温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年07月07日

ヨーカドーと集金日


 オヤジ、洋(ひろし) は、今年の9月で89歳になります。
 オフクロ、秀子(ひでこ) は、今年の5月で86歳になりました。

 これといった病気もせず、前橋市内の実家で、互いをいたわりながら暮らしています。
 ただ、オヤジは痴呆が進んでいるため、記憶能力がありません。

 記憶能力がないといっても、「上書き保存」 ができないだけで、ボケる以前にインプットした記憶は、すべて再生可能です。
 子どもの頃の思い出や戦争中のことは、細部にわたり鮮明に覚えています。
 また、市内地図もボケる前の記憶として残されていますから、散歩へ出かけても迷子にならずに、ちゃんと帰ってきます。
 買い物もできますし、バスにも乗れます。

 ただ、お店へ行っても、何を買いに来たのかを忘れてしまうんですね。
 ま、それくらいは、生活に支障はありませんので、息子の僕も、とやかくは言いません。


 で、毎度、このブログでも紹介しているように、毎週金曜日はオフクロがデイサービスへ出かけてしまうため、僕が一日、オヤジの面倒を看ています。
 そう、 「おじいさんといっしょ」 の日です。
 一昨日の金曜日も、朝からオヤジと一緒に過ごしました。

 「ばあちゃんは、どこ行ったんだろうなぁ?」
 ちょっとでもオフクロの姿が見えないと、オヤジはパニックになってしまいます。
 「今日は、デイサービスの日なの! だからオレがここにいるの!」
 と何度も言うのですが、そのときだけは、
 「そうか・・・」
 と返事をしますが、5分と経たずに、また
 「ばあちゃんは、どうしたんだろうなぁ?」
 と質問攻めにあいます。


 これが、いままでのオヤジでした。
 ところが、今回は、奇跡が起きたのです。

 一度は、「ばあちゃんは、どこへ行ったんだろうなぁ?」 と訊いたのですが、僕が 「デイサービスへ行ったよ」 と言うと、

 「あっ、そうか、今日は “集金日” か!」
 と意味不明なことを言って、勝手に自分で納得しているのです。

 「えっ、じいさん、なんだい? その “集金日” っていうのはさ」
 と問えば、
 「オレは、“ヨーカドー” 。ばあちゃんは、“集金” の日なんだよ」
 と、さらに意味不明な言葉を付け加えたのであります。

 実は、これ、オヤジが自分で考えたユニークな暗記方法だったのです。


 “ヨーカドー” とは、「洋(よう)」 は火曜日と土曜日にデイサービスへ行く日。
 “集金” とは、「秀(しゅう)」 は、金曜日にデイサービスへ行く日。
 これを覚えるために、オヤジは言葉の語呂合わせを考えたというのです。

 「へー、じいさん、凄いね! よく、考え付いたね」
 と、僕が感心していると、
 「洋(ひろし) は “ヨーカドー”、秀子は “集金” って覚えるんだよ」
 って、まるで幼稚園児のように、得意になって自慢するのでした。


 “人間は考える葦(あし)である”

 そう言ったのは、誰でしたっけね?

 オヤジはオヤジなりに、僕や兄貴に迷惑をかけないようにと、一生懸命に努力してくれていたんですね。
 そう思うと、すぐに大声をあげて、
 「じいさん、いい加減にしてくれよ! 何回、同じことを言わせるんだよ!」
 と、ついつい怒鳴っていた自分が、恥ずかしくなってきました。

 じいさん、怒ったりしてゴメンな。
 また、次の集金日には、一緒に散歩へ行こうな!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)

この記事へのコメント
小暮さん、温泉話も好きですが、介護話も大好きです。
うちの主人はお父様よりも7歳下ですが、すでにボケ街道まっしぐらです(笑)
確かに新しい事は覚えられません。
が、炊飯は好きで炊飯器の予約機能は使えるのですが、炊き上がってからの「0H」を「早苗~炊飯器がオーッ!と言っているのだけれどオーッって何?」
ゼロ時間を、オーッって・・・・・・・
でもボケるって素晴らしい事かもしれない!と思い始めました。
小暮さんのブログ読者でよかった!!と思っています。
だって、介護うつとかではなく、楽しまれているご様子なので。
因みに主人は近所の共同温泉に行くのが楽しみみたいです。
主人曰く「せっかく草津温泉に住んでいるのだから温泉を楽しまないとバチがあたるでしょう」ですって。
温泉好きなボケ爺ちゃんと群馬県北部の温泉を堪能し続けたいと思います。
Posted by 草津っ娘? at 2013年07月07日 23:21
草津っ娘?さんへ

最近は、「 『おじいさんといっしょ』 を楽しく読んでます」 と声をかけてくれる人が増えました。
いまや介護は、特別のことじゃないんですね。
どこの家庭でも抱えていることです。
子育てが済んだら、次は親の介護。
子育てと同じで、楽しみながらやらないと “介護ノイローゼ” になってしまいます。
ご主人の言うとおり!
せっかく天下の草津温泉に住んでいるのですから、温泉を楽しんでください。
Posted by 小暮 at 2013年07月08日 17:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ヨーカドーと集金日
    コメント(2)