温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年06月23日

顔の見える仕事


 「建築の世界も同じだ。住む人のための家なのに、下請け業者は、みんな発注元のハウスメーカーの顔色ばかり気にして仕事をしている。だもの、いい家なんて建てられるわけがない」

 先日、実家のアトリエで、建築家の兄と久しぶりに熱弁を交わしてきました。


 話の発端は、新聞の片隅に出ていた小さな事故の記事。 
 と言っても、けが人も死者もいません。
 僕が仕事をしている編集業界で起きた “事故” を報じる記事でした。

 血を分けた兄弟ですから、僕もすぐ熱くなるほうですが、兄も性格はまったく同じです。
 話はエスカレートして、昨年の関越自動車道で起きた夜間高速バスの大惨事にまで発展。

 「結局、営利のためのコスト削減は、人材や素材の低下を招くんだ。いかに安く、速く作るかばかり考えているから、安全や品質は二の次、三の次にされてしまう。高速道路でのバス事故と同じで、起こるべくして起こっている事故がほとんどだよ」

 こんな会話が、昼日中、オヤジの介護はそっちのけで、ヒートアップしていったのであります。


 実は、僕が編集者を辞めたのも、同様の理由からでした。

 中央の大きな出版社や雑誌社には当てはまらないかもしれませんが、地方のタウン誌や情報誌の世界では、なんといってもクライアント(広告主) が一番なのです。
 読者は?
 はい、二の次、三の次ということになります。

 僕は過去に、3つの雑誌の編集人を経験しました。
 1誌は、書店で販売する有料誌です。
 といっても、地方のタウン誌ですから販売収入だけでは当然まかなえず、ほとんどを広告収入に頼るしかありませんでした。

 あとの2誌は、フリーペーパーですから全収入を広告費で稼ぐしかない雑誌です。


 それでも20年くらい前までは、良かったんです。
 “読者の顔” を見ながら作ることができましたからね。
 ライターは記事を書いて、カメラマンが写真を撮って、デザイナーがデザインをして、写植屋が文字を打って、製版屋さんがいて、印刷屋さんがいて・・・
 それはそれは、たくさんの人たちが、読者のもとへ雑誌が届くまでに、文字通り “手間隙かけて” 作っていましたもの。

 1号、1号が文化祭のようで、手作り感と達成感に満ちていました。


 僕が独立して、フリーになったのは1996年でした。
 その頃からだったと思います。
 パソコンの登場により、編集業界は大きく変わりました。
 さらに追い討ちをかけるように、デジタルカメラが登場します。

 これにより、写植屋さんも製版屋さんも姿を消しました。
 廃業です。
 すべては、パソコンがやってくれますものね。

 デジカメの出現も、画期的でした。
 その場で、何度でも撮り直しができるのですから、素人でも撮れます。
 表紙やグラビアの撮影は無理ですが、それ以外なら編集者が撮ってくる写真で問題ありません。

 気が付くと、より安く、より速く、コスト面だけ考えた雑誌づくりへと変貌していったのです。


 「だからさ、クライアントのために作っているんならさ、雑誌じゃなくて、広告を寄せ集めたカタログやパンフレットでいいのよ。雑誌っていうからには、読者不在じゃダメでしょ!」

 ある時から僕は、読者不在の雑誌を作っていることにイヤ気がさして、編集の世界から去ることを決めました。
 ライターという職業に絞り込んだのも、自分の記事を読んでくれる “読者の顔” を意識しながら仕事ができるからに、ほかなりません。


 何のために仕事をしているのか?

 誰に喜んでもらうために作っているのか?


 その小さな新聞記事は、あらためて僕と兄に “顔の見える仕事” の大切さを教えてくれました。
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)
 おかげさまで8周年 (2018-02-07 11:27)
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)

この記事へのコメント
編集業界で起きた事故とは、広報か何かで温泉地の内容が間違っていたという奴ですか?(間違っていたらごめんなさい)

全部作り替えると言うので大変なお金がかかるなあと思っていました。

どうせ間違ってしまったのなら、間違い探しクイズにして、間違いを探した方には、抽選で記事の内容が間違っていた温泉にご招待なんかどうでしょう。実際に温泉地に行って間違いを確認してもらうということ。その際には、当然間違いに気付かなかった編集者も同行して、実際に肌で間違いを感じでいただくというのは。

まあ、日本のお役所では、無理でしょうけどね。
Posted by ヒロ坊 at 2013年06月24日 09:24
ヒロ坊さんへ

目ざといですね。
温泉地ではありませんが、“全部作りかえる” という、その記事です。
一般の人には直接被害がないので見えにくい事故ですが、業界ではあってはならない大惨事であります。
もし、当事者だったら・・・と思うと、背筋がゾーッとします。
Posted by 小暮 at 2013年06月24日 17:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
顔の見える仕事
    コメント(2)