温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年05月30日

モンスターが来た!


 誰ですかーっ!?

 ♪なんでこんなに 可愛いのかよ
   孫という名なの宝もの♪

 なんて、歌ったのは!


 5月29日、水曜日。
 我が家のリビングに貼られたカレンダーには、大きく漢字一文字で 「か○○」 と書かれています。
 まるで、予言された人類滅亡の日のように、家族全員が、この日が来るのを恐れおののいていたのです。

 「か○○」 とは、何を隠そう、今年の夏で3歳になる孫の名前です。

 「やっぱり、お孫さんて、可愛いですか?」
 と他人に訊かれるたびに、僕は、
 「ええ、まあ、そうですね……」
 なんて、いつも言葉をにごしているのでした。

 だって、だって、だってーーーー!
 うちの孫は、“モンスター” なんですから!

 あの怪物が我が家に来たあとは、まるで竜巻が通り過ぎたよう。
 リビングにあるすべてのモノは破壊され、原型を失うのです。

 それでも、たまに親(長女) に連れられて、遊びに来るくらいならいいんです。
 ムカッときても、まだ 「かわいい」 と思える範疇(はんちゅう) のうちに、連れて帰ってくれますからね。

 でも、昨日は違いました!

 娘夫婦がコンサートへ行くからとかで、我が家で夜遅くまで “モンスター” を預かることになったのです。


 ピンポ~ン

 インターホンが鳴っただけで、緊張が走ります。
 「ジイジ~」 と言って、飛びついて来るまでは、可愛いのですが、その直後、リビングに入った途端、“モンスター” に変身します。

 「お義父さん、お義母さん、よろしくお願いします」
 と、頭を下げたムコを見て、ゲ、ゲ、ゲゲゲゲーーーーっ!

 け、け、化粧をしている!
 ピアスをしている!
 胸をさらけ出して、ネックレスをしているーーーーっ!

 「おいおい、お前たち、なんだ?」
 と問えば、
 「今夜のライブ、ビジュアル系だから」
 と答えた娘の頭が、ス、ス、スッゲーーーことになっています。

 茶髪にワインレッドのメッシュ入り~~!
 に、ど派手メイク顔!

 これが、ワタシたち夫婦が育てた娘と、その娘が選んだムコであります。
 そして、2人の間に産まれたのが、あの “モンスター” だ!


 「ああ、行っておいで。たまには、2人だけで羽を伸ばしておいで」
 なーんて、心にもないことを言って、2人を送り出しました。

 カーーーーン!

 戦いのゴングがなったのであります。
 でも、僕がリビングへもどったときは、すでに時は遅く、新聞は引きちぎられ、CDが散乱し、プレーヤーはひっくり返っていました。


 「ダメーーーーっ!」
 と大声を上げながら、台所へ走る家内。
 「あああ、かーくん、やめて~!」
 という、悲鳴が聞こえます。

 行ってみれば、米びつのスイッチが押され、冷蔵庫の扉が開けられていました。

 でもね、モノなんて、どーでもいいんですよ。
 しょせん、モノなんですから、命はありませんもの。
 ただね、我が家には、約1名、いや、正確には1匹ですが、“モンスター” をこの世で一番恐れている方がいるんですよ!

 はい、ご存知、愛犬のマロ君(チワワ、6才) であります。


 「オイデ、オイデ、イコイコ 」
 なーんていう、甘い言葉にだまされて、近寄ろうものなら、とっ捕まって、シッポをつかまれて、グルグルと振り回されるのであります。
 だから、マロも孫の顔を見るなり、脱兎のごとくゲージの中に緊急避難します。

 ・・・が! 引きずり出されます。

 結局、最後は満身創痍(まんしんそうい) になりながら、家族に助けを求めるのであります。

 もう、目に涙をためて、鼻水をたらし、震えながら、
 「おいら、あのチビ、大キライだよ」
 と言わんばかりの血相で、逃げ回っています。


 ピンポ~ン

 2度目のチャイムは、終戦を告げる幸福の鐘であります。

 グッタリした僕と家内と、おびえているマロ。自分の部屋に逃げ出した次女を見て、娘夫婦も察しがついたのでしょう。
 「お世話様でした。大変だったでしょう。はい、これ、お礼です」
 と、家内と次女にはお菓子が、そして僕には缶ビールが・・・。


 「ふーーーーーーーっ」
 と大きなため息をつきながら、竜巻が通り過ぎたあとの静けさの中で、ビールを飲み干しました。


 なぜか、マロだけが、
 「おいらには、なにも礼がねーのか?」
 と不満顔で、家族の顔を見回していましたとさ。


 ♪なんでこんなに 暴れるのかよ
  孫という名のモンスター♪
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
モンスターが来た!
    コメント(0)