温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月05日

平治温泉 「逢友荘」


 一般に、温泉地の名前は、源泉が湧出している場所の地名が付けられています。
 草津温泉も伊香保温泉も水上温泉も四万温泉も、みんな地名です。
 僕が知る限り、県内温泉地の9割以上が、地名を名づけています。

 ですから、平治温泉は、非常に珍しい温泉地名だといえます。
 だって、「平治さん」 という人の名前ですからね。
 源泉が湧いている土地の所有者の名前とのことです。


 平治温泉を訪ねるのは、約4年ぶりのこと。
 とにかく、分かりづらい旅館です。

 JR吾妻線の万座鹿沢駅から、吾妻川対岸に宿の大きな看板は見えるんですけどね。
 “すっぽん料理 逢友荘” って・・・

 迷わずにたどり着ければ、徒歩約6分の距離。
 ところが、国道には一切の誘導看板はないし、迷路のようにクネクネと入り組んだ住宅地の路地を行きます。
 「だって、ファンが看板は出すなっていうんだもん。なかなか、たどり着けないところがいいんじゃないの」
 4年前に、そう言って豪快に笑った小貫勝緩さん。
 お元気でしょうか?


 「いや~、久しぶりだね! さあ、上がって、上がって」
 と、相変わらず気さくなご主人と、女将の幸子さんに迎えられました。

 そして、愛犬のシロ・・・

 「あれ、シロですよね?」
 と、僕にじゃれついてくる白いチワワを指差すと、
 「シロはね、去年、死んじゃったのよ」
 と、女将さんが淋しそうに答えました。

 「でも、そっくりでしょ! 瓜二つだったので、また飼うことにしちゃった」

 本当だ。そっくりです。
 といっても、僕の記憶の中のシロと比べているのではありませんよ。
 茶の間には、歴代の愛犬たちの写真が、壁に飾られているんです。

 そのなかに、故・シロの遺影もありました。


 「温泉好きって、多いんだね。この本を持って、訪ねてくる人が、けっこういるよ」
 と、ご主人が手にしているのは、4年前に出版された拙著 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) です。
 そう言っていただけると、著者冥利に尽きるというもの。
 うれしいですね。

 「でも、オタクっぽい人もいるわね。泉質がどうのとか、効能がどうのとか、私なんかより、よっぽど、うちの湯について詳しいのよ。ありがたいことだけど」
 と笑う女将さん。
 「なんでも、泡の出る温泉っていうのは、珍しいんですってね」

 そーなんですよ、女将さん!
 とっても、珍しいんですよ。
 炭酸泉は全国でも、全体の1%しかありませんからね。


 とかなんとか話していたら、もう、居ても立ってもいられなくなってしまいました。
 ごちそうを前に、おあずけを食らっている犬のように、僕はよだれが止まりません。
 「とりあえず、風呂に入ってきま~す!」
 と脱兎のごとく茶の間を飛び出して、浴室へ。

 プ~ンと漂う、金気臭。
 相変わらず、ザバーザバーと惜しみない量の湯が、浴槽からあふれ出ています。
 そして、流れ出した湯の形に、洗い場のタイルが赤黒く変色しています。

 「そうそう、これこれ、これですよ。平治の湯は・・・」
 と、大好物にありついた犬のように、僕は湯にむしゃぶりついたのであります。

 源泉の温度は、約41度。
 浴槽にたどり着くまでに、1~2度下がっているだろうから、熱からず、ぬるからず、夏にはちょうどいい湯加減です。

 そして、1分も経たないうちに、全身が泡の粒に包まれてしまいました。
 「これこれ、これじゃなくっちゃ、平治の湯じゃないね」
 と、1人湯舟の中で、至福の時間を味わったのであります。

 群馬県は、全国でも泡の出る炭酸泉が多いほうだと思います。
 その中でも、ここ平治温泉は、県内1、2を競うほど、泡のよく付く温泉ですぞ。

 未体験の人は、ぜひ一度、お試しあれ!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
平治温泉 「逢友荘」
    コメント(0)