温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月25日

『みなかみ18湯』 上・下巻刊行記念祝賀会

 
 昨日は朝から、なんともあわただしい1日でした。


 まずは、恒例の朝日新聞チェック!
 僕は、毎週水曜日に朝日新聞群馬版に 『小暮淳の温泉考座』 というコラムを連載しています。
 4月24日、4回目のテーマは 「温泉分析書の読み方」。

 このコラムは、回を重ねるごとに、初級・中級・上級へとマニアックになっていきます。
 読者のみなさん、ちゃんと前号までを復習しておいてくださいね。
 ちなみに、次週のテーマは 「群馬の四大温泉と三名湯」 です。


 次に、上毛新聞をチェック!

 4月24日は、記念すべき 『みなかみ18湯〔下〕』 の発行日であります。
 これで、待望の上・下巻が、書店の店頭に揃いました!

 で、みなさんは、ご覧になりましたか?
 昨日の上毛新聞6面を!

 ジャーーーン!
 丸々1ページ全面が、『みなかみ18湯』 の出版記念広告であります。
 圧巻ですねぇ~!
 目立ちますねぇ~!

 広告主は、もちろん、みなかみ町観光協会様。
 本に掲載されている18の温泉地の写真と75軒の宿の名前が、ズラ~リと並んでいます。
 そして、みなかみ町観光協会様からは、出版記念として上・下巻セットの読者プレゼント付き!


 う~ん、自分関連の新聞記事を2つも見て、テンションは朝からアゲアゲであります。
 この勢いのまま、いざ、出陣じぁーーーーっ !!!

 と、午後からは、会場の水上温泉 「水上ホテル聚楽」 へ。
 そうです!
 昨日は、みなかみ町あげての大パーティーが開かれる日だったのです。

 題して、「みなかみ18湯 上巻・下巻 刊行記念祝賀会」。

 それは、それは、盛大なパーティーでしたよ。
 だって、来賓の顔ぶれが、すごかったもの。

 みなかみ町町長、群馬県観光物産国際協会理事長、群馬県利根沼田県民局局長、沼田市市長・・・他、たくさんの方々にお越しいただきました。
 心温まるスピーチをありがとうございました。

 そして、そして、何よりも僕が嬉しかったのは、1年半の取材期間に、お世話になった旅館やホテル、民宿、ペンションの社長さんや女将さん、支配人さんたちが大勢、会場へ駆けつけてくださったことです。

 「おめでとうございます」
 「ありがとうございます」

 あいさつをするたびに、胸の奥のほうから込み上げて来るものがあります。

 「うちみたいなさ、なーんにもない宿を、あんなにも素晴らしい文章で書いていただき、本当に感謝しています」
 そう言って、僕の手を両手で握手してくださった旅館のご主人。
 もう、ご主人ったら! 何をおっしゃっているんですか!
 何にもないだなんて・・・

 取材で泊めていただいた、あの晩のことは忘れませんよ。
 先代が別荘を買い取って、旅館を始めた話。
 最近は、めっきり見かけなくなった衣桁屏風(いこうびょうぶ) のある客室。
 古き良き昭和の面影を残す、僕の大好きな温泉宿であります。

 だって、とにかく、湯がいいもの!

 ご主人の手を握りながら、そんな話をしていたら、ついつい目頭が熱くなってしまいました。


 堅苦しいの最初だけ。
 最後は、著者である僕が、ごあいさつ。
 本の制作メンバーの紹介と、恒例となった温泉ソングをバンドで2曲披露して、お開きとなりました。


 えっ、それで終わるわけないだろうって?
 よく、ご存知で!
 もちろん、そぼ降る雨の中、関係者たちと夜の温泉街へと消えていきました。



     『みなかみ18湯』 出版記念
  上・下巻をセットで5名様にプレゼント!

 みなかみ町観光協会では、出版記念として本のプレゼントをいたします。
 メール、ファックスまたはハガキでご応募ください。
 名前、住所、電話番号、メールアドレスなどを記入の上、
 「みなかみ18湯プレゼント」係まで。

 ■締  切   5月10日(金) ※当日消印有効
 ■応募先   みなかみ町観光協会
          〒379-1313 群馬県利根郡みなかみ町月夜野1744-1
          TEL.0278-62-0401 FAX.0278-62-0402
          e-mail:info@minakami.jp


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)

この記事へのコメント
遅ればせながら出版おめでとう御座います。
Posted by 古市場 at 2013年04月28日 22:40
古市場さんへ

ありがとうございます。
その後、ライター業は、順調ですか?
また、お会いできる日を楽しみにしています。
Posted by 小暮 at 2013年04月29日 22:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『みなかみ18湯』 上・下巻刊行記念祝賀会
    コメント(2)