温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年06月16日

太宰治ゆかりの温泉


 <水上駅に到着したのは、朝の四時である。まだ、暗かった。(中略) このぶんならば山上の谷川温泉まで歩いて行けるかも知れないと思ったが、それでも大事をとって嘉七は駅前の自動車を叩き起こした。>

 これは、昭和13年に発表された太宰治の小説 『姥捨(うばすて)』 の一節です。
 水上駅から谷川温泉へ向かう途中の道の端に、この一節が刻まれた文学碑が立っています。

 昭和11年8月、太宰治は川端康成に勧められて、薬物中毒と肺病治療のために約1ヶ月間、谷川温泉に滞在しています。
 この時、第3回芥川賞の落選を知り、失意の中で執筆した 『創生記』 は、のちの代表作 『人間失格』 を書くきっかけとなったといわれています。


 <昭和十五年という年は、太宰がよく旅に出た年である。私が一しょだったのは、まず四万温泉だが、上野出立が四月三十日、私のかけつけ方が遅くて、太宰は井伏さんと共に待ちかねていた。>

 これは、放送作家の伊馬春部が筑摩版 「太宰治全集」 に寄稿した 『酒と旅行と』 という随筆の一節です。
 昭和15年の4月、太宰治は作家の井伏鱒二ら数名と四万温泉を訪れています。

 このとき、同行した伊馬春部が撮影した有名な写真があります。
 師弟関係にあった井伏鱒二と太宰治が、四万温泉で一緒に入浴している写真です。
 でも、この写真には、こんなエピソードが残っています。

 井伏は肩まで沈んでいるのですが、太宰は股間を手拭いで隠しながら湯舟の中から立ち上がっているんですね。
 そして、写真を良く見ると、太宰の右下腹には傷跡がクッキリと写っています。
 盲腸の手術跡です。
 この写真を見た太宰は、傷跡をとても気にして、伊馬にフィルムの処分を求めたとのことです。

 翌年、太宰治は四万温泉を舞台にした小説 『風の便り』 を発表しています。


 今月19日は、太宰治の命日です。
 この日、僕は命日にちなんで、コメンテーターを務めるテレビ番組の中で、群馬県内で太宰治が滞在・投宿した温泉宿を紹介します。

 お時間のある方は、ぜひ、ご覧ください。



 ●放送局   群馬テレビ(地デジ3ch)
 ●番組名   「ニュースジャスト6」
          NJウォッチのコーナー
 ●放送日   (月)~(金) 18:00~18:30
 ●出演日   6月19日(水)
 ●テーマ   太宰治ゆかりの温泉宿
          ~今日は命日「桜桃忌」~
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
お晩でございまする(^-^ゞ

我が家の裏山にも姥捨山が有りますよ!足利伝記にも載る姥捨山

畳一畳の石が二枚程有ります!その下部がホコラになっていたらしく…

親父から「掘ってみろよ!」

と言われた事がありますよ(^^;

さすがに人骨が出たらどうしましょうね~(汗)

昨日は温泉友の会で草津温泉にGo♪

共同浴場を4湯入りました!
草津の湯は熱い湯が多いでございまする(;´д`)

もう少しで共同浴場18湯が制覇(^-^)v

野沢温泉&渋温泉の共同浴場制覇に続く温泉友の会の意気込みです
Posted by うえちゃん at 2013年06月17日 21:50
うえちゃんへ

野沢といい、草津といい、うえちゃんは “あつ湯”好きですか?
僕は “ぬる湯”派なので、草津のはしご湯は無理です。
これからの季節、くれぐれも、のぼせに注意!
しっかり水分を補給してくださいね。
Posted by 小暮 at 2013年06月18日 16:45
追伸

熱湯は苦手ですよ(((^_^;)

温湯で、ゆっくり浸かる派でございまする♪

今回は腰痛の静養の為に濃い温泉の草津を選んだのです
Posted by うえちゃん at 2013年06月18日 22:19
追伸part②

毎週火曜 22:00~BS- 7で放送中

「湯のまち放浪記 」
まったり~♪温泉番組です

温泉バカボンドの清水国明が各地の温泉地を旅しています

焼酎を呑みながら楽しめる温泉番組です
Posted by うえちゃん at 2013年06月18日 22:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
太宰治ゆかりの温泉
    コメント(4)