温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年06月25日

坂口温泉 「小三荘」④


 <北に名湯 南に薬湯>

 これは、先日、上毛新聞に掲載された僕の講演を取材した記事の見出しです。
 僕が、講演やセミナーなどで、よく言っている言葉です。

 「群馬県は北に名湯あり、南に薬湯あり」 ってね。
 取材した記者さんは、この言葉にインパクトを感じたようで、記事の中でも使っています。

 さすがです!
 写真も大きかったですが、この見出しの文字も大きくて、大変目立っていました。


 では、<北に名湯 南に薬湯>の意味とは?

 群馬県の温泉は、赤城山、榛名山、浅間山を結んだラインを境に、北と南で温泉の温度が極端に異なるということです。
 北は高温泉(42度以上) が湧き、南は冷鉱泉(25度未満) が湧いています。

 温度の高い温泉は、それだけで、ありがたいものでした。
 昔から 「上州三名湯」 と呼ばれる草津温泉、伊香保温泉、四万温泉は、すべてラインの以北にあり、高温泉です。

 それに対して、ラインより南に古くからある温泉は、ほとんどが冷鉱泉です。
 何百年も前から、冷たい源泉を “沸かしてまで” 入浴していました。

 それは、なぜか?

 薬効があったからにほかなりません!

 これが、僕が説く、「北に名湯あり、南に薬湯あり」 のゆえんです。


 今日、訪ねてきた旧吉井町(現・高崎市) にある坂口温泉の一軒宿 「小三荘」 も、西上州を代表する名薬湯です。
 開湯は、約300年前と伝わります。
 明治時代には、「塩ノ入鉱泉」 と呼ばれていました。

 名前に 「塩」 が付いているように、なめると、とても塩辛い温泉です。
 さらに重曹を含んでいますので、昔から地元の人たちは、この源泉を使って、まんじゅうを作っていたと聞きます。

 源泉は、玉子の白身のようにトロンとしていて、ゆで卵のような臭いがすることから 「たまご湯」 と呼ばれていました。
 そして、何よりも、その湯は、ズッシリと重い!


 「本当だ! 先生の言うとおり、肌がヌルヌルする」
 「わ~! 本当に重いお湯ですね」
 と受講生たちは、湯舟の中で、手で体をさすったり、湯すくっては、その不思議な浴感を楽しんでいました。

 そうです、今日は、僕が毎月講師を務めるNHK文化センターのカルチャー教室 『群馬の名湯・秘湯めぐり』 の講座日だったのです。

 「もう、ビックリしました」
 「こんな近いところに、こんな素晴らしい温泉があったなんて驚きです」
 「来るまでは、『な~んだ、高崎市内の温泉か』 なーんて、期待をしていなかったんですよ」

 と、帰りのバスの中では、感動の声が上がっていました。
 無理もありませんよね。
 だって、高崎市街地から車で、たった30分の距離なんですから。
 でも、受講生の誰一人として、知っている人がいなかった温泉です。

 まさに、灯台下暗しの秘湯です!


 さらに、
 「料理が美味しかった!」
 「絶対、また来ます!」
 だなんて、絶賛する声が飛び交っていましたよ。

 うれしいですね~。
 みなさんに、講座で紹介した甲斐がありました。

 これからも県内の名湯・秘湯を、くまなく紹介していきますね。
 来月も、とっておきの秘湯へ、ご案内しますよ。

 ご期待ください!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)
 伊香保はどんな所です? (2018-04-04 11:52)
 谷川温泉 「金盛館 せゝらぎ」② (2018-03-28 12:14)

この記事へのコメント
先生 とってもいいお湯でした。おっしゃる通り私も全く聞いたことのなかった温泉でした。ドライバーさんにはとても運転の楽な道ですのに。沸かし湯にこだわりがあるのかも知れませんね。薬効あらたかなお湯を実感しました。ありがとうございました。
Posted by しをちゃん at 2013年06月27日 09:17
しをちゃんへ

先日は、お世話様でした。
今回も、楽しい講座でしたね。
昔から沸かしてまでして入った薬湯です。
お肌が、ツルツルになって、若返ったんじゃありませんか?
来月も、元気にお会いしましょう!
Posted by 小暮 at 2013年06月27日 16:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
坂口温泉 「小三荘」④
    コメント(2)