温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年08月09日

五十半ばの迷い坂


 昨日は、僕の55回目の誕生日でした。

 いよいよ、50代も折り返し。
 四捨五入すれば、還暦であります。

 えっ、ついにオレも 「アラ還」(アラウンド還暦) か?
 と驚きましたが、アラ還とは、60歳前後の人のことをいうそうですから、もう少し間がありそうです。
 アラ還予備軍といったところでしょうかね。


 誰だって若い頃は、自分がオヤジやオフクロの年齢になるなんて、考えも、想像もしませんでした。
 そして、その年にたどり着くまでには、たくさんの出来事、たくさんの時間があったはずなのに、不思議なものです。
 たどり着いて、振り返って見ると、ついこの間のような気がするのです。

 えっ、ちょっと待ってよ!
 まだまだ、やりたいこと、やるはずだったことが山ほどあったのに・・・
 と、なまけていた自分を棚に上げて、いつもいつも後悔の連続です。


 「三十にして立つ」
 といいますが、今思えば、30歳の自分なんて、志もなく、ただ面白おかしく毎日を過ごしていました。

 「四十にして惑わず」
 40歳は “不惑の年” なんていいますが、僕は完全に迷っていました。
 フリーになって3年目で、ぽつりぽつり仕事はありましたが、それでもはたから見たら失業者同然であります。

 「五十にして天命を知る」
 だなんて・・・
 やっとこさっとこ、ライターとして歩けるようになった幼稚園児であります。


 そして昨日、50代の折り返し地点を通過しました。

 まだまだ、夢も志しも半ばであります。
 いったい、いつになれば 「立つ」こと、「惑わぬ」こと、「天命を知る」ことが、できるのでしょうか?
 なんだか、自分が他人より20年も30年も遅れているように思えて仕方がないのです。

 でもね、これだけは、言えます。
 昔より、若いときより、誕生日を祝ってくれる人たちが、たくさんいるってこと。

 昨日も一日、友人知人からメールをいただきました。
 中には、こんな可愛いメールもありましたよ。

 < じいじ おめでと >

 3歳になる孫からです。
 もちろん、まだ字が書けませんから、嫁いだ長女が、孫の写真に文字を入れて送ってくれたのです。

 「そうか、あいつ、ちゃんと覚えていてくれたんだ・・・」
 そう思ったら、娘の小さい頃の顔が浮かんできて、つい、ウルウルと涙腺がゆるんでしまいました。


 失ったものもたくさんあるけれど、得たもの、増えたものもたくさんある人生なのだと、昨晩はしみじみと1人で、家内からプレゼントされた下着を身に付けながら、次女からもらったつまみを肴に、長男が買ってくれた酒を飲み干しました。


 五十半ばは、まだまだ心臓破りの迷い坂。
 されど、振り返れば、確かに幾すじもの夢の轍(わだち) が見えます。

 さーて、勝負はこれからだ!
 てっぺん目指して、登り続けますぞ!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
はじめまして!そして遅れましたがお誕生日おめでとうございます!お孫さんいらっしゃるのですね。嬉しい言葉ですよね!家も年齢も少し下ですが…まあ、人生いろいろありました。
また新たに嫁いだ娘たちのほうに、いろんなことが出てきてますが…頑張らねば!です。体に気をつけて毎日を大切に生きてゆきたいですね。
(^.^)。
Posted by ぷり at 2013年08月10日 05:14
先生 お誕生日おめでとうございます。お元気でなによりのおめでとうございます。幾歳になっても「夢を見続けましょう」「夢を見る即ち生きている証拠」夢に乾杯・乾杯 明日にむけて乾杯・乾杯 
Posted by しをちゃん at 2013年08月10日 13:32
ぶりさんへ

はじめまして!
そして、ありがとうございます。
歳を重ねると不安も増えますが、そのぶん楽しみも増えるというもの。
苦あれば、楽あり!
きっと娘さんたちからも、そのうち朗報が届きますよ。


しをちゃんへ

ありがとうございます。
体調は、いかがですか?
かつて日本人が経験したことのないような猛暑日が続いています。
ご自愛くださいませ。
そして、また夢を見に出かけましょうね!
Posted by 小暮 at 2013年08月10日 15:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
五十半ばの迷い坂
    コメント(3)