温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年05月19日

騒動の結末


 「おんせん県」不認可
 大分不認可は「妥当」


 一昨日、一斉に新聞やテレビが報道した、大分県の「おんせん県」問題の結末。
 答えが出たようですね。

 <大分県が特許庁に申請していた 「おんせん県」 の商標登録が、他県にも当てはまるとの理由で認められないことが16日、同県への取材で分かった。>5月17日付の上毛新聞より

 具体的な理由としては、 
 ①他県が過去に 「温泉県」 の表記を使用していた。
 ②名称が 「多くの温泉がある県」程度の意味合いしか持たない。
 などが、指摘されたといいます。

 ま、「やっぱりね」 というのが、僕の正直な感想です。
 ただ、腑に落ちない思いも残りました。

 「この騒動がきっかけで、大分県に対抗する温泉地として群馬県がたびたび取り上げられるなどPR効果があった」
 との声が県民からは多かったようですが、真相はいかがなものでしょうか?

 そもそも、なぜ、こんな騒動が起きたのか?という論争が、まったくされなかったことに対して、僕は溜飲が下がらないのであります。


 だって、そもそもの発端は、香川県の 「うどん県」 からですよ!

 昨年の11月、大分県が 「おんせん県」 の申請をしたときに、僕は、このブログで書いています。
 発想と手口が、中国のコピー商品やパクリ問題と同じだと!
 ※(当ブログの2012年11月16日「自称、おんせん県」参照)

 大分県は、2匹目のドジョウを狙ったわけですから、もし、今回、特許庁がこれを認めてしまったら、3匹目も4匹目も・・・100匹くらいは出てくることになってしまったのです。
 ま、水際で食い止めたということでしょうか。

 問題は、なぜ、そんなにネーミングの独占にこだわるのか?です。
 ズバリ、お金ですかね。

 香川県の場合は、自他共に認める 「うどん県」 だったから、問題にならなかったということですか?
 でもね、10年後、20年後も、日本一の 「うどん県」 でいられるかは、分かりませんよ。
 現に、餃子の消費量は、この数年で宇都宮市(栃木県) から浜松市(静岡県) に入れ替わったじゃないですか!

 やっぱり、“自称” は、いけません。
 だって、“自称” がまかり通ったら、財力と権力に支配されてしまうじゃありませんか。


 僕は、今回の騒動で一番冷静だったのは、草津温泉だったと思います。

 <日本一は自分で名乗るものではなく、認めてもらうもの>観光協会
 と、すでに昨年の11月の段階で、このコメントをしていますからね。

 さすが、天下の草津温泉。
 あっぱれ!です。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
騒動の結末
    コメント(0)