温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年07月19日

敷島温泉 「ヘルシーパル赤城」


 群馬県民は、身近に温泉があるためか、そのありがたみを感じていない人が多いようですね。
 でも、県外の人にしてみれば、県央の前橋や高崎から車で1時間以内で行ける温泉地が、こんなにもある県というのは、全国でも珍しく、とっても、うらやましい県なんですよ。
 (実際に、温泉の魅力に取り付かれて、群馬県に移り住んだ人を、僕は何人も知っています)


 と、いうことで昨晩は、夕方からプラ~リと出かけて行って、敷島温泉に泊まってきました。
 前橋市内から車で、約40分!
 近いですね~。

 でも、遊びじゃないんですよ。
 れっきとした取材です。
 ですから、夕食前には、きちんと支配人にインタビューをして、入浴シーンの撮影もしました。
 (ま、夕食時には、しっかり生ビールと冷酒をいただきましたけどね)


 “敷島温泉” と聞くと、
 「なーんだ、何度も行ったことがある。日帰り温泉じゃないか!」
 って思われる人もいるかましれませんね。

 でも、それは 「赤城の湯 ふれあいの家」 と 「ユートピア赤城」 のことです。
 今回、僕が取材に訪れたのは、その2つの施設の隣になる 「ヘルシーパル赤城」。
 こちらは、宿泊施設です。


 敷島温泉は、平成4年に、旧赤城村(現・渋川市) が、政府の 「ふるさと創生事業」 を受けて掘削し、湧き出した温泉です。
 前出の 「ふれあいの家」 は、翌年の平成5年にオープン。
 もともとは、現在、隣接する総合福祉センター 「ユートピア赤城」 ができるまでの一時的な入浴施設として建設されたものです。
 ところが平成9年8月に 「ユートピア赤城」 が開業した後も、根強い人気に支えられて客が減らなかったことから、今日まで存続しているとのことです。

 その人気の秘密はといえば、ズバリ!温泉の質と量にあります。
 弱アルカリ性の単純温泉は、肌に滑らかで、別名 “ツルスベの湯” と呼ばれるほど。
 そして、何より、ぶっ飛びの驚きは、湧出量です。

 ぬわ、ぬわ、ぬわ~んと! 約46度の高温泉が、毎分1,500リットルも湧いているといいますから、尋常ではありません!
 ま、平成以降に湧いた温泉としては、全国屈指の湯量だといえます。
 ですから、3つの施設で利用しても、まだ余っているため、温泉の給湯スタンドがあり、地元民は巨大なポリタンクを軽トラに積んで買いに来るのだそうです。

 全国でも、温泉による地域おこしで、成功した例だといえるでしょうね。

 ちなみに、「ヘルシーパル赤城」 は、平成8年に国の健康福祉センターとして建設された保養施設です。
 現在は、民間の経営に移行されています。


 午後8時。
 「そろそろホタルが飛びますよ」
 と支配人に教えられ、浴衣のまま屋外へ。

 わずか200メートルほど歩いた田んぼの中で、平家ボタルが光の舞いを踊っていました。
 同行してくれた 「ホタルを守る会」 の人によれば、ここのホタルは源氏も平家も、すべて天然で、昔から地元の人たちが大切に守り続けてきたのだといいます。

 「すごい数ですねぇ~。驚きました!」
 と僕が、感嘆の声を上げると、
 「今日は気温も低いし、月も出ているから、少ないほうです。120~30匹っていうところですかね。多い日は、300匹以上が飛びますよ。もっとホタルがいる場所があります。足元に気をつけて、どうぞ、こちらへ」
 と言って、おっちゃんは懐中電灯を照らしながら、小さな池へと案内してくれました。

 と、そこには、我が目を疑わんばかりの光景が!
 まさに、光のページェントです。

 あっちでも、こっちでも、まるでイルミネーションのように、チカチカ、ピカピカ、チカチカ、ピカピカ・・・・と瞬いているではありませんか!
 「凄いですね~!」
 と、ため息をつく僕に、おっちゃんは、
 「キレイでしょう」
 と、うれしそうに、そして自慢げに、ほほ笑んだのであります。


 僕は仕事柄、県内各地 (ときには県外も) の “ホタルの里” と呼ばれる観賞地を見て回りましたが、いやはや、なんとも、これほど圧巻なホタルの乱舞を見たのは、生まれてこのかた初めての経験でした。
 ※(今月いっぱいは、観賞できるとのことです)
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

この記事へのコメント
ホタルの乱舞・・・夢の世界ですね。映像では見たことがありますが・・・想像するだけで夢の世界へいざなわれますね。残念ながら、23日は欠席の旨をセンターに申し出ておきました。このホタルの夜を夢見ながら・・・何かする―まずは健康。一に健康に二健康。8月は大丈夫と期待しております。
Posted by しをちゃん at 2013年07月20日 10:37
しをちゃんへ

あらら、それは残念です。
今年の夏は猛暑続きで、体調をくずされる人が多いようですね。
無理をせず、ご自愛ください。
来月、お会いできるのを楽しみにしています。
Posted by 小暮 at 2013年07月20日 21:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
敷島温泉 「ヘルシーパル赤城」
    コメント(2)