温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年04月28日

裸はユニホーム


 「次回からさ、小暮さんの裸じゃなくて、女性の入浴シーンにしない?」

 本を出版するたびに、必ず言われるセリフです。
 そして、決まって、そう言うのはオジサンです。

 週刊誌の温泉特集やテレビの旅番組のように、若い女性のモデルやタレントの裸を載せろ!というのであります。
 言わんとしていることは、分かります。
 「オジサンの裸なんて、見たくない」 っていうことですよね。

 週刊誌やテレビ番組なら、もっともであります。


 ジャーナリストの木部克彦氏も、著書 『続・群馬の逆襲』(言視舎) の中で、僕のことをこんな風に言っています。

 <この小暮さん、本だけではあきたらず、朝日新聞に温泉宿の連載を始めて・・・(中略)・・・この連載に毎回毎回 「セルフヌード?」 を載せるという暴挙に出ているのです。(中略) オジサンの全裸入浴写真が、朝刊を開くと目に飛び込んでくるのです。>

 いゃ~、本当に申し訳ない。
 オジサンは、オジサンの裸がキライなんですよね。
 僕もオジサンだから、よ~く分かります。

 しかも、新聞の朝刊ですものね。
 できれば朝からおじさんのヌードは見たくない。
 壇蜜さんのような色っぽいお姉さんのヌードのほうが良いに決まっています。

 氏に、“暴挙” と言い放たれても仕方ありません。


 では、なぜ僕は、著書や新聞、雑誌で、裸になるのか?

 ①まず、女性モデルを使うだけの経費がありません。
 ②仮に使えても、そのモデルが温泉を愛しているとは限りません。

 と、いう理由が、半分です。
 残りの半分は、僕が書いている文章が、記名による “一人称” で書かれているからです。

 「私」「僕」 が入っている温泉なのに、どこの誰だか知らない女の人の入浴写真が掲載されているのでは、つじつまが合いません。
 記事の信ぴょう性に、欠けます。

 このことについては、木部氏も著書の中で、このように認めてくれています。

 <「だって、身も心もすべて癒される温泉だって書くからには、自分が入っている証拠を見せなくちゃ」 小暮さん、堂々としています。この 「吹っ切れ感」 がいいですね。>
 と・・・。

 同業者に、そう言ってもらえると、安心して、これからも裸になれます。


 先日、みなかみ町観光協会の人から、こんな話を聞きました。
 「読者の方が、わざわざ協会まで 『みなかみ18湯』 の下巻を買いに来られましたよ。その方は、著者自身が入っている温泉本だから、記事を信じられるって言ってました」

 ありがとうございます。
 読者って、ありがいものですね。
 決して、「若いねーちゃんの裸にしろ!」 なんて、言いませんものね。

 これからも、ジャンジャン裸になりますぞーーーっ!

 だって、僕にとって裸は、ユニホームなんですから。


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 急げ! 中高年 (2018-08-31 12:33)
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)
 あわてん坊な読者 (2018-07-10 11:43)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)

この記事へのコメント
服をきている師匠様をみるにつけ、違和感を覚えたのをおぼえていますよ(笑)ワタシ的には全然OKーですから(笑)

これから下巻を購入予定です、楽しみです!!(今回は出遅れてます)

うちの近所で、ライブをメインテーマにしているカフェができたんです。
いろんな人がライブをしにきているようです。(ボサノバカサノバとかも)
お茶しによったら、マスター&奥さんがギターとピアノで演奏サービスしてくれました。音楽って人のものを聴いてるだけの身ですけど、癒されますね。
Posted by ぴー at 2013年04月29日 10:40
私も最初Deli-Jを見て、ジュンジュンの入浴シーンが衝撃的でした。
フツウ、若いねーちゃんだろ~って。(笑)

一番好きなジュンジュンの入浴シーンは
四万本、温泉で入浴中ビールを飲んでいるところです。
一杯だけでいいので私も、
やってみてぇ~
Posted by 繭りん at 2013年04月29日 15:50
ぴーさんへ

確かに、「あっ、服を着ている小暮さんだ!」
って、読者から声をかけられることがあります(笑)。
今さら、取材スタイルを変えられません。
Posted by 小暮 at 2013年04月29日 22:15
繭りんさんへ

月刊誌 「Deli-J」 に連載した 『源泉巡礼記』 が、僕のヌードデビューでした。
あれ以来、すべての著書および記事で、全裸で入浴シーンを披露しています。
でも、決して露出狂ではありませんので。あしからず。
Posted by 小暮 at 2013年04月29日 22:31
あのぉ~。みなさん「若い」おねえさんと温泉ってビジュアルを楽しまれるみたいですけれど、ほら、かつてフルムーンなんていう宣伝で絵になった女優さん俳優さんがいましたよね。若いおねえさんでないわたしが言うのもなんですが、若い女性のそれはありふれているので、わたしはせんせいの温泉うさぎならぬ、温泉○○○がステキだと思います。○○○は、いろいろ当てはめてみてください(笑)
Posted by G@さいたま at 2013年04月30日 00:24
G@さいたまさんへ

ズバリ!「温泉おやじ」 でしょう!
でもね、僕は思うんですよ。
若くてキレイなおねえさんが入っている温泉より、おじさんやおばさんや年寄りが入っている温泉のほうが、なんだかとっても効能がありそうに見えるってね。
そう、思いませんか?
Posted by 小暮 at 2013年04月30日 16:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
裸はユニホーム
    コメント(6)