コメント(3)