温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年05月27日

死して残すもの


 そうだ、たまには電車で行ってみよう!

 と、てくてくと最寄りの駅まで、歩いたのであります。
 構内の立ち食いそば屋で、ササッと昼食を済ませて、ホームで電車を待ちました。

 夜、酒を飲みに行くために電車に乗ることはあっても、昼日中のこの時間帯に電車に乗るのなんて、何年ぶりでしょうか?
 学生時代は、毎日、電車通学をしていましたから、とっても懐かしい光景であります。

 電車を降りたのは、JR高崎駅。
 目指したのは、東口のヤマダ電機。

 いや、別に、家電を買いに行ったわけじゃないんですよ。
 2階の特設会場で、今日から開催されている絵画展に、お祝いの言葉を届けに行って来たのであります。


 『故・唐沢政道パステル画 遺作展』
 昨年4月に、惜しまれつつも他界してしまった唐沢画伯の絵画展です。


 着いたのは、まるで計ったように開場の午後1時ジャスト!
 もちろん、一番乗りです。
 よって、芳名帳の記入も、僕が一番最初でした。

 「おーい、みんな、温泉ソムリエの小暮さんが来たよ~」
 とは、主催者の池田壹臣さん。
 ※注(僕は、温泉ソムリエではありません)

 池田さんは、僕が編集を務めた 『新・ぐんまカルタ』 (ぐんまカルタ制作実行委員会) の代表であります。
 故人の唐沢画伯との出会いは、池田さんなくてはありえませんでした。
 『新・ぐんまカルタ』 の取り札の絵は、すべて唐沢画伯の描画です。


 「小暮君、自分の生き方を貫こうとすれば、それは常に3分の1の敵を持つということだよ」

 これは、生前、画伯が飲み屋で、僕に教えてくれた “人生訓” であります。
 ※(当ブログ、2010年12月18日 「3分の1が敵」 参照)

 会場には、70点を超える作品が、展示されています。
 独特な画法による、身近な風景や花々が、鮮やかなパステルで描かれています。
 独特な画法とは、指で描いたボカシのマジック!

 なかでも、「水」 と 「光」 の描写は息をのむほどに美しいのであります。
 ぜひ、自分の目で、その画法を確かめてみてください。


 ふと、入口の生花に目をやると、見覚えのある名前が・・・

 “江原啓之” 

 そう、スピリチュアリストの江原さんです。
 江原さんは、画伯の教え子なんですね。
 高等学校のデザイン科で、教師と生徒の関係だったといいます。
 生前には、恩師との対面で、一緒にテレビ番組にも出演していました。

 “故・唐沢政道先生へ”

 そう書かれた文字が、来場者の目を引いていました。



    『故 ・ 唐沢政道パステル画 遺作展』

 ■会 期   2013年5月27日(月) ~ 6月2日(日)
          10時~18時 (最終日は17時まで)
 ■会 場   ヤマダ電機 2階特設会場
          JR高崎駅東口すぐ
 ■問 合   TEL.090-9387-5480 (池田)
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
死して残すもの
    コメント(0)