温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年07月30日

なぜか半沢直樹


 なじみの酒処 『H』。
 昨晩のお相手は、28年前に中国で出会ったK君。
 ※(彼との出会いと再会については、当ブログの2013年1月7日「好久不見了!」参照)


 いつも時間の約束はしませんが、双方、勝手に自分時間で店に現れます。
 僕が店に着いたのは、午後7時過ぎ。
 グラスに注がれた生ビールを、半分ほど飲んだところに、K君が登場!

 「待ちましたか?」
 「いや、まだ1杯目ですよ」

 「今日は雨が降ったから、なんとか、しのげますね」
 「群馬は2年目だよね。夏の暑さは慣れました?」

 K君は食品会社に勤めるサラリーマン。
 国内の支店を転々として、昨年、北海道から群馬県へ赴任してきました。
 この転勤が、きっかけとなり、僕らは28年ぶりに感動の再会を果たしたのでした。


 「だいぶ忙しそうじゃないか! 会議漬けだって?」
 と僕が、電話で聞いた彼のグチに触れると、
 「それもテレビ会議です。本部と全国の支店をテレビ電話でつないで、一日中・・・」

 「一日中?」
 「ええ、休憩を入れながら、ずーっとテレビの前で会議です。やっぱり、面と向かって話さないと、コミュニケーションはとれませんよ」
 そう言って彼は、まるで心労を流し込むように、グラスの生ビールを一気に飲み干しました。


 彼は、支店の最高責任者。
 年上の部下を何人も持つ、エリートサラリーマンです。

 そして、なぜか話は、最近話題のテレビドラマ 『半沢直樹』 に。

 実は僕、このドラマ、最初は観ていなかったんです。
 勝手に、銀行員の出世物語だと決め付けていましたからね。
 そしたら知人から、「違うよ。自ら、自分の父親を死へ追いやった銀行に入行して、やられたら、やり返す、復讐劇だ」 と教えられ、再放送から観だしたら、ハマってしまいました。

 K君は、サラリーマンとして 「分かるんだよな~」 を連発します。
 でも、彼には、フリーランスで仕事をしている僕がハマったことが、いささか腑(ふ) に落ちないようです。

 「小暮さんには、分からないでしょう? 我々の気持ちが・・・」
 と、納得のいかない様子。
 だから僕は、言ってやりました。
 「だからオレは辞めたんだ! というシーンの連続を楽しんでいるのよ」


 「サラーマンって、何なんでしょうね……」


 K君の出身は中部地方で、両親は故郷で暮らしています。
 奥さんと子どもたちは、県外の関東地方の都市で生活をしています。
 家族には月に1回会いに行くといいますが、両親に会えるのは年に1回、正月だけだと言います。


 「何のために働いているのでしょうか……」


 珍しく、真面目な友人と酒を酌み交わしたものだから、ふだんは不真面目な僕までもが、ついつい真面目に人生を語ってしまいました。
 で、僕が彼に言った言葉は、
 「仕事なんて、何でも、いいんだよ。要は、今、自分は幸せかどうか? 自分に素直に生きているかどうか? なんじゃないのかなぁ」


 やられたら、倍返しでやり返すのもいいけれど、誰もができる人生の選択じゃありません。
 仕返しは、必ずしも “復讐” ではなく、“幸福” を手に入れるという選択もあると思うのです。
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ちょっと、ひと休み (2018-10-19 11:27)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なぜか半沢直樹
    コメント(0)