温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年05月25日

温泉宿のラブホテル化


 「小暮さん、読みましたよ。さすが、朝日さんだ。うちじゃ、まず掲載できない記事ですよ」
 と、声をかけてきたのは、某新聞社の某局長さん。

 なんのことを言っているのかといえば、今週、22日に朝日新聞の群馬版に掲載された記事のことです。
 僕は、今年の4月から毎週水曜日に、『小暮淳の温泉考座』 という温泉コラムを連載しています。

 で、第8回となる今週のテーマが、「温泉宿のラブホテル化」 でした。


 文章の書き出しは、某温泉旅館で僕が取材中に経営者から聞いた宿泊客のエピソードから始まります。
 内容は、近年、若い男女が貸切露天風呂でセックスをしてしまい、女性のあえぎ声が大きくて、近所から苦情が寄せられているというもの。
 加えて、「部屋にスキンが置いてない」 という客からのクレームも増えている、という現状を書いています。

 なにが、「さすが、朝日さん」 なのか?
 要は、その文章の内容と描写にあります。

 雑誌ならば、セックスやスキンという言葉は、なにも問題になりませんし、“温泉宿のラブホテル化” というテーマ自体も、問題はありせん。
 でも、新聞は違います!
 セックス描写は、ご法度(はっと)であります。


 で、僕は、原稿執筆の段階で、掲載可能かどうか、新聞社に内容のお伺いを立てました。
 「うちは大丈夫ですよ」
 との返事でしたが、やはり筆者としても、できる限り “セックス”や“スキン” という言葉は使いたくありません。

 内容は変えずに、表現を変える。

 結果、セックスは、<平気で風呂の中で始めちゃう>。
 あえぎ声は、<声がうるさいって、近所から苦情が来る>。
 スキンは、<避妊具が置いてない>という言葉に置き換えました。

 それでも、掲載までには、問題があったようです。
 何度も、校正をやりとりする間に、「見出し」 が二転三転しましたものね。

 結局、最終的には、「貸し切り露天ぶろ」「湯、純粋に楽しんでほしい」 という見出しに落ち着きました。
 これならば、内容を読むまでは、セックスのことが書かれているとは、分かりません。


 ま、それにしても、朝日新聞社の勇気ある掲載には、毎度毎度、感謝しております。
 このコラムは、回を重ねるごとに、徐々に過激なテーマへと足を踏み入れて行きます。

 ちなみに次回、5月29日掲載のテーマは、「もう1つの泉質」 と題して、塩素消毒による人体への影響について。
 6月5日掲載では、「消える自然湧出温泉」 と題して、地熱発電や温泉掘削の陰で、実は姿を消している自然湧出温泉があることを指摘します。

 温泉を愛すれば、愛するほど、いつか、誰かが、本当のことを言わなければならないと思っています。
 乞う、ご期待!
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 あわてん坊な読者 (2018-07-10 11:43)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)
 おかげさまで8周年 (2018-02-07 11:27)

この記事へのコメント
お早うございます♪

東北の震災の一ヶ月後の四月に奥鬼怒温泉郷の中の八丁の湯に泊まりました。

震災の影響でキャンセルする客も多かったそうです!
八丁の湯はマイカーでは行けない秘湯の宿なのです。

宿も昔からの簡素な本館とログハウス風の宿が在ります、我々は本館に宿泊をしました!

隣りの部屋のバカップルの「ヴァ~♪₩☆Ж♭★」あえぎ声がしまくっていました(--;)

八丁の湯はラブホじゃ無いんやど(怒)


また川原湯温泉に行った時でした!露天風呂に入り地元の年輩方の話しでバカップルが誰も居ない露天風呂でSEXをしていたそうです(;´д`)

呆れて、その場を後にしたと話していましたね!

常識はずれな奴等は温泉には来るな(怒)温泉を何だと思ってるんや(怒)

ラブホでやってくれですよ!┐('~`;)┌

今日は桐生の茶臼山に走りに行って来ます(^-^ゞ
Posted by うえちゃん at 2013年05月26日 07:49
うえちゃんへ

やはり、日本全国で温泉宿のラブホテル化が顕著なんですね。
昔もあったんでしょうが、もっと旅情を感じる艶っぽいもんだったんでしょうな。
困ったものですが、やがて時代の中で、ラブホ型温泉宿は淘汰されることでしょうね。

茶臼山ですか、なつかしい!(取材で行きました)
Posted by 小暮 at 2013年05月26日 20:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉宿のラブホテル化
    コメント(2)