温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月26日

匿名による誹謗・中傷


 すでに気づかれている読者もいると思いますが、このブログは僕の公式ブログですので、僕の独断と偏見により、不適切だと思われるコメントの書き込みは、勝手に削除させていただいています。

 では、どんなコメントを削除しているのか?

 ①特定の個人または団体を誹謗(ひぼう)・中傷するもの
 ②匿名による書き込み

 以上の2項目の条件が揃ったコメントは、即刻、削除しています。


 僕は長年、雑誌の編集やその他の媒体への執筆にたずさわってきました。
 ですから、基本的に “言論の自由” を唱えています。

 しかし、他人を非難する場合は、その “立ち位置” がフェアーであることが前提です。
 公の場で、他人を名指しで非難するならば、自分も名前を公表するのがフェアーだと考えています。

 よって、①のコメントを書き込む場合は、本名と身分を明かしてください。
 一個人の意見として、公開します。

 以上、よろしくお願いいたします。  小暮
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)

この記事へのコメント
先生 ほんとほんと!!! おっしゃる通り。 
Posted by しをちゃん at 2013年04月28日 11:12
しをちゃんへ

ありがとうございます。
“ペンは剣よりも強し”
でも、匿名では意味がありません。
Posted by 小暮 at 2013年04月28日 21:30
同感です!
言論の自由をよい事に、
ネット上で自分の言葉に責任のない人が多いですよね。
ネット世代と言っていいのでしょうか?
日常でも人の批判を平気でして、
責任のなさを感じます。
Posted by 繭りん at 2013年04月29日 15:37
繭りんさんへ

本来、言葉は “諸刃の剣” です。
相手を切れば、自分も切られる。
それがネット上では、平気で通り魔のように、一方的に他人を傷つけて行く。
いつから日本人は、こんなにも言葉をぞんざいに扱うようになってしまったのでしょうかね。
Posted by 小暮 at 2013年04月29日 22:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
匿名による誹謗・中傷
    コメント(4)