温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年08月23日

つま恋温泉 「山田屋温泉旅館」


 「今、決まりました。育英、優勝です!」
 僕が、風呂から戻ると、フロントの中から3代目主人の山口貴さんが、飛び出して来ました。

 「やりましたか! やってくれると信じていましたよ」
 と、僕も小躍りして、ともに喜びを分かち合いました。

 とにかく、気が気ではなかったんですよ。
 仕事が手につかないとは、このことです。
 でも、昨日は、取材出張日でした。
 だから移動中は、車の中でラジオを聴き続けていたのです。


 夏の高校野球、決勝戦。
 前橋育英(群馬) 対 延岡高校(宮崎)。
 4回の裏、延岡高校に3点先取されると、すかさず次の回には3点を奪取して、同点に!
 ここで、取材先に到着してしまいました。

 う~ん、ずーっと車の中で聴いていたいけど、約束の時間です。
 しぶしぶ、館内へ。

 「育英高校、同点ですね」
 と、主人との第一声が、高校野球の話でした。
 「みたいですね。私もテレビを観ていたいんですけど、それだと仕事にならなくなっちゃうもんで……」
 「でも気になりますよね」
 と僕。すると、
 「いやね、私も息子も、育英高校の出なんですよ」
 と主人。
 「それじぁ~、なおのこと気になりますね」
 かく言う僕にとっても、育英高校は息子の出身校なのであります。


 優勝が決まり、やっと落ち着いて主人と僕はロビーのテーブルに向かい合い、取材モードに入りました。

 僕が、つま恋温泉の一軒宿、山田屋温泉旅館を最初に訪れたのは、もう、かれこれ10年近く前のこと。
 雑誌の取材でした。
 その後、何度か訪れていますが、その都度、好意的に取材協力してくださっています。
 主人と僕が同い年だったというのも、話のウマが合う理由かもしれません。

 何年か前には、こんな事もありました。
 某鉄道会社の広報誌の取材で訪れた時のことです。
 日帰り取材のつもりで来ていたのですが、カメラマンの撮影が押して、夜になってしまいました。
 そしたら、
 「これから帰るのは大変でしょう。今日は、もう泊まっていったら」
 なーんて、言ってくれるものだから、ちゃっかり一晩、お世話になってしまったことがありました。


 親切にしてもらっているから、ほめるんじゃないんですけど、本当に、ここの宿は湯がいいんです。
 自噴する源泉の量は、驚異の1日ドラム缶約800本分!
 これが、内風呂、露天風呂、貸切風呂からジャンジャンかけ流されています。
 マグネシウムと鉄分の含有が多く、半透明の湯は一見、光の加減で濃緑色に見えますが、浴槽の中で湯をすくうと、黄褐色の小さな粒を確認することができます。

 で、いくつも浴槽はありますが、僕のお気に入りは、JR吾妻線を見下ろす露天風呂。

 コトンコトンコトン、コトンコトンコトン……

 時おり通過する列車の音を聴きながらの湯浴みは、至福のひととき。
 山あいを走るローカル線の響きは、街中で聴くそれとは異なり、なんとも郷愁を誘うのであります。

 晴れていれば、湯舟から日本百名山の一座、四阿山(あづまやさん) を望むことができますよ。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
つま恋温泉 「山田屋温泉旅館」
    コメント(0)