温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年08月10日

温泉の3つの効果


 その昔、「温泉へ行く」 といえば、それは “湯治” に行くことでした。
 湯治とは、読んで字のごとく、温泉を利用して病気を治す民間療法です。

 その効果は、医学が発達した現代でも、高く評価されています。
 では、なぜ、温泉は体に効くのでしょうか?


 大きく分けて、温泉には3つの効果があります。

 その1つは、誰でも知っている温泉の成分による 「化学的作用による効果」 です。
 皮膚や呼吸を通して、成分が体内に吸収されることにより、“薬理効果” を生みます。
 また、飲用すれば、体内に吸収された成分が血液に入り、さきざまな効果をもたらします。


 2つめは、「物理的作用による効果」 です。
 これは、温熱や水圧、浮力といった入浴中に体にかかる物理的な作用による効果のことです。

 たとえば、「温熱作用」。
 温泉の持つ熱により体が温められ、新陳代謝の促進や自律神経の調整がされるため、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効果があります。

 「水圧作用」 は、入浴中にかかる水圧により、筋肉などへのマッサージ効果や運動効果があります。
 手足への血流が良くなり、全身の血行が促進されます。

 そして 「浮力作用」。
 入浴すると浮力が働き、体重は空気中の約9分の1になるため、足腰や関節への負担が軽く、水中での運動が楽になり、神経麻痺などのリハビリに有効です。


 と、ここまでの作用は、日帰り温泉施設や温水プールでも効果を得ることができますが、実は、昔ながらの温泉地へ行く “湯治” には、あと1つ、絶対に現地でなければ効果を得られない作用があるのです。

 その作用と、効果とは?


 と、いうことで、僕が毎月、コメンテーターを務めている群馬テレビのニュース番組 『ニュースジャスト6』 では、次回、この温泉の持つ、3つの効果についてお話します。
 ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。



 ●放送局   群馬テレビ(地デジ3ch)
 ●番組名   「ニュースジャスト6」
          NJウォッチのコーナー
 ●放送日   (月)~(金) 18:00~18:30
 ●出演日   8月13日(火)
 ●テーマ    「温泉の3つの効果」


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉の3つの効果
    コメント(0)